マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】 グランプリ・クアラルンプール2016 日本人プレイヤー初日突破者一覧

【トピック】 グランプリ・クアラルンプール2016 日本人プレイヤー初日突破者一覧

By 伊藤 敦

 769名から245名へ。

 淘汰のための戦いは、ここからトップ8へ向け、さらに過酷さを増していく。

 以下が18点以上の勝ち点を得て見事2日目に進出した53名の日本人プレイヤーの一覧だ。

順位 プレイヤー ポイント OMW%
6 Matsumoto Fumiya [JP] 24 0.7619
7 Hirami Tomonori [JP] 24 0.746
8 Ichikawa Yuuki [JP] 24 0.7407
9 Takahashi Yuta [JP] 24 0.7222
11 Murakami Souta [JP] 24 0.7043
17 Sato Kimihiko [JP] 24 0.6567
24 Kakumae Teruya [JP] 24 0.6259
26 Takami Yuuta [JP] 23 0.6128
27 Mitsuhiro Tada [JP] 22 0.746
31 Hirayama Shigetaka [JP] 21 0.7778
32 Kobayashi Tetsuro [JP] 21 0.7619
34 Sugiyama Yuya [JP] 21 0.7321
43 Tomomura Hitoshi [JP] 21 0.6931
47 Saito Tomoharu [JP] 21 0.6852
56 Tsumura Kenji [JP] 21 0.6667
60 Kitahara Hiroaki [JP] 21 0.6601
66 Aoki Yositugu [JP] 21 0.6528
69 Harane Kenta [JP] 21 0.6508
71 Yukuhiro Ken [JP] 21 0.6481
73 Ikawa Yoshihiko [JP] 21 0.6402
76 Takesue Chikara [JP] 21 0.6349
80 Yamamoto Kentaro [JP] 21 0.6265
88 Takao Shota [JP] 21 0.5745
91 Sugita Wataru [JP] 21 0.5714
95 Matsuura Takumi [JP] 21 0.5317
119 Takuya Maekawa [JP] 19 0.5076
123 Yamagami Yudai [JP] 18 0.746
129 Kanegawa Toshiya [JP] 18 0.6984
131 Ohkawa Yusuke [JP] 18 0.6944
133 Suematsu Takaaki [JP] 18 0.6905
135 Morofuji Takuma [JP] 18 0.6878
142 Tsujikawa Taiga [JP] 18 0.6825
151 Boku Takashi [JP] 18 0.6644
158 Fujimura Kazuaki [JP] 18 0.6508
159 Imai Ayato [JP] 18 0.6485
160 Utsunomiya Takumi [JP] 18 0.6429
164 Nakada Ryo [JP] 18 0.6389
166 Murayama Keiichiro [JP] 18 0.6349
178 Osawa Takuya [JP] 18 0.625
182 (21) Tamada Ryoichi [JP] 18 0.6173
183 Omori Kenichiro [JP] 18 0.6168
184 Kawaguchi Kyouhei [JP] 18 0.6111
186 Nakamura Shuhei [JP] 18 0.6111
196 Inoue Toru [JP] 18 0.5926
200 Matsumoto Kazuma [JP] 18 0.5833
201 Yoshii Takayuki [JP] 18 0.5824
208 Ootsuka Tomohito [JP] 18 0.5694
212 Sato Rei [JP] 18 0.5669
214 Ichiro Okamoto [JP] 18 0.5643
216 Kamo Riki [JP] 18 0.5608
222 Naide Kazutaka [JP] 18 0.5552
227 Goshima Akito [JP] 18 0.5394
234 Mine Masahiro [JP] 18 0.5123

全勝の日本人はいないものの、7名が8勝1敗で初日を終える

 やはりというべきか、上位には強豪たちの名が数多く連なる結果となった。

 高橋・市川・覚前はいずれもグランプリの優勝トロフィーを複数回掲げたことがあるプロプレイヤーたちで、前週のプロツアー『カラデシュ』からの連戦ということもあり、ハイレベルな舞台でのスタンダード環境の経験をうまく生かしている。

 また、グランプリ・京都2016でトップ4に入賞したばかりの松本と平見がともに1敗と奮戦。チームメイトだった原根も2敗でまとめており、新世代の台頭を予感させる。


松本 郁弥

 はたしてこの中から何人がトップ8に進出するのか。53名のプレイヤーたちの健闘に期待しよう。


前の記事: 【観戦記事】 第9回戦:高橋 優太(東京) vs. 齋藤 友晴(東京) | 次の記事: 【戦略記事】 グランプリ・クアラルンプール2016 2日目メタゲーム・ブレイクダウン
グランプリ・クアラルンプール2016 一覧に戻る