マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 決勝:Joe Soh(マレーシア) vs. 諸藤 拓馬(福岡)

【観戦記事】 決勝:Joe Soh(マレーシア) vs. 諸藤 拓馬(福岡)

By Masashi Koyama

 2005年。日本は世界の頂点に立った。

 世界選手権2005にて、森勝洋が個人タイトルを、津村健志がプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを獲得し、そして日本代表チームが団体戦を制し、全部門を制覇したのだ。

 そして、その中心にいたのが諸藤拓馬だ。

fn_morofuji_0.jpg

 その陽気な人柄で、世界選手権という大舞台でも緊張に飲まれずマイペースを崩さなかった彼は、チームキャプテンとして団体戦で4勝1分という大立ち回りを演じてみせるのだ。

 彼が、彼らがいたからこそ日本が世界の頂に上りつめ、マジックの熱が日本中に広がったのだ。

 あれから10年。このグランプリ・神戸2015の参加人数「2572人」が示しているように、今や日本でのマジックの熱はかつてないほどに高まっている。

 そして、その熱は日本に留まらずアジアへも広がっている。

 近年のアジア圏でのグランプリは日本ほどの大きさではないものの、1000人前後の参加者を集め、年々その規模を広げている。

 そして、その中心にいるのがジョー・ソー/Joe Sohなのだ。

fn_soh_0.jpg

 彼はプレイヤーとしてグランプリを回るだけでなく、グランプリの主催者として精力的に活動し、アジアのマジックを牽引する存在となっている。

 かつて日本がそうであったように、アジアではマジックの熱が着実に広まっているのだ。

 だから、だからこそソーは今グランプリチャンピオンという大きなタイトルを欲している。

 諸藤がそうであったように、アジアにマジックの熱をより広める存在になるために。

fn_soh_morofuji.jpg
ゲーム1

 後手のソーがマリガン。

 先手の諸藤が《僧院の速槍/Monastery Swiftspear(KTK)》、後手ソーが《アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros(ORI)》という立ち上がり。

 これが相討ち、諸藤は追加戦力として《稲妻の狂戦士/Lightning Berserker(DTK)》と《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker(DTK)》を戦場に加える。

 後手に回っているソーは《マルドゥの悲哀狩り/Mardu Woe-Reaper(FRF)》を疾駆へのブロックへ向かわせ諸藤のクロックを抑えると、4ターン目には準決勝を決めた《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》をプレイ。

 これを放置できない諸藤は《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep(ORI)》《稲妻の狂戦士/Lightning Berserker(DTK)》を加え、全力で《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》を葬りにかかる。

 この戦闘で騎士・同盟者・トークンが《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep(ORI)》をブロックしたところで、諸藤は少考する。

fn_morofuji_1.jpg

 結果、手札に眠る《アタルカの命令/Atarka's Command(DTK)》と《タイタンの力/Titan's Strength(THS)》を時期尚早と判断し、この交換を受け入れつつ厄介なプレインズウォーカーを墓地へと送る。

 一方、強力な仲間であり頼みの綱の《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》を失ったソーは諸藤の攻勢を食い止めることができない。

 諸藤は連続で《僧院の速槍/Monastery Swiftspear(KTK)》を引き込むと、全力で攻撃。《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker(DTK)》が《乱脈な気孔/Shambling Vent(BFZ)》にブロックされたところで、諸藤は溜めに澑めていた《アタルカの命令/Atarka's Command(DTK)》を解き放つ。

 これで残りライフが4となってしまったソー。

 《アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros(ORI)》をブロッカーとして立ててみるものの、若々しい少年はこの盤面を押しとどめるには心もとない。

 返すターン、諸藤が《焦熱の衝動/Fiery Impulse(ORI)》を引き込み《マルドゥの悲哀狩り/Mardu Woe-Reaper(FRF)》を除去すると、ソーは仕方ないとばかりに土地を畳んだ。

ソー 0-1 諸藤

ゲーム2

 後手の諸藤が《僧院の速槍/Monastery Swiftspear(KTK)》から《乱撃斬/Wild Slash(FRF)》でソーの《血顎の憤怒鬼/Blood-Chin Rager(DTK)》を除去しダメージを通していく。

 この《僧院の速槍/Monastery Swiftspear(KTK)》こそ《停滞の罠/Stasis Snare(BFZ)》で追放されてしまうが、諸藤は《ドラゴンの餌/Dragon Fodder(DTK)》をプレイしクリーチャーを切らさない。

 対するソーは《マルドゥの急襲指揮者/Mardu Strike Leader(FRF)》を疾駆でプレイ。これが戦士を生み出しつつゴブリンと相打つと、《不毛の地の絞殺者/Wasteland Strangler(BFZ)》で諸藤が出したばかりの《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep(ORI)》を処刑し、次いで《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》!

 現状クロックを用意できない諸藤は仕方なく《アタルカの命令/Atarka's Command(DTK)》2枚を使い、ダメージで《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》を葬る。

 これでお互いの戦場がほぼ更地になり、トップデッキの応酬が始まる。

 諸藤の《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep(ORI)》には《停滞の罠/Stasis Snare(BFZ)》。

 《ドラゴンの餌/Dragon Fodder(ORI)》には《マルドゥの悲哀狩り/Mardu Woe-Reaper(FRF)》《アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros(ORI)》をブロッカーに立てて、すり減ったライフを守る。

 そうはさせまいと諸藤が《僧院の速槍/Monastery Swiftspear(KTK)》を追加し強引に押し込もうとすると、ソーの手札からは《停滞の罠/Stasis Snare(BFZ)》。ならばと《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep(ORI)》を引き込めば、みたびソーは《停滞の罠/Stasis Snare(BFZ)》でこれを除去。

 息もつかせぬ攻防に、ギャラリーも固唾を呑んで戦況の行方を見守っている。

 そして、ゲームを動かすカードを最初に引いたのは諸藤だった。

 《前哨地の包囲/Outpost Siege(FRF)》をプレイすると、残りわずかなソーのライフを削り切るべく「カン」モードを選択する。

 だが、このゲームを落とせないソーも魅せる。

 トップデッキした《荒野の確保/Secure the Wastes(DTK)》をX=8で唱え、《刃の隊長/Chief of the Edge(KTK)》!

fn_soh_1.jpg

 これでソーが一気に攻勢に出ると、諸藤のトークンはブロッカーに回るしかない。なんとか《軍族童の突発/Hordeling Outburst(KTK)》でブロッカーを用意するが、《マルドゥの急襲指揮者/Mardu Strike Leader(FRF)》《不毛の地の絞殺者/Wasteland Strangler(BFZ)》と連続で引かれてしまい、ライフは1。次のターンに何かしら対応策を引かなければならない絶体絶命の状況に追い込まれる。

 だが、勝負の決着はドラマチックにやってくる。

 諸藤が力を込めてライブラリートップを公開すると、ギャラリーが沸き返った。

 ソーのライフは、3。

ソー 0-2 諸藤

fn_finale.jpg

 試合後、諸藤は両手を上げて喜びを表現すると、同時に仲間たちも一斉にバンザイし彼のもとに駆け寄る。彼がいかに愛されているかの証左だろう。

fn_friends.jpg

 そして、ヘッドジャッジから優勝トロフィーを受け取ると茶目っ気たっぷりにポーズをとる。

 かつて世界を制した男の、10年ぶりの戴冠である。

 諸藤拓馬、グランプリ・神戸2015優勝おめでとう!

fn_champion.jpg

前の記事: 【観戦記事】 準決勝:高尾 翔太(東京) vs. 諸藤 拓馬(福岡) | 次の記事: 【トピック】 グランプリ・神戸2015 写真小ネタ集(その5、マジック:ザ・ギャザリング コスプレコレクション)
グランプリ・神戸2015 一覧に戻る