マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】 「たけのこの誓い、きのこの刻」メタゲームブレイクダウン 後編

【トピック】 「たけのこの誓い、きのこの刻」メタゲームブレイクダウン 後編

by Yuichi Horikawa

 前編の内容:アジア太平洋地域とヨーロッパのスタープレイヤーたちの統計では、きのこ派が有利だった。

 前編記事はこちら。

 では、さっそくマジックの本場、アメリカ大陸のプレイヤーたちを紹介していこう。


リード・デューク/Reid Duke (アメリカ)

アリ・ラックス/Ari Lax (アメリカ)

ブライアン・ブラウン=デュイン/Brian Braun-Duin (アメリカ)

トム・マーテル/Tom Martell (アメリカ)

ベン・ルービン/Ben Rubin (アメリカ)

ブラッド・ネルソン/Brad Nelson (アメリカ)

オーウェン・ターテンワルド/Owen Turtenwald (アメリカ)

パスカル・メイナード/Pascal Maynard (カナダ)

アレクサンダー・ヘイン/Alexander Hayne (カナダ)

パウロ・ヴィター・ダモダ・ロサ/Paulo Vitor Damo Da Rosa (ブラジル)

シャハール・シェンハー/Shahar Shenhar (イスラエル)

 彼の出身はイスラエルだが、アメリカで暮らしている期間が長いため、こちらへ分類した。


そして、最後はこの人

gpkyoto2017kinokotakenokob12.jpg

 このグランプリ・京都2017でも比類なき強さを見せているジョン・フィンケル/Jon Finkel (アメリカ)だ。

 彼はカードを引くかのようにそれぞれを手に取っていた。

gpkyoto2017kinokotakenokob13.jpg

 ドラフトでの難しいピックのように、彼は両者を吟味し、

gpkyoto2017kinokotakenokob14.jpg

 そっと、きのこを手に取ったのだった。


 以上が、今回、この調査に参加してくれたスタープレイヤーたちだ。

 せっかくなので、最後に、円グラフにしてデータを公開したいと思う。

gpkyoto2017kinokotakenokob15.jpg

 実に2倍ほどのポイントを得てのきのこ派の大勝利で終わった。

 もしかすると、マジック:ザ・ギャザリングは、きのこ派に制されているのかもしれない......


前の記事: 【観戦記事】 第15回戦:矢田 和樹(千葉) vs. William Jensen(アメリカ) | 次の記事: 【トピック】 ステージイベント「お絵かき選手権」ってどんな選手権?
グランプリ・京都2017 一覧に戻る