マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準決勝:高橋 優太(東京) vs. 原根 健太(愛知)

【観戦記事】 準決勝:高橋 優太(東京) vs. 原根 健太(愛知)

By Sugiki, Takafumi

sf_takahashi_harane.jpg

 長かったグランプリ・京都も残るプレイヤーは4人。準決勝のうち高橋と原根の対戦をお送りする。スイスラウンドの順位が高い原根が先攻を選んでゲームが始まった。

ゲーム1

 原根が高橋のターン終了時に《渦まく知識/Brainstorm(MMQ)》、2ターン目に《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe(NPH)》という立ち上がり。公開された高橋の手札は《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top(CHK)》、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor(WWK)》、《相殺/Counterbalance(CSP)》、《対抗呪文/Counterspell(S00)》、《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》、《平地/Plains(KTK)》、《霧深い雨林/Misty Rainforest(ZEN)》であった。


トーナメントシーンを瞬く間に駆け上がり、話題を席巻する原根 健太

 高橋が3ターン目に《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top(CHK)》をプレイし、原根は《Force of Will(ALL)》で阻む。そしてターン終了時に原根が《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》をプレイし、高橋の《対抗呪文/Counterspell(MMQ)》、原根の《Force of Will(ALL)》とカウンター合戦の末、《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》が解決される。

 ここで高橋はしきりに「ミスった、ミスった」とつぶやく。《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top(CHK)》をこのターンにプレイしていなければ、結果的に墓地の枚数が足りず原根が《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》をプレイできなかったことを指しているようだ。

 土地がフルタップの状態で《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》が解決されてしまい、高橋は負けを悟ったようだが、原根はコンボパーツを入手することができず、《定業/Preordain(M11)》、《思案/Ponder(M12)》でターンを返す。

 高橋は「生きてたー」とつぶやきながら、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor(WWK)》をプレイ。しかしこのプレインズウォーカーは原根の《呪文貫き/Spell Pierce(ZEN)》に討ち取られる。

 再度フルタップでターンを返した高橋に対して、原根は《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe(NPH)》2枚でライブラリーを掘り進めるが、またもコンボパーツを揃えることができない。

 高橋は《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top(CHK)》をトップデッキし、「ここ勝負ターンなんで考えます」と宣言し、しばし思考を巡らせる。そして、《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top(CHK)》、《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top(CHK)》とプレイし、さらに《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》までプレイ。対して原根も《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》をプレイ。原根はようやく《全知/Omniscience(M13)》にたどり着き、《Force of Will(ALL)》と合わせて手札に加える。高橋の《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》も解決され、こちらは《霧深い雨林/Misty Rainforest(ZEN)》と《Force of Will(ALL)》を手札に加える。

 そして迎えた原根のターン。原根は手札の《裏切り者の都/City of Traitors(EXO)》をプレイせずに、土地を2枚残して《実物提示教育/Show and Tell(USG)》をプレイする。

 しかし、これが後から原根が悔やむミスプレイだった。《裏切り者の都/City of Traitors(EXO)》を置かなかったことにより、《実物提示教育/Show and Tell(USG)》に対して高橋がプレイした《Force of Will(ALL)》に対する回答を《狡猾な願い/Cunning Wish(JUD)》で持ってくることができなくなってしまったのだ。

 ターンが帰ってきた高橋は《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor(WWK)》を着地させ、《渦まく知識/Brainstorm(MMQ)》能力を使い手札を拡充させる。原根は高橋のターン終了時に《狡猾な願い/Cunning Wish(JUD)》で《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》を手札に加え、自分のターンにプレイ。そこに突き刺さる高橋の《Force of Will(ALL)》。

 原根は先ほどのミスプレイを悔やみながら、投了を選択した。

高橋 1-0 原根

ゲーム2

 再び原根の先攻。原根は《思案/Ponder(M12)》、《渦まく知識/Brainstorm(MMQ)》、《定業/Preordain(M11)》で手札を整え、一方の高橋は《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top(CHK)》をプレイする立ち上がり。原根は4ターン目に5マナあるところから、《実物提示教育/Show and Tell(USG)》で仕掛ける。これは高橋の《対抗呪文/Counterspell(MMQ)》、原根の《呪文貫き/Spell Pierce(ZEN)》、高橋の《狼狽の嵐/Flusterstorm(CMD)》といったカウンター合戦の結果、成就せず。

 高橋が《Karakas(LEG)》をプレイし、原根が《渦まく知識/Brainstorm(MMQ)》。そこで次に仕掛けたのは高橋であった。原根のターン終了時に「マナは毎ターン使わないとね」と言いながら、《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》をプレイ。対応して原根も《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》。これが解決され、《呪文貫き/Spell Pierce(ZEN)》を手札に加え、高橋の《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》を打ち消す。


青い呪文を操り、3度目のグランプリ制覇へ邁進する高橋 優太

 そしてターンが回ってきた高橋は本命の《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor(WWK)》をプレイし、原根はカウンターせず。高橋は『渦まく知識』して、「よしよし」と声に出しながら、手札を充実させる。

 このままでは《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor(WWK)》によるアドバンテージ差が広がるため、原根は早めの決着を求め、再びの《実物提示教育/Show and Tell(USG)》。高橋はニヤリとしながらそれを受け入れ、互いに戦場に出したのは、原根の《全知/Omniscience(M13)》に対して、高橋は《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist(ALA)》!

 これで、原根はこのターンにこれ以上呪文を唱えることができない。対する高橋はきちんと原根のターン終了時に《全知/Omniscience(M13)》を《紅蓮破/Pyroblast(5ED)》し、盤面に差をつける。

 こうなると高橋の横綱相撲。高橋は《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor(WWK)》の《渦まく知識/Brainstorm(MMQ)》能力で手札を拡充しながら、原根の《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》を《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant(FUT)》で弾く。

 さらにクロックとして《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique(MOR)》を盤面に加え、原根の手札を確認。公開されたのは《実物提示教育/Show and Tell(USG)》、《狡猾な願い/Cunning Wish(JUD)》、《狡猾な願い/Cunning Wish(JUD)》、《汚染された三角州/Polluted Delta(ONS)》。高橋は原根の手札をそのままにすることを選択する。

 フェッチランドの起動や《古えの墳墓/Ancient Tomb(TMP)》ですでに原根のライフは7まで落ち込んでおり、残されたターンは短い。

 原根は《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives(5DN)》で懸案の《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist(ALA)》をなんとか処理するも、コンボパーツを集めきることができず、無念の投了となった。

高橋 2-0 原根

前の記事: 【トピック】 スーパーサンデーシリーズ(SSS) 優勝は豊田弘記選手! | 次の記事: 【観戦記事】 準決勝:佐渡 海(Kai Thiele)(東京) vs. 村上 和弥(愛媛)
グランプリ・京都2015 一覧に戻る