マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準々決勝:山田 拓也(滋賀) vs. 三田 星平(鹿児島)

【観戦記事】 準々決勝:山田 拓也(滋賀) vs. 三田 星平(鹿児島)

by Hisaya Tanaka

 準々決勝の組み合わせは、スイスラウンド1位突破を果たした三田 星平と、オポネントマッチパーセンテージ争いを勝ち抜いた山田 拓也との対戦だ。三田は不戦勝0ながら初日を8勝1敗、2日目を5勝1分けと圧倒的なパフォーマンスを見せてポールポジションでのプレーオフ進出。一方の山田は、初日2敗から2日目を全勝し、いわゆる「サブマリン」でトップ8に滑り込んだ。

 まずジャッジから、両方のプレイヤーが同意した場合にのみ、デッキリストが互いに公開される旨の説明を受ける。お互い同時に希望を言ったところ、「(公開)する」「(公開)しない」となり、非公開での対戦となった。


準々決勝:山田 拓也(滋賀) vs. 三田 星平(鹿児島)

ゲーム1

 スイスラウンド1位の三田が手番選択の権利を持っているため、もちろん先手を選んでマリガンのチェック。少考した上でキープした三田に対して、山田もすぐにキープを宣言する。

 トリコロールの三田は《乾燥台地/Arid Mesa(ZEN)》、タルモツインの山田は《島》から《血清の幻視/Serum Visions(5DN)》で2枚を山札の底に送る立ち上がり。

 さらにフェッチランドを置きあい、3ターン目に三田は《神聖なる泉/Hallowed Fountain(RTR)》をアンタップでプレイしてターンエンド。山田も《踏み鳴らされる地/Stomping Ground(GTC)》をアンタップしてターンエンドの宣言をすると、ここに三田が《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique(MOR)》をプレイする。山田はちょっと考えると、スタックで《詐欺師の総督/Deceiver Exarch(NPH)》をプレイし、土地をアンタップして《稲妻/Lightning Bolt(M10)》で《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique(MOR)》を除去した上で、その能力で手札を公開した。

 山田の手札は2枚の《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》、《電解/Electrolyze(GPT)》、《よじれた映像/Twisted Image(SOM)》、《差し戻し/Remand(RAV)》。三田は山札にカードを戻さないことを選択し、アンタップを迎える。双子デッキだが、山田の手札に土地と《欠片の双子/Splinter Twin(ROE)》の両方がないことが確認できた三田は、《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》をプレイし盤面の優位を取りに行く。

 山田は《修復の天使/Restoration Angel(AVR)》を嫌って、確実に《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》を除去するためにメインで《電解/Electrolyze(GPT)》をプレイ。三田がトークンで攻撃を行い、《詐欺師の総督/Deceiver Exarch(NPH)》がブロックに回ったが、そこに三田の《電解/Electrolyze(GPT)》がヒット。トークンだけが盤面に残ることとなった。

 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》がプレイされ、《稲妻/Lightning Bolt(M10)》でトークンが除去されると、今度は三田の側に《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant(ALA)》が着地。トークンを出してターンを返す。

 このプレインズウォーカーをなんとかしないといけない山田は、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》に《よじれた映像/Twisted Image(SOM)》をプレイすると、そのまま攻撃。1/2を倒すために三田は《変わり谷/Mutavault(M14)》を起動してブロックすると、もう一回《よじれた映像/Twisted Image(SOM)》がプレイされてここは相打ち。三田が《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique(MOR)》をプレイすると、今まさに山田が引いた《欠片の双子/Splinter Twin(ROE)》が山札に送り込まれてしまう。

 《タルモゴイフ/Tarmogoyf(FUT)》を引いた山田だったが、三田は《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant(ALA)》のパワーアップ能力をプレイして攻撃を仕掛け始める。一度は《稲妻/Lightning Bolt(M10)》で凌いだのだが、《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant(ALA)》を除去するために出した2体の《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》が《電解/Electrolyze(GPT)》されてしまうと、山田に為す術はなくなってしまった。

山田 0-1 三田

ゲーム2

 お互いに7枚で始まり、山田はまたも1ターン目の《血清の幻視/Serum Visions(5DN)》からゲームスタート。同じく三田も《乾燥台地/Arid Mesa(ZEN)》を置いてターンエンドとなった。

 三田の3ターン目のアップキープに山田が《詐欺師の総督/Deceiver Exarch(NPH)》をキャスト。三田は《差し戻し/Remand(RAV)》で時間を稼ぐのだが、ここに山田の《血染めの月/Blood Moon(9ED)》が炸裂。

 《島/Island(M14)》がない三田はドローゴーを続けることしかできず、山田は《詐欺師の総督/Deceiver Exarch(NPH)》《タルモゴイフ/Tarmogoyf(FUT)》《殴打頭蓋/Batterskull(NPH)》と連打し、そのまま三田のライフを削りきった。

山田 1-1 三田

山田 拓也

ゲーム3

 このゲームも今までと同じく、3ターン目までは土地を置くだけの立ち上がり。先手の三田は、山田の3ターン目のエンドにフェッチランドを起動すると、今度は《血染めの月/Blood Moon(9ED)》をケアして《島》を持ってきながら《電解/Electrolyze(GPT)》をプレイヤーに打ち、4ターン目は《天界の列柱/Celestial Colonnade(WWK)》を置いてターンを返す。

 《タルモゴイフ/Tarmogoyf(FUT)》に対して《マナ漏出/Mana Leak(M12)》をプレイした三田。それは山田の《差し戻し/Remand(RAV)》で弾かれてしまうが、これは三田の想定内。返す刀で《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant(ALA)》をプレイして、盤面を抑えにかかる。

 もう1体の《タルモゴイフ/Tarmogoyf(FUT)》をプレイして、なんとか《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant(ALA)》を除去したい山田。対して三田は手札の《不忠の糸/Threads of Disloyalty(BOK)》を《否認》や《マナ漏出/Mana Leak(M12)》のバックアップでプレイしたのだが、土地が引けない。《タルモゴイフ/Tarmogoyf(FUT)》のサイズも大きくないため、《修復の天使/Restoration Angel(AVR)》とカウンターの両構えでターンを返す。

 《タルモゴイフ/Tarmogoyf(FUT)》の攻撃で《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant(ALA)》の忠誠カウンターが2つ減り、ターンエンドの《修復の天使》には《差し戻し/Remand(RAV)》をプレイされた三田。ここで《呪文嵌め/Spell Snare(DIS)》をドローし《差し戻し/Remand(RAV)》はケアできるようになったため、《不忠の糸/Threads of Disloyalty(BOK)》...の前にまずは《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》をプレイ。ところがここで山田が引いていたのは《謎めいた命令/Cryptic Command(LRW)》!

 《謎めいた命令/Cryptic Command(LRW)》で《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》をカウンターされた上に《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant(ALA)》をバウンスされてしまい。手札は8枚になりディスカードを強いられてしまう。

 《タルモゴイフ/Tarmogoyf(FUT)》の攻撃をトークンでチャンプして時間を稼いだ三田。山田の手札は5枚もあるが、目をつぶって《不忠の糸/Threads of Disloyalty(BOK)》をプレイする。山田は対応して《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》をプレイし、そこにも三田は《呪文嵌め/Spell Snare(DIS)》を唱える。

 これが通らなければほぼ詰み、という《呪文嵌め/Spell Snare(DIS)》。ところが山田は、手札を多く持ちながら《呪文嵌め/Spell Snare(DIS)》を通すこととなってしまう。残った手札は《欠片の双子/Splinter Twin(ROE)》と土地だけだったのだ。

 残りの手札が現状の有効牌でないとわかった三田は、《否認/Negate(M13)》を構えて《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant(ALA)》をプレイ。《天界の列柱/Celestial Colonnade(WWK)》に対処するために《血染めの月/Blood Moon(9ED)》がプレイされるが、残りライフが少ないために火力をケアしてこれを《否認/Negate(M13)》せずスルー。

 そしてパンプアップ能力で攻勢に転じると、土地を引き続けた山田は投了するしかなくなってしまった。

山田 1-2 三田
QF_mita.jpg
三田 星平が準決勝に進出!!

前の記事: 【観戦記事】 準々決勝:孫 博/Sun, Bo(中国) vs. 覚前 輝也(大阪) | 次の記事: 【観戦記事】 準決勝:赤星 勇樹(大阪) vs. 後藤 祐征(愛知)
グランプリ・神戸2014 一覧に戻る