マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】 更なる高みへ!

【トピック】 更なる高みへ!

By Asuka Kitakaze

世界選手権とプロプレイヤーズ・クラブ

pros_top.jpg

 毎年行われる世界選手権は、プロツアー優勝者やプロ・ポイント獲得上位者などが招待され、今シーズンの強豪プレイヤーが一堂に会する大会です。
 提供される報酬もさることながら、シーズン開始直後のプロ・ポイントのかかった大会ということで、プロプレイヤーズ・クラブのプラチナ・レベルを目指すプレイヤーにとっては毎試合が重要な意味を持ちます。

 世界選手権の優勝者には賞金50,000米ドルが贈られると同時に、次回の世界選手権参加権利とプロプレイヤーズ・クラブのプラチナ・レベルが与えられます。

 賞金の金額も大きいですが、プラチナレベルの待遇もかなりのものです。

 プロツアーへの参加権利はもちろんのこと、宿泊費・交通費全額支給となるうえに、参加するだけで3,000米ドルを獲得できます。プロツアーだけでなく、グランプリ本戦出場で250米ドルが支給されます。さらにワールド・マジック・カップ予選参加で500米ドル、同本戦出場で1,000米ドル支給となっています。

 例えばプラチナ・レベルのプレイヤーがプロツアー全てに出場し、日本国内のグランプリに3回出場、ワールド・マジック・カップ予選出場をすると、それだけで13,250米ドルを獲得できるのです。

世界選手権へ招待されるには

 この世界最高峰の舞台に招待されるには、いくつかの条件があります。(以下、お知らせ記事「ワールド・マジック・カップ2015および世界選手権2015の更新」より抜粋。)

  • 世界選手権2014王者
  • 2014~2015年シーズン年間最優秀プレイヤー
  • ワールド・マジック・カップ2014優勝チームのキャプテン
  • Magic Online Champion
  • プロツアー優勝者
  • プロ・ポイント上位――北米(4枠)ヨーロッパ(3枠)アジア太平洋(3枠)中南米(2枠)
  • 2014~2015年のグランプリにおける獲得プロ・ポイント最上位

 これに加え、参加者24人の残る枠が、上記の条件に当てはまらないプロ・ポイント上位プレイヤーから選出されます。

「2014~2015年のグランプリにおける獲得プロ・ポイント」はこちらのページから確認できます(英語)。

世界選手権出場に近いプレイヤーの現在の心境はいかに。

 世界選手権に最も近く、今回のグランプリ・京都2015の成績が重要になるプレイヤーたちに、今の心境や意気込みをインタビューしました。

覚前輝也選手
pros_kakumae.jpg

「今回のグランプリも好成績を残して世界選手権に出て、来シーズンプラチナランクになりたいと思っています!」

主な成績

グランプリ・神戸2014 優勝

グランプリ・ナッシュビル2014 チーム5位

グランプリ・オークランド2015 優勝


市川ユウキ選手
pros_ichikawa.jpg

「アジア枠での世界選手権出場は厳しいと思うが、今回のグランプリや次回のプロツアーでプロ・ポイントを獲得して、プラチナランクを取りたいです。」

主な成績

グランプリ・神戸2014 ベスト8

グランプリ・静岡2015 ベスト4

プロツアー『ニクスへの旅』 ベスト4

プロツアー『マジック2015』 ベスト8


渡辺雄也選手
pros_watanabe.jpg

「次回のプロツアーは優勝、世界選手権は出場できればシャハール・シェンハー選手に勝ちたい。殿堂入りできるよう、最後まで勝ちを積み重ねていきたいです。」

主な成績

グランプリ・北京2014 優勝

グランプリ・ワシントンDC2014 準優勝

グランプリ・クリーブランド2015 ベスト8

プロツアー『タルキール覇王譚』 ベスト8

世界選手権2014 ベスト4


八十岡翔太選手
pros_yasooka.jpg

「(2013年に制度が変更されて以来)出場経験のない世界選手権に何としても出場して、成績を残したい。」

主な成績

グランプリ・クアラルンプール2014 ベスト8

プロツアー『タルキール龍紀伝』 準優勝


山本賢太郎選手
pros_yamamoto.jpg

「プラチナが維持できれば何も言うことはありません。頑張りたいと思います。」

主な成績

グランプリ・ストラスブール2014 ベスト4

世界選手権2014 ベスト4


前の記事: 【観戦記事】 第13回戦:Cho, Jeong Woo(韓国) vs. Olivier Ruel(フランス) | 次の記事: 【観戦記事】 第14回戦:佐渡 海(Kai Thiele)(東京) vs. 新沼 裕樹(東京)
グランプリ・京都2015 一覧に戻る