マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第9回戦:市川 ユウキ(神奈川) vs. 平山 重孝(大阪)

【観戦記事】 第9回戦:市川 ユウキ(神奈川) vs. 平山 重孝(大阪)

By Tetsuya Yabuki

 フィーチャー・テーブルに腰を落ち着かせると、ここまで8回戦を戦ってきた疲れを少し滲ませ、言葉を交わす両者。

 それも当然だろう。グランプリ・レベルでの1戦1戦はどれも苛烈を極め、とりわけこのふたりは、各ラウンドを勝ち抜いた強者と当たり続けているのだ。

 試合前に名前と出身を書いてもらうと、市川はサインをするように手慣れた様子で「市川 ユウキ」とペンを走らせた。続けてその下に「Magic Online」と。

「キャラを通します」とブレない姿勢を見せる市川に、平山も笑顔で応える。

R9_ichikawa_hirayama.jpg
市川 ユウキ(Magic Online) vs. 平山 重孝(大阪)

 この試合はフィーチャー・マッチの緊張の中、両者のひらめく素早い決断が交錯した。勝負を分けたのは戦闘の駆け引きと、決め時を捉える「勇気」だ。

 初日最終戦、春のグランプリ折り返しに行われる、華の全勝対決。

 いざ、尋常に。

試合


平山 重孝

 初手を確認すると、平山がマリガンを宣言。対する市川はやや時間をおいてキープ。平山はマリガン後の手札に頷くと、《島/Island》を置きゲームを始めた。

 一方《忠実なペガサス/Loyal Pegasus(BNG)》からスタートした市川は2ターン目にひと息考える時間を持ち、《ニクス生まれの盾の仲間/Nyxborn Shieldmate(BNG)》を「授与」せず繰り出した。これには平山の《窒息死/Asphyxiate(BNG)》が差し向けられ、序盤の攻勢を許さない。

 返しのターンに《勇気の元型/Archetype of Courage(BNG)》を繰り出す市川。平山は《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel(THS)》を送り出し《勇気の元型/Archetype of Courage(BNG)》をブロックしに入るが、市川はここに《残忍な発動/Feral Invocation(THS)》を合わせ突破する。

 比較的タフネスの高いクリーチャーを展開する平山だが、エンチャントで強化された《勇気の元型/Archetype of Courage(BNG)》が止められない。最後は《気高き獲物/Noble Quarry(BNG)》までまとった脅威を前に、崩壊した戦線と次のドローを見ると、平山は次のゲームに勝負を託した。


 2ゲーム目も動き出しは市川から。白緑から青緑に色を変えての《前兆語り/Omenspeaker(THS)》スタート。しかし「占術」でライブラリーの一番上を整え、続けて《予言》を唱えるも土地を引けず、一瞬首を傾げる素振りを見せる。それでも《阻まれた希望/Stymied Hopes(THS)》でさらに1枚ライブラリーの一番上のカードを一番下へ送ると、ついに土地を引き込み、戦線を拡大していった。


カードを繰る市川

 対する平山は、2種類のマナ加速アーティファクトからクリーチャーを次々と繰り出す。その威容を前に「さすがに多いな」とつぶやく市川。とはいえ、彼も順調にクリーチャーを展開し、盤面は膠着の様相を見せた。盤面をじっくり吟味した市川が《巨体の狐/Vulpine Goliath(THS)》1体を攻撃に向かわせると、平山は《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel(THS)》、《海岸線のキマイラ/Coastline Chimera(THS)》、《戦いの柱/Pillar of War(BNG)》の3体でブロックに入った。市川は《海岸線のキマイラ/Coastline Chimera(THS)》と《巨体の狐/Vulpine Goliath(THS)》の交換を選ぶ。

 タフネスの高いクリーチャーで地上を固め、《予知するスフィンクス/Prognostic Sphinx(THS)》でライブラリーを整えながら攻勢に回る平山。市川も負けじと《突然の嵐/Sudden Storm(BNG)》で平山のブロッカーを無力化し、ダメージを通す。

 平山はさらに《予知するスフィンクス/Prognostic Sphinx(THS)》へ《タッサの使者/Thassa's Emissary(THS)》を「授与」して攻撃。強烈なアドバンテージを稼いだ彼だが、しかし終わりは突然やって来た。

この試合を決めた1枚。

 《食餌の時間/Time to Feed(THS)》が、《セテッサの誓約者/Setessan Oathsworn(BNG)》の「英雄的」を誘発させつつ平山の戦場に残るブロッカーを排除する。そこへさらに《残忍な発動/Feral Invocation(THS)》を加えて全軍攻撃すると、13点残っていた平山のライフは一気に削り取られたのだった。

市川 2-0 平山

 試合が決するなり感想戦を始める両者。試合前の疲れはもはや感じられない。

 ここまでの勢いそのままに初日全勝を飾ったのは、市川 ユウキだ!

前の記事: 【戦略記事】 プロプレイヤー・行弘 賢(和歌山)のシールドデッキ構築 | 次の記事: 【トピック】 グランプリ・名古屋1日目 写真館(Facebookアルバム)
グランプリ・名古屋2014 一覧に戻る