マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第10回戦:市川 ユウキ(神奈川) vs. 春日 亮佑(千葉)

【観戦記事】 第10回戦:市川 ユウキ(神奈川) vs. 春日 亮佑(千葉)

By Sugiki, Takafumi

 初日を見事ポールポジションで折り返した市川ユウキ。彼が迎え撃つのは、同じく初日全勝の春日亮佑である。市川のドラフトに関しては、こちらの記事にて追いかけているので、そちらもぜひご覧いただきたい。

R10_ichikawa_kasuga.jpg

ゲーム1

 市川の先手でスタートした1ゲーム目、序盤は静かな動きとなり、春日が3ターン目に出した《ティマレットの召使い/Servant of Tymaret(BNG)》が最初のクリーチャーとなる。対する市川は授与としての活用も考えてあえて3ターン目にプレイしなかった《雨雲のナイアード/Nimbus Naiad(THS)》を、仕方ないかという顔をしながら2/2飛行として場に出す。

 春日はその《雨雲のナイアード/Nimbus Naiad(THS)》を《ファリカの療法/Pharika's Cure(THS)》で即座に除去し、《ティマレットの召使い/Servant of Tymaret(BNG)》の攻撃を通しに行く。対する市川は必殺の《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver(THS)》が手札に、《島/Island(THS)》《山/Mountain(THS)》《未知の岸/Unknown Shores(THS)》が戦場にあるものの、残念ながら4マナ目を引かず《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver(THS)》を着地させることができない。それどころか、3マナ以下のクリーチャーカードが場に無く、何もプレイすることなくターンを終える。

 春日は《フィナックスの信奉者/Disciple of Phenax(THS)》で《パーフォロスの激怒/Rage of Purphoros(THS)》をディスカードさせた後に《ティマレットの召使い/Servant of Tymaret(BNG)》で攻撃し、細かくダメージを積み重ねる。

 市川はついに待望の4枚目のランドを引きあてる。選択肢としては、《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver(THS)》、《タッサの使者/Thassa's Emissary(THS)》、《圧倒的な波/Whelming Wave(BNG)》があるが、この中から《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver(THS)》をプレイする。

 このまま《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver(THS)》が無双する展開となればゲームは終了してしまうのだが、春日が《ティマレットの召使い/Servant of Tymaret(BNG)》に授与した《責め苦の伝令/Herald of Torment(BNG)》が忠誠度5の《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver(THS)》にぴったり。市川の《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver(THS)》は活躍の機会がなく、墓地へと沈んでしまった。

 市川は《ティマレットの召使い/Servant of Tymaret(BNG)》への解答を出さないといけない状況であるが、《圧倒的な波/Whelming Wave(BNG)》を打っても次のターンにクリーチャーを再度展開されるだけで、根本的な解決になっていない。このまま《責め苦の伝令/Herald of Torment(BNG)》への解決策を引くことができず投了となった。

市川 0-1 春日


春日 亮佑

 少し話は逸れるが、このようにフィーチャーテーブルにプレイヤーを招待した際、プレイヤーの皆さんには、お名前と出身を書いていただいている。今回のマッチで市川は「出身:Magic Online」と書き、春日は「出身:岩出家(千葉)」と書いていた。

 Magic Onlineは分かるとして、春日の書いた岩出家は、春日が普段仲間と練習しているコミュニティのたまり場のことらしい。普段練習につきあい、お互い切磋琢磨する仲間がいるおかげで、このように全勝フィーチャーテーブルに呼ばれる戦績を残せている。そのことに対する感謝の気持ちを表現したいという想いなのであろう。

 仲間がいるから強くなれる。その仲間への感謝の気持ちを忘れない。こういった春日のマジックをプレイしてくれる仲間への真摯な気持ちが見事花開いた今回のフィーチャーマッチである。


市川 ユウキ

ゲーム2

 再び先手は市川。市川は土地をセットしターンを返し続ける静かな立ち上がり。春日は2ターン目に《蘇りし者の密集軍/Returned Phalanx(THS)》、3ターン目に《ティマレットの召使い/Servant of Tymaret(BNG)》と展開するも、市川の《阻まれた希望/Stymied Hopes(THS)》がそれを阻む。

 市川は《雨雲のナイアード/Nimbus Naiad(THS)》を最初のクリーチャーとして場に送り込むも、1ゲーム目と同様《ファリカの療法/Pharika's Cure(THS)》で即座に墓地送りとなる。その後、攻める春日の《ケンタウルスの戦上手/Centaur Battlemaster(THS)》は《ケラノスの稲妻/Bolt of Keranos(BNG)》、《フィナックスの信奉者/Disciple of Phenax(THS)》は《パーフォロスの激怒/Rage of Purphoros(THS)》で市川が順次捌いていくも、春日が連打する《フィーリーズ団の略奪者/Pheres-Band Raiders(BNG)》、《忌まわしき首領/Abhorrent Overlord(THS)》に対する解答を市川は用意できない。

 《フィーリーズ団の略奪者/Pheres-Band Raiders(BNG)》、《忌まわしき首領/Abhorrent Overlord(THS)》、そこからが生み出されたトークンの群れがレッドゾーンに送り込まれるのを確認し、市川は悔しそうに場を片付けた。

 春日は全勝を堅持!どこまでこの勢いで突き進むのだろうか。

市川 0-2 春日

前の記事: 【戦略記事】 初日全勝・市川ユウキのドラフト | 次の記事: 【トピック】 ジャッジの仕事場
グランプリ・名古屋2014 一覧に戻る