マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】 グランプリ・神戸2015 写真小ネタ集(その2、VIPルーム)

【トピック】 グランプリ・神戸2015 写真小ネタ集(その2、VIPルーム)

by Yuichi Horikawa

 写真でグランプリ会場の様子を切り取るコラムです。その2では「プレインズウォーカーラウンジ」、最近のグランプリではよく見かけるようになったいわゆるVIPサービスをご紹介します。

 料金は通常のグランプリ参加費よりも高くなるものの、購入することによって様々なサービスを受けられるのです。つまり、ラウンド間の時間に快適な休憩という名のアドバンテージを得ることができるのです。

gpkobekoneta200.jpg

 まずは、入場パスから。茶色で高級感のある入場パスです。この入場パスだけ見ても、中の様子に期待が持てます。

gpkobekoneta201.jpg

 中に入ると、たくさんのイスと大きなモニターが目につきます。

 ラウンジはグランプリ本戦会場とはパーテーションで区切られています。そのため、会場の人の多さがウソのように、ラウンジの中は静かでした。

gpkobekoneta202.jpg

 イスはクッション性の高い座り心地の良いものです。静かな空間でこのイスに座ればマッチ間の短い時間でも、家でくつろいでいるようなリラックス感を味わえそうです。

gpkobekoneta203.jpg

 座ってみるとこんな感じです。まるで映画館にいるような心地よい空間でした。

gpkobekoneta204.jpg

 イスの横には、無料のドリンクが用意されています。

gpkobekoneta205.jpg

 飲み物の種類もなかなか豊富です。

gpkobekoneta206.jpg

 もちろんお弁当もついてきます。他にもボールペンや、無料貸し出しの携帯充電器もありました。

gpkobekoneta207.jpg

 食事をとるスペースもあり、黒と赤のモダンなテーブルでとてもオシャレです。

gpkobekoneta208.jpg

 他にもウェットティッシュやティッシュが用意されていました。

 うん、なるほど、さすがセレブ。


 細かいところまで気の利いたIPルーム、プレインズウォーカーラウンジ。

 グランプリの戦いは、こういった休息の取り方にまで及んでいるのかもしれません。

前の記事: 【トピック】 クリスティン・スプランクルとマジック | 次の記事: 【観戦記事】 第6回戦:瀧村 和幸(東京) vs. 津村 健志(東京)
グランプリ・神戸2015 一覧に戻る