マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 Deck Tech: 高橋優太の「The Last Delver」

【戦略記事】 Deck Tech: 高橋優太の「The Last Delver」

By Hisaya Tanaka

 グランプリ・北九州のトップ8の中でひときわ変わったデッキを使っている高橋優太。彼が使っている目新しい、そのくせ懐かしい雰囲気を漂わせる彼の青白《秘密を掘り下げる者》デッキについて話を聞いてみました。


高橋 優太

――このデッキに至るまでの調整の経緯を教えてください。

 プロツアー予選などでジャンドやトリコフラッシュを使っていたのですが、《燃え立つ大地》のせいでコントロールがグルールに勝つことはできないなと思いました。グルールが一番多くなることはみんなわかっていたと思うので、その上でグルールに勝つためのデッキを考えて、「基本土地が多い」「殴りあう」というコンセプトでデッキを作りました。

――なんで《秘密を掘り下げる者》デッキに?

 最初は軽い気持ちで作ったんですよ。以前のこのデッキが好きでしたし。《思案》がなくて弱そうだったけど、とりあえずやってみました。そうしたらプレイしてみてわかったことがあって、グルールに対抗するためのデッキは重くてタフネスが高いクリーチャーを多く使用していて、《本質の散乱》と《送還》がそれらにただただ強かったんですよね。《テューンの大天使》《セレズニアの声、トロスターニ》《ワームの到来》みたいなカードに。

 その上でこの2枚はグルールにも強いカードで、特に《秘密を掘り下げる者》で攻撃しながら使う《送還》は《Time Walk》です。

deck_02.jpg

――調整しててクビにしたカードはありますか?

 《ボーラスの占い師》は試したけど、グルールのクリーチャーが止まらなくてダメでした。

――《急かし》について。

 《急かし》はただのキャントリップです。

 まずこのデッキを作る前に、過去の《秘密を掘り下げる者》デッキのレシピを片っ端から見なおしました。そうしたら安定する理由が《思案》《ギタクシアの調査》だったんです。今は《思考掃き》しかなく、《熟慮》では重いので、《急かし》を少しだけ入れました。

――《急かし》が役に立つ!ってカードは・・・

 サイドボードの《至高の評決》だけですね。

――決まりました?

 いえ、一度も。

――苦手なカードやデッキは?

 何より《復活の声》です。フェアリーの《大貂皮鹿》くらいきついです。このデッキの動きすべてを否定されてますからね。ただ、《復活の声》は勝ち抜いていけば減っていくはずと信じていました。

――『基本セット2014』の新しいカード、《潮縛りの魔道士》について聞かせてください。

 ゲロ強いです。《絡み根の霊》が対処しやすいし、先攻のときにマナクリーチャーに対しても軽く使えるのがいいです。

――ありがとうございました。

deck_03.jpg
高橋 優太
グランプリ・北九州2013 トップ8 / スタンダード
8 《島》
4 《氷河の城砦》
4 《神聖なる泉》
2 《ムーアランドの憑依地》
1 《平地》

-土地(19)-

4 《秘密を掘り下げる者》
4 《瞬唱の魔道士》
4 《聖トラフトの霊》
4 《修復の天使》

-クリーチャー(16)-
4 《思考掃き》
4 《送還》
2 《急かし》
4 《アゾリウスの魔除け》
4 《本質の散乱》
2 《ルーン唱えの長槍》
2 《熟慮》
3 《雲散霧消》

-呪文(25)-
2 《消去》
2 《正義の一撃》
3 《漸増爆弾》
3 《潮縛りの魔道士》
2 《拘留の宝球》
1 《雲散霧消》
2 《至高の評決》

-サイドボード(15)-

前の記事: 【観戦記事】 第15回戦:Park, Jun Young(韓国) vs. 工藤 耕一(東京) | 次の記事: 【トピック】 グランプリ・北九州2013 トップ8プレイヤープロフィール
グランプリ・北九州2013 一覧に戻る