マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第12回戦:原根 健太(愛知) vs. 岩出 義隆(千葉)

【観戦記事】 第12回戦:原根 健太(愛知) vs. 岩出 義隆(千葉)

By Hisaya Tanaka

 ここまで唯一の11連勝を果たしているのは、《実物提示教育/Show and Tell》デッキを使用している原根 健太(愛知)だ。対するはデス&タックスを使用する岩出 義隆(千葉)。この岩出の1敗は、初日に今回の対戦相手である原根につけられたもの。岩出は初日のリベンジを果たすことができるのか、それとも原根が全勝をキープするのか、注目の一戦だ。


原根 健太 vs. 岩出 義隆

ゲーム1

 岩出が先手となり、お互いに7枚をキープしてのゲームスタート。岩出は《ルーンの母/Mother of Runes》からスタートをし、原根は《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》を置いてターンエンドとなった。

 続いて《リシャーダの港/Rishadan Port》をセットした岩出は《ルーンの母/Mother of Runes》で攻撃を開始。《リシャーダの港/Rishadan Port》があるため原根はターン終了時にフェッチを起動せず、メインで《汚染された三角州/Polluted Delta》を置くと《島/Island》をサーチ。《渦まく知識/Brainstorm》をプレイすると《溢れかえる岸辺/Flooded Strand(ONS)》も起動しさらに《島/Island》を持ってくると、続いて《思案/Ponder》。ところがこの内容は芳しくなく、シャッフルをしてカードを1枚引いた。

 ここで岩出は、《実物提示教育/Show and Tell》デッキに強烈なインパクトを与える《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》を《魂の洞窟/Cavern of Souls》経由でプレイ。《魂の洞窟/Cavern of Souls(AVR)》の能力のため《Force of Will》できなかった原根は、《実物提示教育/Show and Tell》《全知/Omniscience》《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》という完全な手札を揃えていない限り、この《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》に対処の必要がでてきてしまった。仕方なく原根はメインで2マナを使用して《渦まく知識/Brainstorm》をプレイして、《沸騰する小湖/Scalding Tarn》を置いてターンを返す。

 岩出は《平地/Plains》を置くと《ルーンの母/Mother of Runes》と《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》で攻撃、ターンを返すと《リシャーダの港/Rishadan Port》で原根とマナを縛りにかかる。しかし、ここで原根は《古えの墳墓/Ancient Tomb》から《実物提示教育/Show and Tell》をプレイ。ひとまず《全知/Omniscience》を置いて、次のターンにすべてのマナを使って《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》の支払いを行う算段だ。対する岩出は《ちらつき鬼火/Flickerwisp》を出してクロックを増していく。

 岩井は少しでも原根の行動回数を減らすために、《不毛の大地/Wasteland》で《古えの墳墓/Ancient Tomb》を破壊すると、全員で攻撃をしてターンエンド。

 《不毛の大地/Wasteland》でマナを縛られてしまった原根だが、まずは《リシャーダの港/Rishadan Port》で縛られた1マナを利用してアップキープに《狡猾な願い/Cunning Wish》。これにより《拭い捨て/Wipe Away》を手に入れ、《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》を手札に戻す。

 これでマナの呪縛から開放された原根は、《時を越えた探索/Dig Through Time》《渦まく知識/Brainstorm》《定業/Preordain》と連打すると、《狡猾な願い/Cunning Wish》を引き当て《エラダムリーの呼び声/Eladamri's Call》から《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》をプレイして、岩出の投了となった。

原根 1-0 岩出

岩出 義隆

ゲーム2

 かろやかにキープした岩出は、今回も《平地/Plains》から《ルーンの母/Mother of Runes》。原根は《沸騰する小湖/Scalding Tarn》から《島/Island》を持ってくると《定業/Preordain》をプレイする。

 続いて《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》をプレイすると、これは《Force of Will》されることなく着地。またも原根に対処を迫る状況となった。その原根はフェッチから《島/Island(M14)》を持ってくると何もせずターンを返す。すると岩出は2体で攻撃し、《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》を戦場に出して《殴打頭蓋/Batterskull》を手札に加える。

 順調かと思われた岩出の展開だったのだが、ここで原根は《Volcanic Island》を置いて《紅蓮地獄/Pyroclasm》!

 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》を失ってしまった岩出は、「ミスったのかー」と言いながら《虚空の杯/Chalice of the Void》をX=1でプレイするも、原根は無情の《実物提示教育/Show and Tell》。

 原根の《全知/Omniscience》と岩出の《ちらつき鬼火/Flickerwisp》が戦場に出ると、《ちらつき鬼火/Flickerwisp(C14)》の能力の解決前に《狡猾な願い/Cunning Wish》をプレイし《火想者の予見/Firemind's Foresight》を加え、さらにそれをプレイして《渦まく知識/Brainstorm》《蟻の解き放ち/Release the Ants》《狡猾な願い/Cunning Wish》をサーチ。

 その《狡猾な願い/Cunning Wish》から《拭い捨て/Wipe Away》を手に入れ《虚空の杯/Chalice of the Void》を排除すると、《渦まく知識/Brainstorm》で《全知/Omniscience》を山札に積んでからの《蟻の解き放ち/Release the Ants》。

 これにて岩出のライフは0となってしまった。

原根 2-0 岩出

 ゲーム終了後、岩出は昨日から一度も原根のデッキの《Volcanic Island》を見ていなかったことに言及すると原根は、

「昨日は《Underground Sea》と《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》だけで勝って《Volcanic Island》を全く見せていないことを覚えていたので、このゲームもずっとそれを見せないことを意識してゲームをしていました。」


原根 健太

 2日通して岩出に赤いカードの存在を意識させないミスリードの伏線を張り続けた原根が、12戦全勝をキープして、トップ8をぐっと引き寄せることとなった。

前の記事: 【観戦記事】 第11回戦:玉田 遼一(和歌山) vs. 渡辺 雄也(神奈川) | 次の記事: 【トピック】 グランプリ・京都2015 写真小ネタ集(その5)
グランプリ・京都2015 一覧に戻る