マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準決勝:Kuo, Tzu-Ching(台湾) vs. Raymond Tan(マレーシア)

【観戦記事】 準決勝:Kuo, Tzu-Ching(台湾) vs. Raymond Tan(マレーシア)

By Tetsuya Yabuki

Kuo, Tzu-Ching(呪禁バント) vs. Raymond Tan(呪禁バント)

 静かだ。ビデオ・マッチの隣で行われるもうひとつの準決勝のテーブルは、会場に流れる麗らかな音楽からも、周囲のざわめきからも切り離され、この試合を戦うふたりのプレイヤーが彼らの「武器」であるデッキを、研ぐようにシャッフルする音だけが聞こえるようだ。今大会はともに「海外グランプリへの参加」である両プレイヤーは「呪禁バント」を操りここまで勝利を重ね、準決勝の舞台で相見えることとなった。このミラー・マッチで勝敗を分けるのは、序盤の爆発力と、サイドから投入される《濃霧/Fog(M14)》を絡めた戦闘の駆け引きだ。

「Hot」と、Tanが顔をあおぎながら声をかけた。

「Too hot」とKuoも応える。

 ギャラリーの数も増え、フィーチャー・エリアの周りをぐるりと囲むように集う観戦者たち。会場は今、暑く熱く滾っている。

SF_kuo_tan.jpg
試合

 第1ゲームはKuoが《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》から《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》と快調なスタートを切るが、Tanは《林間隠れの斥候/Gladecover Scout(M14)》に《天上の鎧/Ethereal Armor(RTR)》を2枚貼り。5/5になった呪禁クリーチャーがKuoを襲う。

 Kuoも《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》に《幽体の飛行/Spectral Flight(ISD)》をつけて攻めの姿勢を崩さないものの、《林間隠れの斥候/Gladecover Scout(M14)》に《ひるまぬ勇気/Unflinching Courage(DGM)》がエンチャントされてしまう。9/9呪禁、絆魂、先制攻撃、トランプルの怪物を前に、Kuoの表情が歪む。

 続くターンにTanがダメ押しの《ひるまぬ勇気/Unflinching Courage(DGM)》。Kuoはたまらず投了した。

Tan 1-0 Kuo

 サイドボーディング中の横顔に汗をにじませるTan。

 長めの息を吹きながら胸元をあおぐKuo。

 呪禁バントの同系戦は、さらに過熱し、白熱する。


Raymond Tan(マレーシア)

 第2ゲームはKuoが《近野の巡礼者/Nearheath Pilgrim(AVR)》から動き出し、続けて《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》を送り出した。一方土地1枚の手札をキープしたTanは、《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》から《林間隠れの斥候/Gladecover Scout(M14)》、《天上の鎧/Ethereal Armor(RTR)》と繋ぐ。

 前ゲームのお返しとばかりに、《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》に《ひるまぬ勇気/Unflinching Courage(DGM)》をエンチャントするKuo。攻撃を通すとターンを渡した。

 いまだに土地が1枚でありながら、《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》と《天上の鎧/Ethereal Armor(RTR)》をもう1セット繰り出すTan。5/5先制攻撃を相手に、Kuoの攻撃が止まった。

 こうして序盤の攻勢をしのいだTanだが、しかし土地が引けない。気合を入れたドローも実らず、渋い顔を作る。

 するとKuoが好機を捉えたか、全軍で攻撃を仕掛けた。Tanは《濃霧/Fog(M14)》で対応するが、Kuoはそれを《呪文裂き/Spell Rupture(GTC)》。Tanはブロックを吟味して、《天上の鎧/Ethereal Armor(RTR)》2枚をつけた《林間隠れの斥候/Gladecover Scout(M14)》で《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》を止めにかかる。そこへKuoがフラッシュバック込みの《天啓の光/Ray of Revelation(DKA)》で《天上の鎧/Ethereal Armor(RTR)》を2枚とも破壊。Tanに大打撃を与える。

 Tanのドロー後、両者は一瞬目を合わせると、Tanがカードを片付けた。

Tan 1-1 Kuo

 最終ゲーム、Kuoがじっと見つめる初手はノーランド。ひとつ息を吐くと、その7枚をライブラリーに戻す。1枚ずつ祈るように手に入れた6枚に頷き、キープを宣言。

 Tanが《不可視の忍び寄り/Invisible Stalker(ISD)》で最終ゲームの幕を開けると、その返しにKuoも《不可視の忍び寄り/Invisible Stalker(ISD)》。次のターンTanが《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》をプレイすると、Kuoも同じ動きで応え、盤面が鏡写しになる。

 続く4ターン目、Tanは意を決したように《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》に《幽体の飛行/Spectral Flight(ISD)》を2枚つけて攻撃。一気にKuoのライフを削り取る。対するKuoも《幽体の飛行/Spectral Flight(ISD)》を《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》につけると、《繁殖池/Breeding Pool》を1枚立たせて攻撃に向かった。

 Tanは《濃霧/Fog(M14)》を意識して、《怨恨/Rancor(M13)》をつけた《不可視の忍び寄り/Invisible Stalker(ISD)》1体で攻撃。盤面に《鬼斬の聖騎士/Fiendslayer Paladin(M14)》を加えて守備を固めた。

 Kuoが熟考。その様子を見守るTan。この陣営を突破できるのか......


Kuo, Tzu-Ching(台湾)

 Kuoは《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》に《幽体の飛行/Spectral Flight(ISD)》を追加して攻撃。両者の《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》が相討ちになり、ライフが肉薄する。

 一歩誤れば即転落の戦闘が繰り返され――やがて決着が訪れた。

 Tanの盤面に、《群れの統率者アジャニ/Ajani, Caller of the Pride(M14)》が着地。《鬼斬の聖騎士/Fiendslayer Paladin(M14)》に+1/+1カウンターを載せて全軍攻撃すると、Kuoはこれに《濃霧/Fog(M14)》を合わせる。

 《近野の巡礼者/Nearheath Pilgrim(AVR)》と結魂した《不可視の忍び寄り/Invisible Stalker(ISD)》で攻撃を返すKuo。緑マナは立たせ続ける。Tanは《鬼斬の聖騎士/Fiendslayer Paladin(M14)》に+1/+1カウンターを追加して、さらに《怨恨/Rancor(M13)》を加えると、再び攻撃に向かった。

 2枚目の《濃霧/Fog(M14)》は――無し。

 攻撃宣言を受けると、Kuoは手を差し出した。

Tan 2-1 Kuo

 試合後、フィーチャー・テーブルに残り最終ゲームの際どい戦闘を何度も反芻するKuo。

 Raymond Tanが、今大会最後の戦いに挑む。

前の記事: 【観戦記事】 準決勝:工藤 耕一(東京) vs. 野村 亮介(愛知) | 次の記事: 【トピック】 浅原晃の超プチ構築劇場―《機知の戦い》
グランプリ・北九州2013 一覧に戻る