マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第5回戦:Martin Juza(チェコ) vs. Lee, Gil Hwan(韓国)

【観戦記事】 第5回戦:Martin Juza(チェコ) vs. Lee, Gil Hwan(韓国)

By Sugiki, Takafumi

 第5回戦のフィーチャーテーブルに呼ばれたのは、渡辺雄也、「King of the Hill」の竹林などであるが、その中からMartin Juza(チェコ)とLee, Gil Hwan(韓国)の一戦をテキストカバレッジでお送りしたい。

R5_juza_lee.jpg

ゲーム1

 先手はJuzaであるが、先に戦場にクリーチャーを出したのはLee。うまく攻撃をし続けられるとアドバンテージが稼げる《苦痛の予見者/Pain Seer(BNG)》が後手2ターン目に登場する。対するJuzaは1ターン遅れての《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》をプレイし、《平地/Plains(THS)》を立ててターンを終える。

 対してのLeeの3ターン目がターニングポイントとなる。ここでLeeが考えなければいけないのが、《苦痛の予見者/Pain Seer(BNG)》が攻撃をするかどうか。Juzaの《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》、立っている《平地/Plains(THS)》という盤面からはいかにも《神々の思し召し/Gods Willing(THS)》の匂いがぷんぷんする。

起きてる《平地/Plains(THS)》=危険信号??

 攻撃して、《神々の思し召し/Gods Willing(THS)》の加護を受けた《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》に《苦痛の予見者/Pain Seer(BNG)》が討ち取られては、目も当てられない。しかしながら、仮に《神々の思し召し/Gods Willing(THS)》が無かった場合、ワンドローがほぼ確約され、そのリターンも大きい。少考ののち、Leeはリスクテイクをし《苦痛の予見者/Pain Seer(BNG)》で攻撃を仕掛ける。結果、Juzaの手札には《神々の思し召し/Gods Willing(THS)》は無く、Juzaは2点のダメージを甘んじて受ける。Leeは安堵の表情とともに、《イロアスの英雄/Hero of Iroas(BNG)》を盤面に追加してターンを終了する。

 Juzaの4ターン目、《ニクス生まれの盾の仲間/Nyxborn Shieldmate(BNG)》を《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》に授与しターンを終了。これで盤面だけ見れば《苦痛の予見者/Pain Seer(BNG)》は攻撃に行くことができない。

 しかしながら、Leeの手札が強い。Juzaの構えに対してぴったりの《モーギスの匪賊/Mogis's Marauder(THS)》が《苦痛の予見者/Pain Seer(BNG)》と自身に威嚇をつけ、Juzaへのダメージを通す。これでJuzaのライフは14。さらなるワンドローがLeeにほぼ確約された。

 Juzaは5ターン目、《波濤砕きのトリトン/Wavecrash Triton(THS)》を戦線に追加し、攻撃を仕掛けずにターン終了。今度こそ攻撃は許さないという構えを見せる。


Martin Juza

 対してLeeは、多少不利な交換になっても良いといわんばかりにすべてのクリーチャーで攻撃。対してJuzaは《苦痛の予見者/Pain Seer(BNG)》を《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》と《波濤砕きのトリトン/Wavecrash Triton(THS)》でダブルブロックし、《苦痛の予見者/Pain Seer(BNG)》を処理しにかかる。Leeは《不屈の猛攻/Dauntless Onslaught(THS)》を《苦痛の予見者/Pain Seer(BNG)》と《イロアスの英雄/Hero of Iroas(BNG)》に打ち、《苦痛の予見者/Pain Seer(BNG)》と《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》は相打ち。Juzaのライフは14から7との危険水準まで落ち込んだ。

 Juzaの引きが相変わらず芳しくない。《ヘリオッドの槍/Spear of Heliod(THS)》を出して、ブロックに役立たない《ニクス生まれの盾の仲間/Nyxborn Shieldmate(BNG)》を攻撃させるもLeeのライフはまだ15。

 Leeは《万戦の幻霊/Eidolon of Countless Battles(BNG)》を《イロアスの英雄/Hero of Iroas(BNG)》に授与。《イロアスの英雄/Hero of Iroas(BNG)》のパワーが7となり、Juzaは《波濤砕きのトリトン/Wavecrash Triton(THS)》でのチャンプブロックを余儀なくされる。ジリ貧のJuzaには、ここから挽回する手段は残されておらず、そのままLeeが1ゲーム目を先取した。

Juza 0-1 Lee

ゲーム2


Lee, Gil Hwan

 2戦目もJuzaが先手。今度は2ターン目に《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》を出すが、Juzaの手札に土地が無いのが気がかりである。対するLeeは《ニクス生まれの幻霊/Nyxborn Eidolon(BNG)》を場に出し、ターンを終了する。

 Juzaの3ターン目、渋い顔をしながら《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》で攻撃し、土地を置けずターン終了。1点対2点のダメージレースになるのだが、《ニクス生まれの幻霊/Nyxborn Eidolon(BNG)》を《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》でブロックした際に、何らかのコンバットトリックで《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》が一方的に討ち取られるリスクを避けたのだろう。

 Leeの手は緩まない。《天馬の乗り手/Wingsteed Rider(THS)》を場に出し、《ニクス生まれの幻霊/Nyxborn Eidolon(BNG)》で攻撃しターンを返す。

 対してJuzaは相変わらず土地を引かず、サイドインした《異端の輝き/Glare of Heresy(THS)》で《天馬の乗り手/Wingsteed Rider(THS)》を除去して《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》で攻撃するのみ。

 Leeは《ニクス生まれの幻霊/Nyxborn Eidolon(BNG)》で攻撃した後、《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》を盤面に追加し、ターンを返す。

 Juzaは相変わらず土地を引けていない。《万神殿の兵士/Soldier of the Pantheon(THS)》を場に出し、《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》で攻撃してターン終了。落胆が顔色からも見て取れる。

 Leeは《万戦の幻霊/Eidolon of Countless Battles(BNG)》を《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》に授与し、一気に盤面はLeeに傾く。《ニクス生まれの幻霊/Nyxborn Eidolon(BNG)》は《万神殿の兵士/Soldier of the Pantheon(THS)》で相打ちになるも《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》の攻撃は通り、これでJuzaのライフは11。

 Juzaはようやく3枚目の土地を引き込むものの、時すでに遅しの感。《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》に《ニクス生まれの盾の仲間/Nyxborn Shieldmate(BNG)》を授与し、攻撃するしかやることがない。

 Leeは《形見持ちのゴルゴン/Keepsake Gorgon(THS)》もを盤面に加えてから《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard(BNG)》で攻撃し、Juzaのライフは6。Juzaは次のターン、一縷の望みを《予記された運命/Fate Foretold(THS)》のキャントリップにかけるも何も有効なカードは引かず、無念の投了となった。

Juza 0-2 Lee

前の記事: 【観戦記事】 第4回戦:中村 修平(東京) vs. 竹林 友(大阪) | 次の記事: 【戦略記事】 『テーロス』『神々の軍勢』シールドの覇者・プロツアー『マジック2015』予選突破者にインタビュー
グランプリ・名古屋2014 一覧に戻る