マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準決勝:工藤 耕一(東京) vs. 野村 亮介(愛知)

【観戦記事】 準決勝:工藤 耕一(東京) vs. 野村 亮介(愛知)

By Hisaya Tanaka

工藤 耕一(グルールミッドレンジ) vs. 野村 亮介(ナヤコントロール)

 グランプリ準決勝。

 ここまで勝ち抜いた4人のプレイヤーは、プロツアー「神々の軍勢」(バレンシア)の権利を手にした。ここからはグランプリ・北九州優勝のタイトルを争うため、残り2戦にすべてを振り絞る。

 工藤と野村は、準々決勝で高橋優太・山本賢太郎というチームメイトとしてプロツアーサンデーに進出した経験を持つ2人を、各々が撃破してこの席を勝ち取った。

 さあ、その勢いを持ってさらなる高みを手に入れるのはどちらのプレイヤーだ。

SF_kudo_nomura.jpg
ゲーム1

 スイスラウンド上位の工藤が先手を得て、手札を確認。工藤が少考するも、結局お互いにキープを宣言した。

 《踏み鳴らされる地》《森》から《絡み根の霊》をプレイした工藤の前に、ナヤである野村の《復活の声》が立ちはだかる。工藤は《ドムリ・ラーデ》をプレイし、能力で《火打ち蹄の猪》を手に入れターンを返す。

 野村が《復活の声》で《ドムリ・ラーデ》に攻撃を仕掛けると、《絡み根の霊》がブロックし不死とトークン能力がそれぞれ発動。続いて《ボロスの反攻者》を戦場に送り込み、グルールの工藤を苦しい展開へと追い込む。

 ここで少考した工藤、《ドムリ・ラーデ》の格闘能力を使い《ボロスの反攻者》と《絡み根の霊》《ドムリ・ラーデ》の2:1交換を行い、《地獄乗り》でのダメージレースを選択。野村もブロッカーとして《復活の声》を追加し、マナを立ててターンエンドする。

 工藤は《絡み根の霊》と《火打ち蹄の猪》をプレイし攻撃を試みるが、《地獄乗り》は《灼熱の槍》で除去されてしまう。残った2体で攻撃をすると、《火打ち蹄の猪》を2体がブロックし、エレメンタル・トークンが残ってエンドとなった。

 後続としてプレイされた工藤の《雷口のヘルカイト》は《セレズニアの魔除け》で除去され、さらに《絡み根の霊》はエレメンタル・トークンと相打ち。不死で戻ってきた《絡み根の霊》が《戦導者のらせん》で除去されてしまうと、工藤の攻め手が尽きてしまう。

 野村は手札で控えていた《雷口のヘルカイト》を出すと攻撃に転じ、工藤が引き込んだ《ドムリ・ラーデ》も屠ってしまう。その《ドムリ・ラーデ》で手に入れた《地獄乗り》でなんとか攻撃をしたい工藤だったが、野村はさらなる《雷口のヘルカイト》をブロッカーとして、工藤の攻め手をつぶしてしまう。

「こっちも《雷口のヘルカイト》を」

 と、言いながらドローするも、それは《絡み根の霊》。《地獄乗り》と共に攻撃を仕掛けると、さすがに《雷口のヘルカイト》が《地獄乗り》をブロック。工藤は残っていた《ミジウムの迫撃砲》を使って《雷口のヘルカイト》を1体除去し望みをつなごうとする。

 しかし野村から《スラーグ牙》がプレイされるとライフは安全圏に。

 次のターンには《雷口のヘルカイト》と《スラーグ牙》が攻撃をし、《セレズニアの魔除け》を《余韻》して、工藤のライフを削りきった。

工藤 0-1 野村


野村 亮介
ゲーム2

 再び工藤の先攻ではじまったこのゲーム。《雷口のヘルカイト》を多く引き、序盤の攻防ができないハンドを嫌いマリガンした工藤に対し、野村はキープを宣言。6枚となったハンドは最初の7枚とほぼ変わらず、工藤は仕方なくキープを宣言した。

 2ターン目に《漁る軟泥》からスタートした工藤に対して、野村は土地を置いてエンドする。《漁る軟泥》が1回攻撃をするが、野村は《ボロスの反攻者》でそれをシャットアウト。

 工藤が《エルフの神秘家》を出してエンドすると、《ボロスの反攻者》は攻撃を開始し、さらなるプレッシャーとして《高原の狩りの達人》が戦場に着地。ところが工藤が《自由なる者ルーリク・サー》をプレイすると、またも攻守が一転する。

 《復活の声》を出してターンエンドした野村に対して、《ゴーア族の暴行者》を持つ工藤は《自由なる者ルーリク・サー》で攻撃を行う。もちろん野村は《ボロスの反攻者》でブロックし、こちらも当然《ゴーア族の暴行者》を湧血する。ところが野村は《セレズニアの魔除け》をも持っていて《自由なる者ルーリク・サー》を追放し、ゲームの主導権は転々と変化していく。

 邪魔者がいなくなった野村は《ボロスの反攻者》で攻撃をすると、変身した《高原の荒廃者》で《エルフの神秘家》をも除去する。工藤はガンである《ボロスの反攻者》を《ミジウムの迫撃砲》で除去するも、まだ盤面は野村が優勢。初手から持っている《雷口のヘルカイト》を出すための赤マナを早く引き込みたいところだ。

 野村がさらなる《ボロスの反攻者》を出した返しで、工藤はついに赤マナを引き込む。《雷口のヘルカイト》が攻撃をしかけ、盤面を支えている《漁る軟泥》が除去されないことを願う。

 次のターン、《ボロスの反攻者》と《復活の声》でのみ攻撃をされ《漁る軟泥》が生き延び、工藤に一気にチャンスが生まれた。ここで《ドムリ・ラーデ》を引いた工藤は、格闘でトークンを除去すると《雷口のヘルカイト》と《漁る軟泥》両方ともで攻撃して、野村にチャンプブロックを強制する。もし次のターンに野村が何も引かなければ勝利が確定となる。

 野村はカードを引いたところで、投了を宣言した。

工藤 1-1 野村


工藤 耕一
ゲーム3

 先手はついに野村に。はたして決勝に進出するのはどちらなのか。準決勝最後のゲームが始まる。

 《寺院の庭》から土地を2連続置いてエンドをする野村に対し、《踏み鳴らされる地》から《森》《東屋のエルフ》と置く工藤。

 ところが、ここで野村の土地がストップしてしまう。

 工藤は《絡み根の霊》を2体展開し攻撃を開始。次のターンも土地を引けなかった野村のディスカードを見届けると、もう一体の《絡み根の霊》をプレイしてゲームを一気に終わらせにいく。

 野村はターン終了時に《セレズニアの魔除け》でトークンを出し、土地を引き込んで《ボロスの反攻者》を送り込むも、これは《灼熱の槍》で除去されてしまい、工藤が《ゴーア族の暴行者》を見せると、ゲーム終了となった。

工藤 2-1 野村


 グランプリ・北九州の決勝の場に立つのは工藤耕一!!

前の記事: 【観戦記事】 準々決勝:野村 亮介(愛知) vs. 山本 賢太郎(埼玉) | 次の記事: 【観戦記事】 準決勝:Kuo, Tzu-Ching(台湾) vs. Raymond Tan(マレーシア)
グランプリ・北九州2013 一覧に戻る