マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準々決勝:大川 明宏(兵庫) vs. 千葉 晶生(北海道)

【観戦記事】 準々決勝:大川 明宏(兵庫) vs. 千葉 晶生(北海道)

By Hisaya Tanaka

 多くの参加者で行われたグランプリ・神戸2015も残り8人まで絞られた。4割を超える使用率を誇ったアブザンの海を勝ち抜いたのはたったの8人。そのテーブルに見事つくことができたうちの一人が、北海道の千葉晶生。プロツアーなどでも安定した成績を残すことが多いプレイヤーだ。このグランプリではエスパー・コントロールを使用して、この席を勝ち取った。

 対する大川明宏は白黒トークン。使用率の少ないデッキで見事にここまで勝ち残りトップ8にたどり着いた。果たして、グランプリの頂点に歩を進めるのはどちらのプレイヤーか。

qf_ookawa_chiba.jpg
ゲーム1

 スイスラウンドで上位だった千葉が先攻を選んでゲームの開始となった。7枚を確認してオッケーサインでキープを伝えると、対する大川はマリガンを宣言。6枚を見て今度はキープとなると、占術で《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid(ORI)》を上に確認して、ゲーム開始となった。

 千葉は即キープだけあって、《乱脈な気孔/Shambling Vent(BFZ)》《溢れかえる岸辺/Flooded Strand(KTK)》とプレイすると《島》を持ってきて《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》という素晴らしい立ち上がり。一方の大川は、《平地》2枚から《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid(ORI)》でスタート。

 《汚染された三角州/Polluted Delta(KTK)》を起動して2つ目の青マナを確保した千葉は、《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》を起動せずにエンド。大川の2枚目の《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid(ORI)》を《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》を見せつつ《シルムガルの嘲笑/Silumgar's Scorn(DTK)》でカウンター。大川は仕方なく《沼》を置いてエンドとなってしまう。

 続いてメインで《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》を起動した千葉。《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》を捨ててプレインズウォーカーへと変身させると、[+1]能力を起動して大川の攻撃の手を抑制し、そのまま4マナ目を置きターンを返す。

 4マナフルオープンでターンを返された大川は、少考ののちに《コイロスの洞窟/Caves of Koilos(ORI)》を置き《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》をプレイ。するとこれが通って、トークンを生成することに成功する。

 打ち消されなかった《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》だったが、これは大川のターン終了時に《完全なる終わり/Utter End(KTK)》で除去され、盤面には千葉の《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》が登場した。

 大川は《乱脈な気孔/Shambling Vent(BFZ)》を置くだけでターンエンド。千葉はここぞと《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》で攻撃を試みると、大川は祈りつつ墓地を1枚追放しての《残忍な切断/Murderous Cut(KTK)》。しかしこれは《意思の激突/Clash of Wills(ORI)》でカウンターされ、仕方なく返しのターンに《破滅の道/Ruinous Path(BFZ)》で除去をさせられることとなってしまった。

 しかし千葉には《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon(DTK)》があり、この除去は一時しのぎにしかならない。たった今除去された《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》を回収すると、ふたたび盤面に。この最中もずっと《束縛なきテレパス、ジェイス/Jace, Telepath Unbound(ORI)》が忠誠カウンターを貯めていく。

 トークンでチャンプアタックを行い《風番いのロック/Wingmate Roc(KTK)》を繰り出すも、《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》をダブルブロックにいった際には《完全なる終わり/Utter End(KTK)》で対処されてしまい、どんどんと千葉の優位が築かれていく。

 大川は、最後の望みをかけて《荒野の確保/Secure the Wastes(DTK)》《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited(BFZ)》と連続でプレイするも、《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》の能力でカードを確保した千葉が両方をカウンターすると、大川は投了を宣言した。

大川 0-1 千葉


大川 明宏
ゲーム2

 今度は二人ともが7枚をキープでゲームが開始される。大川は2ターン目に《強迫/Duress(DTK)》で千葉の手札を確認すると、そこには

  • 《意思の激突/Clash of Wills(ORI)》
  • 《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》
  • 《沼》
  • 《大草原の川/Prairie Stream(BFZ)》
  • 《窪み渓谷/Sunken Hollow(BFZ)》
  • 《悪性の疫病/Virulent Plague(DTK)》

とあり、そこから今後の脅威となる《悪性の疫病/Virulent Plague(DTK)》を捨てさせることに成功する。

 対する千葉は、《汚染された三角州/Polluted Delta(KTK)》を引くとすぐに《島》を持ってきて《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》。今見られた手札を整理していきたいところだ。

 大川は《絹包み/Silkwrap(DTK)》で《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》を除去し土地を置くと、3マナオープンでターンを返してきた千葉に対して、さらに4マナオープンでターンを返す。

 訝しげにしながら千葉も4マナ目を置いてターン終了を宣言するが、大川は青マナを残して《荒野の確保/Secure the Wastes(DTK)》をX=2でプレイ。千葉はそれをスルーして、返しの大川の《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》に《意思の激突/Clash of Wills(ORI)》を合わせるも、やはり持っていた《払拭/Dispel(BFZ)》で《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》が着地してしまう。

 千葉は即座に《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》をプレイして、この《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》にプレッシャーをかけに行く。

 大川はトークンを出してターンを返し、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》に攻撃をしてきた《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》に《完全なる終わり/Utter End(KTK)》をプレイするのだが、千葉は《シルムガルの嘲笑/Silumgar's Scorn(DTK)》をプレイして、被害が少ない間に《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》を除去することに成功。仕方なく大川は《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》をX=2でプレイ。少しでもパーマネントを展開していく。

 ところがここに登場したのは《漂う死、シルムガル/Silumgar, the Drifting Death(FRF)》。多くのプレイヤーがエスパー・ドラゴンには《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar(DTK)》を採用する中、千葉が使用しているこのカードは多くのクリーチャーを屠ってきたに違いない。ここでもその能力が発揮され、まず戦士・トークンが除去されてしまう。

 翌ターンの2体のドラゴンの攻撃に対して、大川は《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》のカウンターを増やさずに-2/-2修整による除去を受け入れ、飛行機械・トークン2体はそのままドラゴンへのチャンプブロックに回す。千葉は《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》をプレイしてターン終了。

 大川はカードを引くもそのままターン終了。千葉は《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》を《束縛なきテレパス、ジェイス/Jace, Telepath Unbound(ORI)》に変身させると、《シルムガルの嘲笑/Silumgar's Scorn(DTK)》に「フラッシュバック」を付けてから攻撃を開始。

 もう後がない大川だが、ターンをもらいライブラリのトップカードを見ると、そのまま投了となってしまった。

 準決勝進出は千葉 晶生!!

大川 0-2 千葉


千葉 晶生

前の記事: 【観戦記事】 準々決勝:高平 俊輔(愛知) vs. Joe Soh(マレーシア) | 次の記事: 【観戦記事】 準々決勝:高尾 翔太(東京) vs. Pavel Matousek(チェコ)
グランプリ・神戸2015 一覧に戻る