マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 13: 井上 徹(福岡) vs. 鈴木 孝昭(徳島)

Round 13: 井上 徹(福岡) vs. 鈴木 孝昭(徳島)

By Tomohiro Kaji

Round 13


 スイスラウンドも残すところあと3回戦。

 すでに2敗を喫している二人には、Top8条件の12勝2敗1分けをクリアするためにこれ以上負けることは許されない。そんな彼らにフィーチャー用の写真撮影をお願いしている間、津村がやってきて言った。

津村 「井上さんはLimits2010優勝してましたよね、でも鈴木さんも負けないっすよ。まじ、僕がマジックはじめる前からプレイしてますもん。古豪っすよ、古豪。」


Game 1

鈴木 孝昭
鈴木 孝昭

 この大会おなじみの光景、2ターン目に《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic(WWK)》から《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine(MBS)》を探すスタートをする井上に対し、鈴木は《思考囲い/Thoughtseize(LRW)》で《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine(MBS)》を捨てさせる。

 この時に《幽体の行列/Spectral Procession(SHM)》も公開されたのだが、選べるのはたった1枚だけ。もちろん返すターン、井上は《幽体の行列/Spectral Procession(SHM)》をキャストし、1/1トークンが出現した。

 《苦花/Bitterblossom(MOR)》のない鈴木には1/1トークンの群れを対処するのがとても難しく、役目を果たした《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic(WWK)》も含めた4点クロックは1つの呪文では止められない。
 手札破壊に2点払ったこともあり、ライフはあっという間に13。

 井上がキャストする後続の《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid(ALA)》は《マナ漏出/Mana Leak(M11)》、《運命の大立者/Figure of Destiny(EVE)》を《見栄え損ない/Disfigure(ZEN)》と対処し、クロックが増えることは阻止するのだがダメージは積み重なっていく。

 せめて1/2だけでもと、《変わり谷/Mutavault(MOR)》をクリーチャー化すれば、井上は《流刑への道/Path to Exile(CON)》を、《霧縛りの徒党/Mistbind Clique(LRW)》を覇権してブロッカーにしようと試みても、もう一枚の《流刑への道/Path to Exile(CON)》が刺さる。
 13,9,5,1と、4点のクロックに刻まれて、そのままトークンの群れに押し切られてしまった。

井上 1-0 鈴木


Game 2

 井上のマリガンに、鈴木は土地が来ないためダブルマリガンで開始されたGame 2。

 このハンド差を活かしてさっさとゲームに勝ってしまいたい井上は、序盤から《運命の大立者/Figure of Destiny(EVE)》をパンプアップしながらライフにプレッシャーを与えていく。
 そして、鈴木が2マナを立てれば2枚目の《運命の大立者/Figure of Destiny(EVE)》は唱えず、クロックを早めることで鈴木の《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite(LRW)》をおびき出した。

 もちろん、鈴木も考えなしに1/1飛行をただ出したわけではなく、《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine(MBS)》を盤面に加えることでこのバニラなクリーチャーの価値を大きく高めた。
 井上はその隙に《幽体の行列/Spectral Procession(SHM)》で3体のトークンを用意するのだが、《苦花/Bitterblossom(MOR)》を唱えてから《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite(LRW)》に剣を装備させての鈴木のアタックに、どう対処するかで非常に困る。

井上 徹
井上 徹

 テンポとカードアドバンテージの両方の観点からブロック必至なのだが、それはチャンプなのか相打ちなのか。結局、井上は「こいつは青い」という理由でトークン3体と相打ちすることを選択した。

 戦闘によって盤面が綺麗になったのも束の間、井上のサイドボードカードである《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier(EVE)》キャストから、戦場はまたプロテクションを絡めた混戦になった。

 彼がスタンダードにいた当時もフェアリー対策として活躍していたわけだが、このカードに対する回答も当時と同じ《誘惑蒔き/Sower of Temptation(LRW)》。
 だが、対処されることを想定していた井上は、《精霊への挑戦/Brave the Elements(ZEN)》を構えており、誘惑を阻止した。

 しかし、ここまでうまくやりくりしていた井上だが、次のターンにはどうしても《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine(MBS)》の一撃を食らってしまう計算になってしまう。
 井上は少し考えこみ、このシチュエーションの最適解を模索する。

 意を決し、井上は捨てるためのカードを手札に残しながら《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic(WWK)》を展開し、《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine(MBS)》を手札に残すことにした。

 選択肢のない鈴木も、タップアウトで《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit(WWK)》ごとアタックに行かせて一気にダメージを叩き込むのだが、《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine(MBS)》の能力で捨てさせられなかったもう一枚のカードを対処する手段を持たない。

 そして井上サイドにも現れた《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine(MBS)》が、どちらが多くチャンプブロッカーを用意できるかというゲームへと変えるかと思われた・・・が、井上はさらにノーハンドからトドメの《流刑への道/Path to Exile(CON)》をトップデックしてゲームを決めた!

井上 2-0 鈴木

前の記事: Round 12: 八十岡 翔太(東京) vs. 三田村 和弥(千葉) | 次の記事: Round 14: 八十岡 翔太(東京) vs. 中村 修平(大阪)
グランプリ神戸11 一覧に戻る