マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】 グランプリ・神戸2015 写真小ネタ集(その4、お絵描き選手権)

【トピック】 グランプリ・神戸2015 写真小ネタ集(その4、お絵描き選手権)

by Yuichi Horikawa

 写真でグランプリ会場の様子を切り取るコラムです。

 その4では、ステージイベントのお絵かき選手権の模様をお届けします。

お絵かき選手権とは?

 お題として出されたマジックのカードのイラストを、誰が一番うまく描けているのかを競うイベントです。
 お絵かき選手権で「お題」として出されるのは「カードの名前だけ」なので、どれだけそのカードのイラストを覚えているのかもポイントになります。

 最近では、国内のグランプリでも恒例になってきた人気のイベントです。
 今回の参加者は、挙手した観客の中から司会の方が選ぶ方式で選出されました。

oekaki1.jpg

 さっそく、お絵かき選手権が始まりました。
 選手の衣装もなかなか個性的です。

 おや、どうも1名見たことのあるような方が、選手として混じっています。

oekaki2.jpg

「今回のお題は《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang(FRF)》です。」
と司会の方が言ったところ、選手からツッコミが。

 そうです。
 彼は《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang(FRF)》のイラストを描いたアーティストのクリス・ラーンさん(Chris Rahn)です。

oekaki3.jpg

 制作時間は3分。
 クリス・ラーンさんもさっそく絵を描いていきます。

 やはりそこはプロ。ペンを握ると一気に雰囲気が変わり、絵に集中しています。

oekaki4.jpg

 他の方も悩みながら、絵を描いています。

oekaki5.jpg

 そして3分後、できあがったクリス・ラーンさんのタシグルです。
「はやく描くのは得意じゃないんだよ」
 と恥ずかしそうに絵を掲げていました。

oekaki10.jpg

 他の方のタシグルは、こんなイラストでした。
 みなさん、なかなかお上手です。
 向かって一番右の方は「もっとたくさんお題が出ると思って小さく描いちゃいました」とのことでした。

oekaki6.jpg

 このような流れで、このあともお絵かき選手権は続きました。

 せっかくなので、他のお題のイラストもご紹介します。

oekaki7.jpg

 こちらは《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》のイラストです。
 グランプリ・神戸の会場では、4000枚以上がプレイヤーによって使用されたといわれる、今のスタンダードを代表するカードのひとつですね。

oekaki9.jpg

 最後に紹介するのは《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon(FRF)》のイラストです。
 どのイラストも、なかなかすばらしいです。

 お絵描き選手権は、ペンと紙さえあればできるイベントですので、一度ご友人と一緒にやってみるのも面白いかもしれませんね。

前の記事: 【観戦記事】 準々決勝:中村 修平(大阪) vs. 諸藤 拓馬(福岡) | 次の記事: 【観戦記事】 準決勝:千葉 晶生(北海道) vs. Joe Soh(マレーシア)
グランプリ・神戸2015 一覧に戻る