マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第6回戦:チーム 渡辺/中村/Juza vs. チーム 伊藤/青木/宮島

【観戦記事】 第6回戦:チーム 渡辺/中村/Juza vs. チーム 伊藤/青木/宮島

By Masami Kaneko

 マジックのプロプレイヤーとはなんだろうか。何をしていればプロプレイヤーなのだろうか。どのくらい強ければプロと言われるのだろうか。

 プロであること。その答えはきっとそれぞれが持っていて、完全な正解などは無いのだろう。

 でも。このチームなら。そう、このチームの3人なら、正解を知っているんじゃないだろうか。この「渡辺/中村/Juza」チームは、そう思わせるような、そんなチームだ。

 一方の伊藤/青木/宮島チームもまたプロツアー参加経験もある強豪プレイヤーたちだ。対戦相手のチームがあまりに強大だが、しかしだからと言って諦めるわけにはいかない。ここまで全勝でありデッキの力は十分。ぜひここで《狩人狩り/Hunt the Hunter(THS)》しておきたいところだ。

r6_all.jpg

ゲーム1

Juza(緑白) vs 宮島(緑白)

 宮島の《菅草の蠍/Sedge Scorpion(THS)》が同じく緑白であるJuzaに強烈なプレッシャーを放つ。

 盤面の整理が行われている中、宮島のクリーチャーがダメージを通していき、Juzaはなんとか《ネシアンのアスプ/Nessian Asp(THS)》などで盤面を作ろうとするが、コンバットトリックなどを絡めて宮島が押し切った。

中村(青黒) vs 青木(青赤)

 《予知するスフィンクス/Prognostic Sphinx(THS)》から《残酷なハイソニア/Hythonia the Cruel(THS)》に繋いでレアパワーを魅せつける中村。青木は泣きそうな顔になりながら《捕海/Griptide(THS)》などでお茶を濁してみるが、実際のところどうにもなっていない。

これが格差だ!

 大人げない展開で、中村の圧勝。格差社会の片鱗が見えるというものである。

渡辺(赤タッチ白) vs 伊藤(黒単タッチ緑青)

 渡辺がテンポよく《レオニンの投網使い/Leonin Snarecaster(THS)》などで攻めるが、《形見持ちのゴルゴン/Keepsake Gorgon(THS)》でビタ止まり。さらに《蘇りしケンタウルス/Returned Centaur(THS)》も展開され攻撃が通る気配が無い。どうにか《戦識の武勇/Battlewise Valor(THS)》で突破を目指してみるが、《エレボスの鞭/Whip of Erebos(THS)》まで貼られて渡辺としては苦しい展開。

 なんとか《アナックスとサイミーディ/Anax and Cymede(THS)》で攻撃を続ける姿勢を見せるもここには《一口の草毒/Sip of Hemlock(THS)》が飛ぶ。

 《エレボスの鞭/Whip of Erebos(THS)》が《蘇りしケンタウルス/Returned Centaur(THS)》を復活させれば《ファリカの癒し人/Pharika's Mender(THS)》が墓地に落ち、《ファリカの癒し人/Pharika's Mender(THS)》が今度は《形見持ちのゴルゴン/Keepsake Gorgon(THS)》をまた手札に戻し、というどうにもこうにもな展開に渡辺は苦笑いしながらカードを片付けた。

幕間1

 ほぼ同時に1本目を終えた3つのマッチ。

 相手の色配分から、デッキの中身を想定する中村と渡辺。この組み合わせで組まれているということはどのようなカードを引いたのか? 打たれる可能性の高い呪文は? 伊藤のデッキには何がタッチされているのか? 自分が相手チームなら? といったことを想像し、相手のデッキを予想できるというのはさすがプロプレイヤーといったところか。

 なお、この間Juzaはといえば、たった一言仲間の勝敗を確認したのがこのマッチ初めてのチーム内会話となった。

 伊藤、青木、宮島はサイドボードプランを入念に確認しあっている。会話できるチーム戦ならではの光景だ。単純な実力を個々にぶつけたらなかなか厳しい戦いだが、3人が力を合わせればあるいは。実際に今、ゲームカウントは2−1で有利だ。

r6_Team_itou.jpg

ゲーム2

Juza(緑白) vs 宮島(緑白)

 Juzaは《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion(THS)》から《ネシアンの狩猟者/Nessian Courser(THS)》に繋げるロケットスタート。対して宮島は土地が《森/Forest(THS)》1枚でストップしてしまい、ディスカードを重ねることになってしまう。せめて《菅草の蠍/Sedge Scorpion(THS)》でも居ればとも思うのだが、何も出来ずディスカードを繰り返す宮島。

ロケットスタート!

 どうにか遅れてきた《旅するサテュロス/Voyaging Satyr(THS)》をプレイしてみたものの、もう既に《希望の幻霊/Hopeful Eidolon(THS)》をまとったうえで「怪物化」した《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion(THS)》に攻撃されているのではどうにもならなかった。

中村(青黒) vs 青木(青赤)

 青い呪文が4枚と《沼/Swamp(THS)》が3枚の手札をキープした中村。それに首を傾げる渡辺。リーダーは居ない、それぞれの力で勝負するこのチームらしい光景だ。左側のJuzaも不思議そうにその手札を見つめている。一方の青木はダブルマリガン。不運に見舞われたが、中村が島を引けなければ逆に一方的な試合になる可能性もある。

 ......そして試合は、実際に一方的な試合となった。

 《島/Island(M14)》がなかったはずの中村は、何食わぬ顔で5ターン目に《予知するスフィンクス/Prognostic Sphinx(THS)》をプレイし、それを《航海の終わり/Voyage's End(THS)》《捕海/Griptide(THS)》でサポートしてみせた。ダブルマリガンで身動きの取れない青木にとって、この仕打ちはあまりにも残酷であった。

渡辺(赤タッチ白) vs 伊藤(黒単タッチ緑青)

 伊藤がマリガンスタート。

 渡辺、土地が2枚で止まってしまい少々苦しいものの、《死呻きの略奪者/Deathbellow Raider(THS)》《レオニンの投網使い/Leonin Snarecaster(THS)》で攻め立てる。伊藤の展開も攻められているところなのに《血集りのハーピー/Blood-Toll Harpy(THS)》で少々苦しい。

 《怒血のシャーマン/Rageblood Shaman(THS)》も追加し攻め立てる渡辺、伊藤は《フィナックスの信奉者/Disciple of Phenax(THS)》から《形見持ちのゴルゴン/Keepsake Gorgon(THS)》でなんとか場を止めにかかるが、渡辺が《不屈の猛攻/Dauntless Onslaught(THS)》を合わせて伊藤のライフを削りきった。

幕間2

 ここでもまたほぼ同時に3ゲームとも終了。中村vs青木のマッチが終了したことにより、2人がチームメイトのサポートに回る。自分の試合が終わったからといってゆっくりしている余裕は無い、全てはチームのために。

 先ほどまで話さなかったJuzaは、一転して凄い勢いででチームメイトとサイドボードプランについて検討を始めた。中村を中心に、渡辺も検討に加わる。同じく渡辺も自身のサイドボードプランを提示し、仲間に意見を求める。個にして最強のチームが力を合わせれば。

 青木もまた同じく他の2人のサポートに回る。先ほどまで有利だったゲームカウントは、一転して1ゲームも落とせないいわゆる崖っぷち状態となった。強大な相手チームを打ち倒すためには、力を合わせなければならない。チーム内での会話も加速する。

r6_Team_nakasyu.jpg

ゲーム3

Juza(緑白) vs 宮島(緑白)

 7枚めくられたJuzaのその手札は、色マナこそあるものの呪文が《希望の幻霊/Hopeful Eidolon(THS)》《職工の悲しみ/Artisan's Sorrow(THS)》《ネシアンのアスプ/Nessian Asp(THS)》で展開になんとも不安のある手札。Juzaは中村に相談を持ちかけるが中村の反対で結局マリガンすることにした。

 宮島は《菅草の蠍/Sedge Scorpion(THS)》からスタートし、盤面をさばきつつ《地平線のキマイラ/Horizon Chimera(THS)》に繋げていく。この飛行クリーチャーを緑白であるJuzaは止められない。ブロックできる到達クリーチャーを用意できたかと思えばこの《地平線のキマイラ/Horizon Chimera(THS)》に《葉冠のドライアド/Leafcrown Dryad(THS)》などが「授与」されたりして、結局止まらない。

 結局最後までこの強化された《地平線のキマイラ/Horizon Chimera(THS)》が止められず、Juzaは無念の負けとなった。

ぺたぺた。
渡辺(赤タッチ白) vs 伊藤(黒単タッチ緑青)

 かくして。この全勝対決の結果は、このマッチに託された。

 マリガンこそしてしまった渡辺だが、伊藤もまた土地が《沼/Swamp(THS)》2枚でストップしてしまう。

 渡辺の手札には《平地/Plains(THS)》が無かったが、2ターン目に祈るように引いてみると、そこには《平地/Plains(THS)》!

 《レオニンの投網使い/Leonin Snarecaster(THS)》から順調に展開していく渡辺。伊藤も負けじとなんと3枚目の《沼/Swamp(M14)》を引き入れて《つややかな雄鹿/Burnished Hart(THS)》を展開するも、ここには《稲妻の一撃/Lightning Strike(THS)》が飛んで土地を伸ばせず。

 渡辺は後続として《アナックスとサイミーディ/Anax and Cymede(THS)》を用意するが伊藤もなんとか《島/Island(THS)》を引き入れ、《フィナックスの信奉者/Disciple of Phenax(THS)》《蘇りしケンタウルス/Returned Centaur(THS)》と並べつつ守りを固める。

 渡辺はさらに《アナックスとサイミーディ/Anax and Cymede(THS)》《パーフォロスの槌/Hammer of Purphoros(THS)》を展開。時間さえあれば後続をどんどん用意できる。盤石の体制だ!

......そう、時間さえ有れば。しかしそう思っていたのは渡辺だけではなかった。土地が4枚で止まってしまっている伊藤のその手札には、《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel(THS)》が2枚控えていたのだ。土地さえ引ければ。たった1枚の土地を引く時間さえあれば。そう祈るように引いた伊藤には、確かに土地が与えられた。

「タップ状態で戦場に出る。」だたそれだけの一文。

 たったの1ターン。されど1ターン。この1ターンとはつまり、無防備な伊藤に向かって渡辺が全力で攻撃できる1ターンだ。その価値は計り知れない。

 1ターン遅れてやってきた《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel(THS)》。しかし伊藤の場は少々厳しい。もう1ターン早ければ。そう、あと1ターン早ければ圧倒的に有利だったのだが、その1ターンが天秤を渡辺に傾けた。

 そして。渡辺は、その傾けた天秤に追加の重りを載せる事に成功した。

 渡辺のトップデッキした《不屈の猛攻/Dauntless Onslaught(THS)》は、傾けた天秤を手元に引き寄せ、伊藤の皿を、ライフをゼロとしてしまうには十分な重みだったのだ。

Dream Team、6連勝!

前の記事: 【観戦記事】 第5回戦:チーム 八十岡/森/斎藤 vs. チーム 伊藤/山川/木村 | 次の記事: 【観戦記事】 第7回戦:チーム浅原/小室/北山 vs. チーム石井/尹/佐々木
グランプリ・京都2013 一覧に戻る