マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準決勝:千葉 晶生(北海道) vs. Joe Soh(マレーシア)

【観戦記事】 準決勝:千葉 晶生(北海道) vs. Joe Soh(マレーシア)

By 宮川 貴浩

 決勝進出をかけた大一番で火花を散らすのは、北の大地北海道からやってきた千葉と、マレーシアの刺客ジョー・ソー/Joe Soh。千葉は2度のプロツアー出場経験のある強豪であり、ソーもグランプリ・台北2014でトップ8に入っている。

 千葉のデッキ選択は、カードパワーが約束され、アブザンにも有利に戦えると言われている「エスパー・ドラゴン」。対するソーは、ずばり「使って楽しかったから!」という理由で「白黒戦士」を選んだ。だが、《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke(KTK)》や《否認/Negate(ORI)》をサイドボードに忍ばせるなど、調整に抜かりはない。

 ソーの矛が千葉を貫き通すのか、はたまた千葉の盾が全てをはじき返すのか。決勝の舞台に立つのは、どちらだ。

ゲーム1

 先手の千葉は1マリガン。戦いの火蓋を切って落としたのは、ソーの《刃の隊長/Chief of the Edge(KTK)》だった。

 《苦い真理/Painful Truths(BFZ)》で手札を補充するもののライフの損失が痛い千葉に対し、ソーは2枚目の《刃の隊長/Chief of the Edge(KTK)》を追加して畳みかける。千葉は1度アタックを受けた後、《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》を公開しながらの《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation(DTK)》でこれに応じた。

 だが、ソーはすぐさま《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》を着地させ、攻撃の手を緩めない。これには、千葉が送り出した《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》もブロックに回さざるを得なくなる。

今大会の主役、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》。今後も彼を中心にメタゲームは展開するだろう。

 メインフェイズの《完全なる終わり/Utter End(KTK)》で《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》こそ対処した千葉だったが、ここに《マルドゥの急襲指揮者/Mardu Strike Leader(FRF)》が疾駆で登場。ブロックした《刃の隊長/Chief of the Edge(KTK)》も、《勇敢な姿勢/Valorous Stance(FRF)》によって守られる。


猛攻が止む気配を見せないソー。鋭い眼光で相手を見据える。

 千葉は《シルムガルの嘲笑/Silumgar's Scorn(DTK)》で2度目の《マルドゥの急襲指揮者/Mardu Strike Leader(FRF)》は許さず、《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation(DTK)》でなんとか延命しようと目論む。


千葉も諦めてはいない。ここまでにもピンチは幾度となく切り抜けてきた。

 しかし、ソーの《勇敢な姿勢/Valorous Stance(FRF)》が再び《刃の隊長/Chief of the Edge(KTK)》を生き残らせた。そして、ブロッカーとして出した《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》を《絹包み/Silkwrap(DTK)》で除去されると、千葉のライフはぴったり0になった。

千葉 0-1 ソー

ゲーム2

 先攻をとった千葉は、《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》の先置きに成功する。一方のソーは、戦場にクリーチャーが展開されない。

 千葉は普通に唱えられた《マルドゥの急襲指揮者/Mardu Strike Leader(FRF)》を《シルムガルの嘲笑/Silumgar's Scorn(DTK)》で打ち消し、《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》を《束縛なきテレパス、ジェイス/Jace, Telepath Unbound(ORI)》へと変身させる。さらには《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》を唱え、一気にアドバンテージの差を広げた。

 ところが、ソーが《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》を着地させると、千葉の表情が険しくなる。

 《束縛なきテレパス、ジェイス/Jace, Telepath Unbound(ORI)》の[+1]能力で耐えながら《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》を展開する千葉に対し、ソーは《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》をクリーチャー化し、《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》の忠誠度を減らしにかかる。

 《荒野の確保/Secure the Wastes(DTK)》、《完全なる終わり/Utter End(KTK)》という呪文の応酬の末、ソーの《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》は追放されるが、千葉も戦士・トークンの攻撃で《束縛なきテレパス、ジェイス/Jace, Telepath Unbound(ORI)》を失った。

 千葉が2枚目の《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》を出すと、今度はソーのアタックが止まる。千葉も《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》を立たせたままターンを返し、試合はにらみ合いの様相を呈してきた。


虎視眈々と勝機をうかがう両者。先に仕掛けるのはどちらか。

 試合を動かしたのは、やはりこのカードだった。勝負に出たソーが《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》を唱えると、これが通る。ソーは即奥義を使うかトークンを出すか悩んだ末、トークンを出して盤面を強化した。

 千葉は《完全なる終わり/Utter End(KTK)》で《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》を処理しようとするが、ここでソーの《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke(KTK)》が放たれる。

マナ基盤が非常に充実している今、もはやどんなデッキから飛んできてもおかしくないこのカード

 仕方なく《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》のアタックで《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》を落とす千葉だが、これでついにノーガードになる。

 千載一遇のチャンスに、ソーは《マルドゥの急襲指揮者/Mardu Strike Leader(FRF)》を疾駆させ、全軍でアタックを敢行した。千葉は《乱脈な気孔/Shambling Vent(BFZ)》で《マルドゥの急襲指揮者/Mardu Strike Leader(FRF)》と相打ちを取るが、《束縛なきテレパス、ジェイス/Jace, Telepath Unbound(ORI)》を倒され、ライフも攻められる。

 千葉は《勇敢な姿勢/Valorous Stance(FRF)》を撃たれた《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》の2体目をすぐ用意したが、墓地から戻ってくる《血に染まりし勇者/Bloodsoaked Champion(KTK)》には《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation(DTK)》も一時しのぎにしかならない。

 このまま勝負を決めたいソー。再度《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》に向けた《勇敢な姿勢/Valorous Stance(FRF)》は《シルムガルの嘲笑/Silumgar's Scorn(DTK)》によってはじかれるが、先ほども勝利のカギとなった《刃の隊長/Chief of the Edge(KTK)》の着地で一気に打点を跳ね上げることに成功し、とうとう千葉を押し切った。

千葉 0-2 ソー

 対照的なデッキ同士の対戦を制したのは、ソー。最強の矛をもつ男が、一足先に決勝進出を決め、相手を待ち受ける。

前の記事: 【トピック】 グランプリ・神戸2015 写真小ネタ集(その4、お絵描き選手権) | 次の記事: 【観戦記事】 準決勝:高尾 翔太(東京) vs. 諸藤 拓馬(福岡)
グランプリ・神戸2015 一覧に戻る