マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第8回戦:赤星 勇樹(大阪) vs. 廣澤 遊太(東京)

【観戦記事】 第8回戦:赤星 勇樹(大阪) vs. 廣澤 遊太(東京)

By Sugiki, Takafumi

 第8回戦のフィーチャーマッチ・テーブルに招待された、廣澤 遊太(東京)と赤星 勇樹(大阪)の全勝対決をお届けする。廣澤のデッキは青白トラフト、対する赤星は緑トロンを使い、ここまで全勝街道を走っている。


左:赤星 勇樹(大阪)  右:廣澤 遊太(東京)

ゲーム1

 先攻の廣澤はノーマリガンでキープ、対する赤星はワンマリガンでのスタート。

 廣澤が淡々と土地を置くのに対して、赤星は《探検の地図/Expedition Map(ZEN)》により《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant(9ED)》を持ってきて、トロンパーツを揃えていく。

 廣澤は赤星の3ターン目に《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique(MOR)》の能力で手札を覗き見る。公開された赤星の手札には《呪文滑り/Spellskite(NPH)》、《大祖始の遺産/Relic of Progenitus(ALA)》などがあるのみで、脅威となるカードが無かったため、そのままにすることを選択した。

 次のターン廣澤は《血清の幻視/Serum Visions(5DN)》で手札を整えたうえで、《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》を戦場に出した。手札に軽い《マナ漏出/Mana Leak(M12)》、《呪文嵌め/Spell Snare(DIS)》などのカウンターがあるものの、先ほど《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique(MOR)》で確認した際に脅威となるカードが無かったため、クロックを追加することを選択した。これで、次のターンに、これらのクリーチャーが除去されなければ、軽量カウンターを構えたクロックパーミッションの体制をとることに成功したことになる。

強烈なプレッシャー

 赤星は、場のプレッシャーに対する解決策となるカードを引けておらず、《森の占術/Sylvan Scrying(10E)》で手に入れた《ウルザの鉱山/Urza's Mine(9ED)》を置き、《呪文滑り/Spellskite(NPH)》を出すといった地味なアクション。

 こうなると廣澤の優位は動かない。《四肢切断/Dismember(NPH)》を《呪文滑り/Spellskite(NPH)》に打ちブロッカーを排除し、《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique(MOR)》、《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》、《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》から出た3/3トークンで攻撃し、赤星のライフは残り10。《地盤の際/Tectonic Edge(WWK)》で《ウルザの塔/Urza's Tower(9ED)》を破壊し、完全に蓋をした格好だ。

 赤星の一縷の望みをかけた《紅蓮地獄/Pyroclasm(M10)》も当然《マナ漏出/Mana Leak(M12)》で打ち消し、廣澤は1ゲーム目に勝利した。

赤星 0-1 廣澤

ゲーム2


赤星 勇樹

 2ゲーム目、先攻の赤星は《ウルザの鉱山/Urza's Mine(9ED)》から《探検の地図/Expedition Map(ZEN)》をプレイするという上々の立ち上がり。2ターン目は《森/Forest(THS)》をセットし、《探検の地図/Expedition Map(ZEN)》で《ウルザの塔/Urza's Tower(9ED)》をサーチするのに費やし、3ターン目に《防御の光網/Defense Grid(9ED)》。カウンターを実質無効化するこのカードはキーとなるが、廣澤はしっかりと《無効/Annul(THS)》を構えており、叶わず。

 対する廣澤は少考する。手札の《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》を出すべきか否か。次のターンにウルザ土地3種が整う可能性はある。はっきり言ってしまえば、揃って《解放された者、カーン/Karn Liberated(NPH)》あたりを出されるとゲームエンドとほぼ同義である。しかしながら、クロックをかけないとゲームに勝てない。相手の手札に《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant(9ED)》はあるのか無いのか。

 廣澤は「無い」と読み、《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》を出すことを選択した。おそらく、赤星が2ターン目にセットした土地が《森/Forest(THS)》であり、かつその《森/Forest(THS)》を活用したプレイが無かったことより、手札に《森/Forest(THS)》しか土地がなく仕方なく出したものだ、つまり《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant(9ED)》は無いという推論だったのであろう。

 実際、赤星の手札には《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant(9ED)》は無く、《忘却石/Oblivion Stone(MRD)》を出すにとどまる。これにより廣澤はまたもクロックパーミッション戦略を成就させた。《地盤の際/Tectonic Edge(WWK)》で《ウルザの塔/Urza's Tower(9ED)》を破壊するといった、1ゲーム目と同じような展開。《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》と4/4天使・トークンのセットでの攻撃2回と、それに《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》も加わった攻撃で赤星のライフを削りきった。

赤星 0-2 廣澤

廣澤 遊太

 廣澤、初日全勝まであと1勝!!

前の記事: 【戦略記事】 第7回戦時点・全勝者のデッキ分布 | 次の記事: 【戦略記事】 モダン手練のデッキ選択は?
グランプリ・神戸2014 一覧に戻る