マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第14回戦:渡辺 雄也(東京) vs. 菱田 晃規(滋賀)

【観戦記事】 第14回戦:渡辺 雄也(東京) vs. 菱田 晃規(滋賀)

By Hisaya Tanaka

渡辺 雄也(黒緑コントロール) vs. 菱田 晃規(グルールミッドレンジ)

R14_watanabe_hishida.jpg

 グランプリ・北九州の予選ラウンドも残り2回。TOP8の席を争う1敗から2敗のプレイヤーの中に、プロプレイヤー渡辺雄也がしっかりととどまっている。そんな彼の対戦をお届けしよう。

 対戦相手は滋賀の菱田晃規。グルールを使い渡辺を撃破できるか。

ゲーム1

 ダイスロールで渡辺が先攻を選んだのだが、菱田はダブルマリガンとなり5枚からのゲームスタートとなってしまった。

 渡辺は《変わり谷》からスタートし、《踏み鳴らされる地》を置く菱田に対して《沼》を置いて攻撃する立ち上がり。一方、菱田は《火打ち蹄の猪》を戦場に送り込む。《生命散らしのゾンビ》がプレイされマリガンで少ない菱田の手札が公開されると、《ケッシグの狼の地》《ドムリ・ラーデ》《地獄乗り》《地獄乗り》。ダブルマリガンとは思えない良ハンドだ。

 次のターンに《火打ち蹄の猪》で攻撃され、見えていなかった《漁る軟泥》が菱田によって戦場に出ると、渡辺は少し目を瞠りつつ攻撃を控えて土地を置いてターンを返した。


菱田 晃規

 ここで4マナ目が引けた菱田。しかし渡辺は全マナを立てて除去を構えているように見える。しかし止まる理由もなく、《地獄乗り》をプレイし攻撃を宣言するが、渡辺は《突然の衰微》で《漁る軟泥》を倒し、《生命散らしのゾンビ》で《地獄乗り》と相打ちをとった。

 すると渡辺は《スラーグ牙》を2連打。ライフを安全圏へとキープした上で、《地獄乗り》と相打ちをとりつつビーストトークンで攻勢へと転じていく。菱田は引き込んでいた3枚目の《地獄乗り》を仕方なくブロッカーとするのだが、それも《破滅の刃》で除外されてしまう。

 最後にドローをしたカードをちらりと見て、菱田は投了を宣言した。

渡辺 1-0 菱田

ゲーム2

渡辺 雄也

 菱田は《森》から《東屋のエルフ》をプレイするが、すぐさま渡辺の《悲劇的な過ち》で除去されてしまう。めげずにもう1枚の《東屋のエルフ》をプレイした菱田に対して、渡辺は《漁る軟泥》をプレイしてターンエンド。

 3ターン目に《火打ち蹄の猪》を出して攻撃を仕掛けた菱田。渡辺は土地を置いてエンドするのみ。1戦目の様に除去を構えているかもしれないと少考したものの、菱田は《ケッシグの狼の地》を置き《雷口のヘルカイト》をプレイ。渡辺の手に除去はなく《漁る軟泥》が《火打ち蹄の猪》と相打ちをして渡辺のライフを11とした。

 渡辺はドローし少しため息をつくと、《生命散らしのゾンビ》で菱田の手札を確認する。後続の《絡み根の霊》を除去することはできたのだが、残りの手札は《地獄乗り》。《沼》を立ててエンドすることしかできない。

 こうなると菱田は渡辺を詰めにかかる。唯一《雷口のヘルカイト》を除去できる《悲劇的な過ち》をケアするために《地獄乗り》の相打ちを嫌い、《雷口のヘルカイト》のみで攻撃し《ケッシグの狼の地》でライフを狙う。

 次のターンも除去を引けなかった渡辺は投了を宣言した。

渡辺 1-1 菱田

ゲーム3

 お互いにキープを宣言しゲームが開始。除去を構えて土地を置く渡辺に対して、菱田は2ターン目に《火打ち蹄の猪》をプレイする。しかし、それは《突然の衰微》で簡単に対処されてしまう。

 渡辺は《生命散らしのゾンビ》で菱田の手札をチェックすると、《ゴーア族の暴行者》《雷口のヘルカイト》《地獄乗り》《ドムリ・ラーデ》《踏み鳴らされる地》《根縛りの岩山》。唯一の《ゴーア族の暴行者》を抜いてターンを返す。

 《生命散らしのゾンビ》がいるために《ドムリ・ラーデ》のプレイをしなかった菱田に対して、渡辺は《冒涜の悪魔》を連打。グルールに対して逆に攻撃を仕掛けていく。

 《地獄乗り》《雷口のヘルカイト》と持っていた菱田だったが、渡辺が《化膿》を見せるとどうにもならないことを悟り、投了を宣言した。

渡辺 2-1 菱田

前の記事: 【観戦記事】 第13回戦:塚原 一翔(愛知) vs. 山本 賢太郎(埼玉) | 次の記事: 【観戦記事】 第15回戦:Park, Jun Young(韓国) vs. 工藤 耕一(東京)
グランプリ・北九州2013 一覧に戻る