マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝: 北原 寛章(和歌山) vs. 長岡 崇之(東京)

準々決勝: 北原 寛章(和歌山) vs. 長岡 崇之(東京)

By Yusuke Yoshikawa


 頂上まで、あと少し。
 それでも、これが二人にとって「初戦」であることには変わりない。
 決勝ドラフトを経て、手にした今大会4種類目のデッキ。新鮮な気持ちと、どこか探りながらの不安、リミテッド戦ならではの興奮と緊張があるだろう。

QF北原 寛章(和歌山) vs. 長岡 崇之(東京)

 北原 寛章は和歌山のプレイヤーで、今回同時にトップ8入賞を果たした行弘 賢が勤める『マナソース』でよくプレイしているとのこと。気心知れている仲であるようで、上手く行けば決勝まで当たることはない組み合わせである以上、ワンツーフィニッシュを狙っているだろう。

 一方の長岡 崇之は東京から。とはいっても長らく大阪のコミュニティで活動してきたプレイヤーで、よくプレイする場所として今回Tシャツを着ている『CARDSHOP晴れる屋』(東京)だけではなく、大阪の『アメニティドリームなんば店』を挙げている。

 その意味では、関西圏で行われるこのグランプリ・神戸も勝手知ったるものかもしれない。
 地に足をつけて、最初の決戦に挑む。


Game 1

 ダイスロールに勝った長岡が先攻、互いに一呼吸でキープしてゲームが始まった。
 長岡の《チフス鼠/Typhoid Rats(ISD)》に対して、北原が《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》で応える立ち上がり。
 北原の《ソンバーワルドのドライアド/Somberwald Dryad(DKA)》を見て、長岡は攻撃の手を止める。
 これに対し、北原は少し考えた後に《ウルヴェンワルドの神秘家/Ulvenwald Mystics(ISD)》を、長岡も《神聖を汚す者のうめき/Moan of the Unhallowed(ISD)》でまだ並べる序盤。

 北原が自分のターンにアクションなく、《ウルヴェンワルドの神秘家/Ulvenwald Mystics(ISD)》が《ウルヴェンワルドの根源/Ulvenwald Primordials(ISD)》に変身。長岡は3色目を予感させる《ゆらめく岩屋/Shimmering Grotto(ISD)》から《要塞ガニ/Fortress Crab(ISD)》でさらに守りを固める。

 ここで、北原は《ウルヴェンワルドの根源/Ulvenwald Primordials(ISD)》と《ソンバーワルドのドライアド/Somberwald Dryad(DKA)》で攻撃。準・フルタップの長岡は、5/5《ウルヴェンワルドの根源/Ulvenwald Primordials(ISD)》にトリックを打たれて守りが崩壊する危険性をよしとせず、《ソンバーワルドのドライアド/Somberwald Dryad(DKA)》の方を《要塞ガニ/Fortress Crab(ISD)》でブロック、5点を受けた。

 最初にして剣ヶ峰。
 双方のプレイヤーに慎重さが見える。

 長岡はゾンビ・トークン2体で殴り返し、《幻影の掌握/Grasp of Phantoms(ISD)》で《ウルヴェンワルドの根源/Ulvenwald Primordials(ISD)》を《ウルヴェンワルドの神秘家/Ulvenwald Mystics(ISD)》として送り返して時間を得る。
 これを唱え直すのみの北原に対し、長岡は《魂を捕えるもの/Soul Seizer(DKA)》で追撃。北原の《血に狂った新生子/Bloodcrazed Neonate(ISD)》の上を通りぬけ、《ウルヴェンワルドの根源/Ulvenwald Primordials(ISD)》に《恐ろしい憑依/Ghastly Haunting(DKA)》する。

 北原が《血に狂った新生子/Bloodcrazed Neonate(ISD)》のチャンプアタックから《墓耕しのワーム/Gravetiller Wurm(DKA)》を8/8で送り込むが、長岡はさも当然のように《夜の犠牲/Victim of Night(ISD)》。

 《猛火の松明/Blazing Torch(ISD)》を構える万全の体制に対し、マナソースを引きすぎてしまった北原は、淡々と土地を片付けた。

北原 0-1 長岡


Game 2

QF北原 寛章

北原 寛章

「先攻で」
 北原がそう告げて、互いにマリガンなくゲームがスタートする。
 《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》までは先ほどと同じだったが、そのマナから現れた第2ターン《エストワルドの村人/Villagers of Estwald(ISD)》がゲームの風雲急を告げる。

 長岡は《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》を送り込み、これが殴りかかってきた《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》と相討ちになったところまではよかった。
 しかしここで北原の追加が2枚目の《エストワルドの村人/Villagers of Estwald(ISD)》。よりによって、長岡は3枚目の土地を置けず、呪文もキャストすることができない。

 突如として戦場に夜の帳が下り、《エストワルドの村人/Villagers of Estwald(ISD)》は《エストワルドの吠え群れ/Howlpack of Estwald(ISD)》として、長岡の命を刈り取るべく活動を開始する。

 1ターン遅れてきた感のある《沼/Swamp(ROE)》から、《縫い合わせのドレイク/Stitched Drake(ISD)》をキャストしてはみたものの、やはりあの1ターンが致命的。
 まいったなという表情で、長岡はわずかなパーマネントをまとめて、マッチはあっという間に最終戦へ。

北原 1-1 長岡


Game 3

QF長岡 崇之

長岡 崇之

 小声でキープを告げた長岡に、北原は慎重に考え、同じようにキープを宣言する。

 まず主導権を取ったのは北原。おなじみの《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》でダッシュして、今回は《紅蓮心の狼/Pyreheart Wolf(DKA)》を送り込む。
 長岡は2点の攻撃を受けた第3ターン、北原のターン終了時の《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy(ISD)》がファーストアクション。土地2枚と《グール起こし/Ghoulraiser(ISD)》が墓地に送られる。

 これを餌として、ゾンビからゾンビが生まれる。つまり《縫い合わせのドレイク/Stitched Drake(ISD)》。
 しかし、《紅蓮心の狼/Pyreheart Wolf(DKA)》はその能力でブロックをかいくぐり、《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》は土地とあわせて《ホロウヘンジのゴミあさり/Hollowhenge Scavenger(ISD)》の召喚を可能にする。
 長岡はこれらを迎え撃つべく、《要塞ガニ/Fortress Crab(ISD)》をキャストして、《縫い合わせのドレイク/Stitched Drake(ISD)》をブロックに残した。

 北原のターン。
 互いに土地は4枚で、手札は5枚程度、土地が詰まり気味で、逆に内容は充実していそうだ。

 北原は《もつれ樹/Lumberknot(ISD)》を送り込んで、《紅蓮心の狼/Pyreheart Wolf(DKA)》《ホロウヘンジのゴミあさり/Hollowhenge Scavenger(ISD)》《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》で攻撃。

 《紅蓮心の狼/Pyreheart Wolf(DKA)》の能力が大威張りの状況で、長岡はこのパーマネントを対処すべく《縫い合わせのドレイク/Stitched Drake(ISD)》《要塞ガニ/Fortress Crab(ISD)》でブロック。《ホロウヘンジのゴミあさり/Hollowhenge Scavenger(ISD)》《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》が長岡を傷つけ、《紅蓮心の狼/Pyreheart Wolf(DKA)》《もつれ樹/Lumberknot(ISD)》が揃って+1/+1カウンターを得る。

 長岡はライフが厳しくなる前に、《紅蓮心の狼/Pyreheart Wolf(DKA)》を対処したい。《月鷺/Moon Heron(ISD)》をキャスト。
 北原は、《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》を攻撃させるか悩むが、結局全軍をレッドゾーンへ。長岡は当面の目的を果たすべく《縫い合わせのドレイク/Stitched Drake(ISD)》《要塞ガニ/Fortress Crab(ISD)》で《紅蓮心の狼/Pyreheart Wolf(DKA)》をブロックするが、《蜘蛛の掌握/Spidery Grasp(ISD)》が幸便でなかなか退場してくれないうえ、《縫い合わせのドレイク/Stitched Drake(ISD)》を失い、《もつれ樹/Lumberknot(ISD)》が3/3に。

 じりじりと追い詰められる長岡は、《チフス鼠/Typhoid Rats(ISD)》《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》と数を並べてなんとか対抗する。

 《紅蓮心の狼/Pyreheart Wolf(DKA)》(2/2)を《月鷺/Moon Heron(ISD)》《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》で、《ホロウヘンジのゴミあさり/Hollowhenge Scavenger(ISD)》を《チフス鼠/Typhoid Rats(ISD)》《要塞ガニ/Fortress Crab(ISD)》でブロックしてそれぞれを1対1交換に収めるのだが、それまでの傷が深い。

 北原は《血に狂った新生子/Bloodcrazed Neonate(ISD)》《ウルヴェンワルドの神秘家/Ulvenwald Mystics(ISD)》と、パラパラと並べるように戦場を賑やかす。

 どうにも絶対数が足りない。
 ライブラリにカードを立てるように、引いたカードを覗く長岡。

 しかしそれが解答である可能性は高くないと予見していたようで、しばしの確認の思考ののち、「負けました」の言葉とともに頭を下げ、北原もそれにならって「ありがとうございました」と礼を述べて、日本の思考ゲームらしく幕が引かれたのだった。

北原 2-1 長岡

前の記事: グランプリ・神戸2012 トップ8プレイヤープロフィール | 次の記事: 準々決勝: 森 勝洋(東京) vs. 行弘 賢(和歌山)
グランプリ・神戸12 一覧に戻る