マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準決勝:高尾 翔太(東京) vs. 諸藤 拓馬(福岡)

【観戦記事】 準決勝:高尾 翔太(東京) vs. 諸藤 拓馬(福岡)

By 矢吹 哲也

 そして4度目である。準決勝で諸藤 拓馬が対峙する高尾 翔太が選択したのは「『エスパー』・メンター」。これで諸藤は、ここまで8回戦にわたる2日目の実に半分を、エスパー・カラーと戦うことになった。

 それにしても、高尾がエスパー・カラーを使っている姿を見ると、彼が準優勝という成績を収めたグランプリ・静岡2014を思い出す。そう、ここに至って「既視感」は諸藤だけのものではなくなった。ここまでの3戦を再現し諸藤がまたもエスパーを打ち破るのか、それともエスパーを駆る高尾が、グランプリ・静岡2014を再現し決勝へ進出するのか。最後まで目が離せない。

......とはいえマジックは別に、超常現象が関わるゲームではない。ここで勝敗を分けるのは、両者のデッキ選択と的確なプレイ、そしてほんの少しの運だ。

 高尾のリストを声に出して読み上げ、分析する諸藤。長い戦いを続けて疲労はあるはずだが、マシンガン・トークが止まらない。既知の間柄である両者はそれぞれのデッキについて有利な点と不利な点を意見交換し、まるで大会前の調整会を行っているようだ。

 だがここは間違いなく、グランプリ準決勝の舞台。おしゃべりに興じる両者からも確かな気迫は感じられる。見ているこちらが緊張し、居ずまいを正さずにはいられない。


高尾vs.諸藤。両者ともに、自身初のグランプリ・タイトル獲得に向けて、あとふたつ。

ゲーム展開

 1ターン目からお互いの動きが交錯する。《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker(DTK)》の諸藤に対して、高尾は《強迫/Duress(DTK)》で《焦熱の衝動/Fiery Impulse(ORI)》を抜き去った。

 2ターン目に《ドラゴンの餌/Dragon Fodder(ORI)》を唱えて盤面を強化した諸藤は、高尾の繰り出した《道の探求者/Seeker of the Way(KTK)》に《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker(DTK)》1体で攻撃。さらに《ドラゴンの餌/Dragon Fodder(ORI)》を唱え、ゴブリンの群れを作り上げた。ターンを迎えた高尾は少考し、《蔑み/Despise(KTK)》を放つ。これで諸藤の手札に残った《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep(ORI)》も墓地へ送り、彼の手札を土地1枚にした。

高尾の手札破壊が諸藤のリソースを奪う

 高尾は《道の探求者/Seeker of the Way(KTK)》の絆魂でライフを回復するものの、諸藤の盤面はそれを上回っている。しかし2枚目の《道の探求者/Seeker of the Way(KTK)》と《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》を加えた高尾は、除去も交えてダメージ・レースを有利に持ち込んだ。

 一方、ここに来て土地を引き続ける諸藤。何やらオカルティックな話をしながらマナ・フラッドを嘆いたが、高尾の《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》が[+1]能力で戦線に加わると、投了を宣言した。


的確なプレイで試合の流れを引き寄せる高尾。

 サイドボーディングに悩む諸藤は、ついに対戦相手の高尾に口頭でサイド・プランを相談した。高尾も話を聞き、アドバイスを送る奇妙な光景。「だましとらんよね、これホントかな」と首を傾げつつ言う諸藤に、高尾は「いや、そんなの自己責任でしょ」と笑う。

 両者キープで始まる2ゲーム目。今度は両プレイヤーともゆっくりとした立ち上がり。諸藤は初動《軍族童の突発/Hordeling Outburst(KTK)》から《ドラゴンの餌/Dragon Fodder(ORI)》と続け、ゴブリンを展開した。高尾はそれに《僧院の導師/Monastery Mentor(FRF)》で立ち向かうが、諸藤の《引き裂く流弾/Rending Volley(DTK)》がそれを取り去り、《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep(ORI)》で《僧院の速槍/Monastery Swiftspear(KTK)》をめくると一挙6点のダメージを通した。

 これで残りライフが10点となった高尾は、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》からトークンを生み出し、防御に入る。だが諸藤はまたしても《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep(ORI)》から《僧院の速槍/Monastery Swiftspear(KTK)》を手に入れ、プレイヤー本体に総攻撃を仕掛けた。

 残りライフ1点と首の皮1枚繋いだ高尾は、同盟者・トークンを増やしてターン・エンド。諸藤は再び全軍で攻撃。盤面をしばし眺めた高尾だが、膨れ上がった諸藤の軍勢を抑えるすべは見出だせなかった。


終始笑顔を絶やさず、ゲームを取り返した諸藤。

 迎えた3ゲーム目、ここで高尾がマリガンを喫した。6枚の手札でキープすると、ライブラリー・トップを底へ送る。

 このゲームも諸藤はじっくりと構え、3ターン目《カラデシュの火、チャンドラ/Chandra, Fire of Kaladesh(ORI)》から動き出した。高尾はそれを《残忍な切断/Murderous Cut(KTK)》で除去すると、《道の探求者/Seeker of the Way(KTK)》でクロックを作る。

 だがその返しに諸藤の盤面に繰り出されたのは、《前哨地の包囲/Outpost Siege(FRF)》!「カン」モードで毎ターン扱えるカードを増やした諸藤は、《僧院の速槍/Monastery Swiftspear(KTK)》を戦場に送り出して、さらに《ドラゴンの餌/Dragon Fodder(ORI)》を唱えると、アンタップ状態の「変異」クリーチャーを残す高尾の盤面に切り込む。

 高尾はその攻撃を受けることを選択。すると諸藤は《乱撃斬/Wild Slash(FRF)》と《焦熱の衝動/Fiery Impulse(ORI)》を立て続けに撃ち込み、高尾の戦場にて「変異」していた《層雲の踊り手/Stratus Dancer(DTK)》を除去しつつ、4点のダメージを通した。

 残りライフ13点となった高尾だが、《道の探求者/Seeker of the Way(KTK)》を加えるのみでターン・エンド。《前哨地の包囲/Outpost Siege(FRF)》で《ドラゴンの餌/Dragon Fodder(ORI)》を追放した諸藤は、さらに《僧院の速槍/Monastery Swiftspear(KTK)》を戦線に加えてから《ドラゴンの餌/Dragon Fodder(ORI)》を唱え、「面」での攻撃を続けた。高尾は3枚目の《道の探求者/Seeker of the Way(KTK)》を引き込み、防衛に回る。

 そして。再びの《前哨地の包囲/Outpost Siege(FRF)》が《アタルカの命令/Atarka's Command(DTK)》をめくり、続けて繰り出された《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep(ORI)》が《軍族童の突発/Hordeling Outburst(KTK)》を見せると、諸藤の盤面は突如として凶悪なものになった。これにはギャラリーがざわめき、高尾も「つええ」と漏らす。高尾はブロックを吟味したものの、3体並べた《道の探求者/Seeker of the Way(KTK)》をこの戦闘ですべて失う結果になった。

 高尾を守るものはもうない。最後のドローも、彼の期待には応えなかった。少しだけ時間を取った高尾はやがて手札を置き、右手を差し出す。

 諸藤は、何度となく見せた満面の笑みで、その手を握ったのだった。

諸藤 拓馬が高尾 翔太を2勝1敗で下し、決勝へ!

前の記事: 【観戦記事】 準決勝:千葉 晶生(北海道) vs. Joe Soh(マレーシア) | 次の記事: 【観戦記事】 決勝:Joe Soh(マレーシア) vs. 諸藤 拓馬(福岡)
グランプリ・神戸2015 一覧に戻る