マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第11回戦:玉田 遼一(和歌山) vs. 渡辺 雄也(神奈川)

【観戦記事】 第11回戦:玉田 遼一(和歌山) vs. 渡辺 雄也(神奈川)

By Sugiki, Takafumi

 日本選手権2011トップ8、プロツアー参戦多数、関西の強豪プレイヤーである玉田 遼一。対するは日本の誇るプラチナプロプレイヤー、渡辺 雄也である。


玉田 遼一 vs. 渡辺 雄也

ゲーム1

 ダイスロールで玉田の先攻。渡辺がマリガンをし、ゲームがスタートした。玉田は《沸騰する小湖/Scalding Tarn(ZEN)》から《Tropical Island(3ED)》をフェッチして、《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》をプレイ。ライブラリートップを確認する行為は俗に「デルバー検定」と呼ばれ、検定に合格した暁には、《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration(ISD)》に変身を遂げる。対する渡辺は、《思案/Ponder(M12)》で手札を整えにかかるが、玉田が《目くらまし/Daze(NEM)》でそれを阻害する。

 玉田はライブラリーのトップを確認し、1回目の検定試験。しかし残念ながら不合格。《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》で攻撃をした後、2体目の《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》を戦場に出す。渡辺にターンが回り、まずは《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe(NPH)》を2点のライフでプレイし、玉田の手札を確認する。公開されたのは、《Force of Will(ALL)》、《Force of Will(ALL)》、《思考掃き/Thought Scour(DKA)》、《タルモゴイフ/Tarmogoyf(FUT)》。《Force of Will(ALL)》が2枚と非常に厳しい手札が公開され、渡辺は苦い顔を見せる。渡辺は《思案/Ponder(M12)》をプレイし、手札を整えた後、《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All(CHK)》を戦場に。次のターンにはコンボを決めにかかる体勢を見せる。


渡辺 雄也

 しかし、玉田の3ターン目がパーフェクトなターンとなる。2回めのデルバー検定は合格。2体の《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration(ISD)》に変身し、しかもめくれたのは《渦まく知識/Brainstorm(MMQ)》。そして玉田が《渦まく知識/Brainstorm(MMQ)》で掘り進めた先に見えたのは《不毛の大地/Wasteland(TMP)》! 《不毛の大地/Wasteland(TMP)》を手札に入れ、《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All(CHK)》を破壊する。《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration(ISD)》2体で攻撃し、渡辺のライフは11。

 渡辺は《思案/Ponder(M12)》で将来を確認するも芳しくなく、シャッフルを選択。ドローを確認し、投了を宣言した。

秘密を掘り当て、凶暴な昆虫に
玉田 1-0 渡辺

 渡辺は「めくれるし、不毛だし」と悔しそうな表情を見せながら、サイドボードプランを練る。

ゲーム2


玉田 遼一

 渡辺はマリガン後、《思案/Ponder(M12)》から3枚を上に残してドローをするスタート。対する玉田は《Tropical Island(3ED)》からの《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》。渡辺は2ターン目に《沸騰する小湖/Scalding Tarn(ZEN)》から《Volcanic Island(3ED)》をフェッチし、《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe(NPH)》をライフ2点で唱える。

 ここで公開された玉田の手札が、《呪文嵌め/Spell Snare(DIS)》、《タルモゴイフ/Tarmogoyf(FUT)》、《赤霊破/Red Elemental Blast(4ED)》、《不毛の大地/Wasteland(TMP)》、《不毛の大地/Wasteland(TMP)》、《霧深い雨林/Misty Rainforest(ZEN)》であった。

 玉田にターンが移り、渡辺は玉田が《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》検定に不合格であったことを確認した後、ドロー・ステップ前に《紅蓮破/Pyroblast(5ED)》を《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》に向けてプレイする。そして、玉田の《タルモゴイフ/Tarmogoyf(FUT)》を《Force of Will(ALL)》で退け、ダメージクロックを作らせることを許さない。

 玉田の土地がフルタップになったこのタイミングで、渡辺は《思案/Ponder(M12)》をプレイした後、《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》で手札を補充しにいく。相手の手札に打ち消しが無いと判断し、さらなるアドバンテージを取りに行く《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》2枚目プランを選択し、探査を補助する《霧深い雨林/Misty Rainforest(ZEN)》とともに手札に加えた。

 ここから玉田は2ターンの間ドローゴー。渡辺は1ターンのドローゴーを挟んだ後、《渦まく知識/Brainstorm(MMQ)》をプレイするが玉田が《赤霊破/Red Elemental Blast(4ED)》で打ち消す。これで墓地が貯まった渡辺は、玉田のアップキープに《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》をプレイ。しかしながら玉田の手札にあった渡辺の未確認のカード2枚のうち1枚が《呪文貫き/Spell Pierce(ZEN)》で、渡辺のプランは成就せず。

 渡辺のマナがフルタップになったことで、玉田は《思案/Ponder(M12)》、フェッチランドでのシャッフル、《思案/Ponder(M12)》と手札の濃度を一気に上げる。対する渡辺も手札を整えに行きたいところだが、ドローゴーでターンを返す。

 前のターンに手札が充実した玉田は、《タルモゴイフ/Tarmogoyf(FUT)》を2枚プレイ。うち1枚は《Force of Will(ALL)》で打ち消されるが、盤面にパワーが4のダメージクロックを作ることに成功した。これで、ライフが14の渡辺に残されたターンは多くても4ターン。

 渡辺はコンボパーツを揃えることができず、そのまま《タルモゴイフ/Tarmogoyf(FUT)》にライフを削りきられてしまった。

玉田 2-0 渡辺

前の記事: 【観戦記事】 第10回戦:安田 真幸(大阪) vs. 長島 誠(東京) | 次の記事: 【観戦記事】 第12回戦:原根 健太(愛知) vs. 岩出 義隆(千葉)
グランプリ・京都2015 一覧に戻る