マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準々決勝:高平 俊輔(愛知) vs. Joe Soh(マレーシア)

【観戦記事】 準々決勝:高平 俊輔(愛知) vs. Joe Soh(マレーシア)

By Masashi Koyama

 予選ラウンド18回戦を終えてのトップ8プレイヤーのアナウンスは、プレイオフ進出瀬戸際のプレイヤーにとっては緊張の瞬間だ。

 だが、そんな緊張とは無縁の男がいる。

 予選ラウンドを14勝1分と圧倒的な成績で勝ち上がり、ポールポジションにつけた高平 俊輔だ。

 確かな実力と勢いを兼ね備え数々の強豪を打倒し、無敗での決勝ラウンド進出という快挙を成し遂げた。果たして、無敗でグランプリを終えることはできるだろうか。

 対するはタイブレークを制し、ギリギリ8位に滑り込んだジョー・ソー/Joe Sohだ。兄のテリー・ソー/Terry Sohとともにマレーシアの強豪プレイヤーとして知られている。

 最近はアジア圏のグランプリ主催者としても活動しており、アジアのマジックを引っ張る存在と言えるかもしれない。

 高平にソーが「《ドロモカの命令/Dromoka's Command(DTK)》はやめてね!」と笑いながら話しかける。同様に「今日負けたのは君にだけだからリベンジだね!」とも。

 リベンジか、返り討ちか。準々決勝が幕を開ける。


準々決勝 高平(写真左) vs ソー(写真右)
ゲーム1

 先手高平が1、2ターン目に《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree(FRF)》を連続で召喚するスタート。対するソーは《血に染まりし勇者/Bloodsoaked Champion(KTK)》、《刃の隊長/Chief of the Edge(KTK)》で対抗する。

 この《刃の隊長/Chief of the Edge(KTK)》と《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree(FRF)》が相打ちになったところで、ソーは《絹包み/Silkwrap(DTK)》と《マルドゥの悲哀狩り/Mardu Woe-Reaper(FRF)》を追加し、クロックを順調に伸ばしていく。

 高平は変異を召喚するが、返すソーの手札からは《マルドゥの急襲指揮者/Mardu Strike Leader(FRF)》が飛び出し、残りライフは7まで減少する。

 ソーは続くターン、少し考えて《血顎の憤怒鬼/Blood-Chin Rager(DTK)》を追加しターンエンド。これに高平は《究極の価格/Ultimate Price(RTR)》を合わせるが《勇敢な姿勢/Valorous Stance(FRF)》で回避する。

 マナをフルオープンで返す高平を前に、ソーは悩みつつも《マルドゥの急襲指揮者/Mardu Strike Leader(FRF)》を疾駆でプレイ。

 高平は冷静に《マルドゥの急襲指揮者/Mardu Strike Leader(FRF)》を《究極の価格/Ultimate Price(RTR)》で、《マルドゥの悲哀狩り/Mardu Woe-Reaper(FRF)》を《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》と《ドロモカの命令/Dromoka's Command(DTK)》で打ち取る。


スイスラウンド無敗、高平俊輔

 これで高平のライフは3まで減少するものの、ソーの戦力は《マルドゥの急襲指揮者/Mardu Strike Leader(FRF)》のトークンと《血に染まりし勇者/Bloodsoaked Champion(KTK)》のみとなり、高平は《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》をプレイ。

 これで続くターンまで持ちこたえることができれば、ライフは1まで削られながらも《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》のトークンで生き残れる算段だ。そう、あのカードが無ければ。

 それが分かっている高平はソーのアップキープに声をかける。

「ノー《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》!」

 そして、ソーは《吹きさらしの荒野/Windswept Heath(KTK)》を起動し、ライブラリーの一番上のカードをそっと覗きこむ。

 そのカードは《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》!

高平 0-1 ソー


マレーシアの強豪、ジョー・ソー
ゲーム2

 お互いにダブルマリガンの後、渋い顔で苦笑いしながらゲームがスタート。

 ゲームの初動はソーの《マルドゥの急襲指揮者/Mardu Strike Leader(FRF)》を高平が《アブザンの魔除け/Abzan Charm(KTK)》で除去するという、お互い本調子とは程遠いもの。

 だが、続くターンに祈るようにドローをしたソーが《平地》を叩きつけると、手札からは1ゲーム目を決めた《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》!

 これに対処できない高平は《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》で対抗するが、ソーの手札からは出番を待っていた《絹包み/Silkwrap(DTK)》が。

 さらに《血顎の憤怒鬼/Blood-Chin Rager(DTK)》《マルドゥの急襲指揮者/Mardu Strike Leader(FRF)》が追加されると、もはや盤面の逆転は不可能に。

 結局、土地を引き続けていた高平は、お手上げとばかりに手札から2枚の《樹木茂る山麓/Wooded Foothills(ONS)》を公開したのだった。

高平 0-2 ソー

ジョー・ソーが準決勝進出!

前の記事: 【トピック】 グランプリ・神戸2015 トップ8プレイヤープロフィール | 次の記事: 【観戦記事】 準々決勝:大川 明宏(兵庫) vs. 千葉 晶生(北海道)
グランプリ・神戸2015 一覧に戻る