マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準々決勝:伊達 浩(東京) vs. 佐藤 隆俊(東京)

【観戦記事】 準々決勝:伊達 浩(東京) vs. 佐藤 隆俊(東京)

By Hisaya Tanaka

 グランプリ・名古屋も2日間行われたスイスラウンドが終わり、上位8人がグランプリチャンピオンを決めるための最後のドラフトへと駒を進めた。

 初日のシールドを全勝で駆け抜け、ドラフトをまとめあげてプレーオフに進出した佐藤 隆俊。東京の立川にあるファミコンくん2号店店長をつとめており、お店に来るお客さん達と一緒に練習をし、ドラフトのアドバイスなどをもらいここまでたどり着いた。

 対戦相手の伊達 浩は、東京や神奈川で開催されているPWCという大会を中心にマジックをプレイし、腕を磨いてきた。ドラフトではビートダウンを好み、赤単・白青と選択してドラフトラウンドを勝ち抜いてきた。もちろん決勝も白赤のビートダウンだ。

QF_date_sato.jpg

 果たして準決勝に進出するのは、どちらのプレイヤーなのか。

ゲーム1

 スイスラウンドの上位である佐藤がもちろん先攻を選択してゲームが開始される。

「ドブンしか勝てない」と言い初手を見た佐藤だったが、マリガンをして6枚をキープ。2ターン目に《サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder(BNG)》をプレイすると、土地が4枚めくれ1枚を手に入れる。

 一方、伊達は《静寂の神殿/Temple of Silence(THS)》からドローを整えると、《天馬の乗り手/Wingsteed Rider(THS)》《双頭のケルベロス/Two-Headed Cerberus(THS)》と展開し、プレッシャーをかけていく。

 佐藤は《黄金の木立ちの蛇/Snake of the Golden Grove(BNG)》をプレイして対抗しようとするも、《常炎の幻霊/Everflame Eidolon(BNG)》が《天馬の乗り手/Wingsteed Rider(THS)》にエンチャントされ、《槌の一撃/Fall of the Hammer(BNG)》で除去されてしまう。

 続くターンで《英雄の記録者/Chronicler of Heroes(THS)》の能力に対応して《蒔かれたものの収穫/Reap What Is Sown(BNG)》をプレイして場を巻き返そうと図る佐藤だったが、《希望の幻霊/Hopeful Eidolon(THS)》まで《天馬の乗り手/Wingsteed Rider(THS)》にプレイされてしまうと、ドローを確認して投了を宣言した。

佐藤 0-1 伊達


伊達 浩

ゲーム2

 再び先攻の佐藤は7枚をキープしたが、逆に伊達がマリガンを宣言する。

 そんな伊達に対し、佐藤は2ターン目に《ケンタウルスの武芸者/Swordwise Centaur(BNG)》をプレイし、次のターンには《残忍な発動/Feral Invocation(THS)》、4ターン目には《ナイレアの使者/Nylea's Emissary(THS)》を展開する。

 そんな佐藤のブン周りを眺めつつ、伊達は《平地/Plains(M14)》を3枚展開したのみ。《ナイレアの使者/Nylea's Emissary(THS)》の返しでドローを見ると片付けをはじめた。

佐藤 1-1 伊達

ゲーム3

 ここまで2本合わせて10分もかかっていないハイスピードの勝負。3本目もスピード決着してしまうのだろうか。

 軽やかにキープを伝えた佐藤に対して、伊達はマリガン、そしてダブルマリガンと手札を減らし、5枚のハンドに勝負を託すことになってしまった。

 《平地》を2枚置くのみでターンを返した伊達に対して、佐藤は《セテッサの戦神官/Setessan Battle Priest(THS)》《旅するサテュロス/Voyaging Satyr(THS)》《黄金の木立ちの蛇/Snake of the Golden Grove(BNG)》と展開をしていく。

 やっと《山》を引いた伊達は《天馬の乗り手/Wingsteed Rider(THS)》をプレイ。そこに全軍で攻撃した佐藤は《受勲したグリフィン/Decorated Griffin(THS)》を盤面に追加していく。なんとか凌ぎたい伊達は、《不死の贈り物/Gift of Immortality(THS)》を《天馬の乗り手/Wingsteed Rider(THS)》につけてブロッカーを作り上げる。

 佐藤は不死の《天馬の乗り手/Wingsteed Rider(THS)》に対して全軍突撃。《天馬の乗り手/Wingsteed Rider(THS)》が《黄金の木立ちの蛇/Snake of the Golden Grove(BNG)》をブロックし《タイタンの力/Titan's Strength(THS)》で打ち取るものの、これで伊達のライフは7。

 続くターンにブロッカーを追加したものの、佐藤が《邪悪退治/Vanquish the Foul(THS)》で1ターンの間《天馬の乗り手/Wingsteed Rider(THS)》を排除して攻撃すると伊達のライフは2。さらに次のターンにも全軍攻撃をしかけ、スルーされた《旅するサテュロス/Voyaging Satyr(THS)》に《定命の者の熱意/Mortal's Ardor(BNG)》をプレイされる。

 《マグマの噴流/Magma Jet(THS)》で対処しようとした伊達に対して、佐藤はさらなる《定命の者の決意/Mortal's Resolve(BNG)》を見せると、伊達は投了を宣言した。

佐藤 2-1 伊達

 準決勝に駒を進めたのは佐藤 隆俊!


佐藤 隆俊

前の記事: 【観戦記事】 準々決勝:朴 高志(愛知) vs. Sim, Chapman(シンガポール) | 次の記事: 【観戦記事】 準々決勝:杉山 雄哉(広島) vs. 春日 亮佑(千葉)
グランプリ・名古屋2014 一覧に戻る