マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第14回戦:諸藤 拓馬(福岡) vs. 吉田 新太朗(岡山)

【観戦記事】 第14回戦:諸藤 拓馬(福岡) vs. 吉田 新太朗(岡山)

By 矢吹 哲也

 2日目も終盤を迎え、トップ8へと進むプレイヤーの選別が行われている。勝負の世界はときに非情だ。初日に順風満帆な航海を進めても、ひとたび負けが重なればあっという間に追い詰められ、頂点への道を見失うことになる。

 だがそんな過酷な状況も、諸藤 拓馬にとってはどこ吹く風。観戦記事を取られることを知ると、「さっきと同じ席ですね!」と楽しそうだ。

 席は変わらないが、相手は変わる。諸藤の対面に座るのは、岡山の吉田 新太朗だ。国内グランプリへ精力的に参加を続ける彼は、今大会でもここまで1敗を守り、トップ8入賞へ突き進んでいる。


諸藤vs.吉田。ここでの勝利は、トップ8入賞への大きな一歩となるだろう。

ゲーム展開

 初手を見るなり、吉田がマリガンを宣言。6枚の手札をキープし、占術1を行ってゲームが始まった。

 先手の吉田が土地を置いてターンを渡すと、諸藤の初動は1ターン目《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker(DTK)》。そして2ターン目には《ドラゴンの餌/Dragon Fodder(ORI)》......と続けたところで、諸藤が吉田の盤面に並ぶ土地を見て気づいた。

「これマッチアップも同じですね!」

 そう、吉田のデッキは「エスパー・ドラゴン」。諸藤は第11回戦のフィーチャー・マッチでもこのデッキに当たり、打ち破っているのだ。

 既視感を覚える状況に嬉しそうな諸藤は、動かず構える吉田を後目に3ターン目には《軍族童の突発/Hordeling Outburst(KTK)》。瞬く間に盤面が溢れかえる。

 吉田はいまだに土地を並べるのみ。決して小さくないダメージを続けて受け、最後の攻撃に諸藤が《タイタンの力/Titan's Strength(ORI)》を見せると、ライフを確認した吉田はカードを片付けた。


真剣勝負を楽しむ諸藤に、カードが応える。

 一瞬にしてゲームを決められた吉田は、「勝敗まで再現ですか」と口の端を上げた。それに諸藤は、「またまた、サイドからバッチリ対策してるんでしょ?」と探る。

「(アタルカ・レッドと)当たらないことを想定して来たんですよねえ」と答えた吉田だが、その真偽はきっと次のゲームで明らかになるだろう。

 第11回戦と同様にサイドボードに悩み、「まだ2枚も抜かなきゃいけない」とこぼす諸藤に、吉田は「抜かなくても大丈夫ですよ」と軽口を飛ばす。賑やかにサイドボーディングを終えた両者は、再び勝負の世界へ突入した。


冗談は口にしながらも、「勝敗まで再現」させるわけにはいかない。吉田は取られたゲームを取り返すべく、真剣勝負に臨む。

 2ゲーム目も再び《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker(DTK)》で戦端を開く諸藤。吉田の手から《アラシンの僧侶/Arashin Cleric(FRF)》は繰り出されず、2点のダメージを通して《稲妻の狂戦士/Lightning Berserker(DTK)》を展開。

 そして吉田の土地が、2枚で止まった。彼は1ターン遅れて《アラシンの僧侶/Arashin Cleric(FRF)》を戦場に送り込んだが、諸藤はそれを《引き裂く流弾/Rending Volley(DTK)》で除去。第11回戦の再現に向けて着々と歩みを進める。《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker(DTK)》と《稲妻の狂戦士/Lightning Berserker(DTK)》で攻撃した諸藤は、《カラデシュの火、チャンドラ/Chandra, Fire of Kaladesh(ORI)》を盤面に加えた。ターンを迎えた吉田は土地を置くことができず、そのままターンを渡す。

 諸藤は全軍で攻撃し、さらにクリーチャーを加えつつ《カラデシュの火、チャンドラ/Chandra, Fire of Kaladesh(ORI)》を「変身」させることに成功する。《燃え盛る炎、チャンドラ/Chandra, Roaring Flame(ORI)》の[+1]能力で、吉田のライフを残り6点まで追い詰めた。

 ライブラリー・トップを引き寄せ、めくった吉田。だがそこに土地はなく、大一番で不運に見舞われた彼は投了の意思を告げたのだった。

諸藤 2-0 吉田

 諸藤、「エスパー・ドラゴン」を次々と撃破。トップ8入賞へ大きく前進した。

 そして吉田の戦いもまだ終わってはいない。グランプリ・神戸2015、予選最終ラウンドに望みをかける。

前の記事: 【観戦記事】 第13回戦:松本 悠希(東京) vs. 高平 俊輔(愛知) | 次の記事: 【トピック】 お父さんマジックプレイヤーにインタビュー
グランプリ・神戸2015 一覧に戻る