マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第12回戦:杉山 雄哉(広島) vs. 赤星 勇樹(大阪)

【観戦記事】 第12回戦:杉山 雄哉(広島) vs. 赤星 勇樹(大阪)

By Sugiki, Takafumi

 第12回戦のフィーチャーマッチ・テーブルはともに1敗同士の杉山と赤星。杉山はプロツアー2回連続トップ8の市川ユウキ(東京)の盟友であり、プロツアーサンデーのニコニコ生放送でもデッキ調整の過程なども交えながらの解説をしてくれた。

杉山のデッキは青赤双子。市川と共に調整したデッキのようだ。対する赤星は緑トロン。


左奥:杉山 雄哉(広島)  右手前:赤星 勇樹(大阪)

ゲーム1

 先攻の杉山は、コンボデッキらしく《血清の幻視/Serum Visions(5DN)》で手札を整えるスタート。対する赤星も《ウルザの鉱山/Urza's Mine(9ED)》、《古きものの活性/Ancient Stirrings(ROE)》から《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant(9ED)》と最速でトロンを集めていく。

 3ターン目、杉山は自分のターンには土地を置くのみでターンを返し、赤星のターンのアップキープに《詐欺師の総督/Deceiver Exarch(NPH)》をプレイ。《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant(9ED)》を対象にタップ能力を使い、爆発的なマナ加速を少しでも軽減させる。赤星は、相手の手札に《欠片の双子/Splinter Twin(ROE)》があればゲームが終わってしまうのだが、だからといって構えていても意味がないため、トロンを揃えたうえで《忘却石/Oblivion Stone(MRD)》をプレイ。

 杉山の4ターン目、《欠片の双子/Splinter Twin(ROE)》は手札になく、《詐欺師の総督/Deceiver Exarch(NPH)》で攻撃するのみでターンを返す。

 対する赤星も8マナを使えるのではあるが、カウンターを警戒しまた《忘却石/Oblivion Stone(MRD)》を起動するためにも、大きなアクションを起こさずターン終了を宣言する。そこで、杉山は《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique(MOR)》を場に出し、赤星の手札を確認する。手札には温存してあった《解放された者、カーン/Karn Liberated(NPH)》が控えており、ライブラリーの下へ。これで杉山は赤星の手札に大きな脅威が残っていないことが確認できた。杉山の戦場には《詐欺師の総督/Deceiver Exarch(NPH)》、《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique(MOR)》とダメージクロックが形成され、赤星へ《忘却石/Oblivion Stone(MRD)》の起動を迫る。


杉山 雄哉

 杉山は5ターン目、ついに《欠片の双子/Splinter Twin(ROE)》をドロー。しかしながら《忘却石/Oblivion Stone(MRD)》があるためコンボを決めることはできず、《詐欺師の総督/Deceiver Exarch(NPH)》と《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique(MOR)》で攻撃するのみ。赤星は《森の占術/Sylvan Scrying(MRD)》をプレイし、《ウギンの目/Eye of Ugin(WWK)》を入手、そのままプレイ。爆発的なマナを活用できる大型クリーチャーのサーチ手段を手に入れる。

 これで杉山も悠長な構えを取れなくなった。杉山はなんとか《忘却石/Oblivion Stone(MRD)》を起動してもらい、コンボを決められる体制を作りたい。そこで《詐欺師の総督/Deceiver Exarch(NPH)》の追加をプレイ、《忘却石/Oblivion Stone(MRD)》をタップしようとする。そこで、赤星は当然《忘却石/Oblivion Stone(MRD)》の能力をプレイ。杉山は枚数的に不利な交換と引き換えにコンボ阻害要素を排除。

 そのプレイに応えるように《詐欺師の総督/Deceiver Exarch(NPH)》をトップから引き込む。対する赤星が唱えた《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn(ROE)》の追加ターンでの攻撃を《詐欺師の総督/Deceiver Exarch(NPH)》の能力で阻害してみせた。

 手札に《欠片の双子/Splinter Twin(ROE)》もあることから、勝ちまであと一歩までたどり着いたのだが、赤星からは無情の《全ては塵/All Is Dust(ROE)》。杉山は投了を余儀なくされた。

杉山の健闘も全て塵に
杉山 0-1 赤星

ゲーム2

 2ゲーム目は、杉山が《古えの遺恨/Ancient Grudge(ISD)》で赤星の《探検の地図/Expedition Map(ZEN)》、《倦怠の宝珠/Torpor Orb(NPH)》を破壊し、赤星も《自然の要求/Nature's Claim(WWK)》で杉山の《呪文滑り/Spellskite(NPH)》を破壊する立ち上がり。

 杉山が《血染めの月/Blood Moon(9ED)》をプレイして赤星のトロンを封じ込め、次のターンには《やっかい児/Pestermite(LRW)》と有利な体制を築く。対する赤星も《忘却石/Oblivion Stone(MRD)》を引き込んでおり、《血染めの月/Blood Moon(9ED)》の呪縛から放たれる目処が立つか......と思いきや、杉山からは2枚目の《古えの遺恨/Ancient Grudge(ISD)》。盤面は杉山に相当傾いている。

 数回の《やっかい児/Pestermite(LRW)》での攻撃の後、《やっかい児/Pestermite(LRW)》をもう一体追加したうえで《欠片の双子/Splinter Twin(ROE)》をプレイ。赤星は《焼却/Combust(M11)》を回答として持っており、コンボは不成立。それどころか、赤星が次のターンに7枚の土地をおもむろにタップし場に出したのは《解放された者、カーン/Karn Liberated(NPH)》! 杉山は《やっかい児/Pestermite(LRW)》を除去されコンボの望みが消えてしまう。


赤星 勇樹

 杉山はコンボがダメならということで、サイドインした《雷口のヘルカイト/Thundermaw Hellkite(M13)》をプレイ。《解放された者、カーン/Karn Liberated(NPH)》を攻撃し、タダでは終わらせない。

 しかし、赤星のドローが相当に強い。2枚目の《忘却石/Oblivion Stone(MRD)》をプレイしターン終了。《血染めの月/Blood Moon(9ED)》と《雷口のヘルカイト/Thundermaw Hellkite(M13)》を除去できるこのタイミングではベストなカードだ。杉山が次のターンに《雷口のヘルカイト/Thundermaw Hellkite(M13)》を攻撃に繰り出したところで、赤星は当然《忘却石/Oblivion Stone(MRD)》を起動。これでようやくトロンの力が開放された。

攻防に活躍する一手

 杉山は《血清の幻視/Serum Visions(5DN)》、《手練/Sleight of Hand(9ED)》でドローを掘り進めるが、盤面にインパクトを与えられるカードを引き込めない。赤星がトロンの力を借りて《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn(ROE)》のプレイにに手を届かせたところで、杉山は負けを悟り投了した。

杉山 0-2 赤星

前の記事: 【観戦記事】 第11回戦:行弘 賢(和歌山) vs. 森 勝洋(東京) | 次の記事: 【観戦記事】 第13回戦:橘 健太郎(東京) vs. 市川 ユウキ(神奈川)
グランプリ・神戸2014 一覧に戻る