マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

名物がいろいろ!グランプリ・神戸ショップめぐり

名物がいろいろ!グランプリ・神戸ショップめぐり

by Seo Asako


 グランプリ神戸には計5つのお店がブースを出しています。それぞれをご紹介してまいりましょう。(順不同)

MINT

 まずは、いつもイベント会場でさまざまなサプライ品を販売しているMINTさんにお邪魔しました。

 今回はやはり「ソリン推し」だそうで、ソリンのグッズがいろいろ出ています。


色とりどりのスリーブやデッキケースも揃っています

 お勧めはこの真っ白いプレイマットで、お気に入りのイラストレーターさんに直筆イラストを描いてもらったりすれば、世界にただ1枚だけのオリジナル・プレイマットになりますね。

 見本に描かれているイラストは、MINT新宿店の店員さん(イラストがうまいと評判だそうです)の手によるもの。

d1_shop02.jpg

 もうひとつお勧めはこれ、統率者戦用のデッキケース。100枚デッキと大きいカードとを別々に入れられるつくりになっています。

d1_shop03.jpg

ふたを開けたところ

 さらにプチ情報として、グランプリ終了後の週明け20日(月)、13時にMINT渋谷店がオープンするそうです。バーを併設しており、お酒を飲みながらマジックが楽しめる場所だそう。オープン記念のスタンプサービスもあるので、お近くの方はグランプリ帰りにさっそく行ってみてはいかがでしょうか。


渋谷店オープンを知らせるチラシ

イエローサブマリン

 出店しているイエローサブマリン三宮店は、三宮駅と元町駅の間くらいにあります。

 店長の小山さんにお話を聞いたところ、今回のグランプリ神戸参加を期にお店のマジック部門を増強したので、「今後はこれまで以上にマジック関連商品が充実します」とのこと。また、店舗ではTCGだけでなくホビー関連を総合的に取り扱っていますので、「フィギュアなどおもちゃの販売・買取を行なっているのも売りです」とのことです。


店長の小山さん

 昨日と今日、会場ブースでよく売れたカードについては、「《忘却の輪/Oblivion Ring》が妙に出ましたね。闇の隆盛では、《ファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocrat》が人気で、日英ともに売り切れました」とのお話でした。


「ここまで見た」という札を途中にはさんで、カードをチェックできるようになっているのが便利!

基本土地も人気

BIG MAGIC

 こちらは大阪・日本橋店からの出張ブースです。

 日本橋店店長の橋本さんによると、「エターナル環境を重視していて品揃えが多いのと、基本関西ノリなんで店員がフランクなのも売りです」とのことで、その場にいたお客さんも「店員さんがフレンドリーで楽しい!」と言い添えてくださいました。

 また、ブースのほうでは「過去のパックをいろいろ販売しているのが売りですね」と池袋店副店長の日下部さん。目玉として真ん中に展示されているのは有名な超希少エラーカード、「ブルーハリケーン」。さすがに「たいていのお客さんは食いついていきますね」とのことです。

d1_shop09.jpg

 また、いろいろな賞品の当たるガラガラくじもあり、今日始めてのお客さんが2回まわしたら、2回目でいきなり一等賞のボックスが出たそうです。すごいですね。

「その人はオンスロート1BOXでしたが、まだまだ一等はありますので」とのこと

 よく売れているカードは《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》、あと《ゲラルフの伝書使/Geralf's Messenger》。「伝書使」の人気は鍛冶さんの構築劇場記事のせいかと思われます。今が買い時ですよ!


《ヴェールのリリアナ》がずらり

カードショップ蒼猫亭

 オーナーさんによりますと、こちらのお店は元町にあるマジックがメインのカードショップで、地元神戸でもう10年以上続いている地域密着型のお店だそうです。

 今回はフォイルや珍しいカードを充実させており、古くて入手しづらいフォイルカードなどが統率者戦用によく売れているそうです。


珍しいフォイルカードたちが並びます

 また、スタンダード用には《地下牢の霊/Dungeon Geists》と《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》が人気。これらは先週のプロツアー・闇の隆盛で結果を残したので改めて注目が高まっているようです。

「今後もああいうウェブ中継などをどんどんやっていただけると、いろいろな商品が取り上げられるのでうれしいですね」とのコメントをいただきました。


店頭の看板

「看板娘」のスタッフさん

晴れる屋

 最後は東京の有名店「晴れる屋」です。

「オレンジ色の晴れる屋Tシャツを着た人が会場にたくさん見受けられるのですが......」 とオーナーの齋藤さんに聞いたところ、あれを着た人が上位入賞したりすればいい宣伝になるので、スポンサーになって着てもらっているそうです。現在15人くらいの有名プレイヤーたちが着ているようです。


フィーチャーエリアではオレンジ色のTシャツをよく見かけます

 東京のマジック専門店「晴れる屋」は、知識の豊富な店員が揃っており、毎日大会をやっているのが特長のお店です。

 今回のブースでは通信販売に出ていないサインド・プレイド・多言語のカードをメインに持ってきており、自分で状態を確かめた上でお得なカードを買えるので、現場ならではの掘り出し物が見つかりそうです。


状態が悪いため激安のカードたち

 また、しょっちゅう当選ベルの音が会場に響いているレアくじも名物で、「数あるくじの中でも一番割がいいのではないかと自負している」とのことです。大当たりのS賞を引き当てた人がポータル三国志1パックをもらい、開封したらなんと《伝国の玉璽/Imperial Seal》が出てきたときはたいへん盛り上がったとか。


ベルも今日のために高級品を新調したそうです

 このレアくじはお店でも常時やっているものですが、「今回はイベント仕様にボリュームアップして賞品をどんどん入れ替えているので、何度でもお楽しみいただけます」とのことでした。


現在のS賞の賞品はこんな感じでした

 明日も各ブースではいろいろなアイテムがあなたを待っています。ぜひ会場にお越しください!

前の記事: Round 6: 砂田 翔吾(神奈川) vs. 八十岡 翔太(東京) | 次の記事: Round 7: 渡辺 雄也(神奈川) vs. 伊藤 渉吾(愛知)
グランプリ・神戸12 一覧に戻る