マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準々決勝:杉山 雄哉(広島) vs. 春日 亮佑(千葉)

【観戦記事】 準々決勝:杉山 雄哉(広島) vs. 春日 亮佑(千葉)

By Tetsuya Yabuki

 門は開いた。
「万神殿」に集った8人はそれぞれの戦いの舞台に散り、集中を研ぎ澄ます。
 ここではその中の一卓、カメラも向けられる注目の一戦をお届けする。

QF_sugiyama_kasuga.jpg

 トップ8プロフィールによると、今大会、杉山 雄哉と春日 亮佑にはやはり神々の加護があったようだ。

 すなわち、《ヘリオッドの使者/Heliod's Emissary(THS)》の後押しを度々受けた杉山。
 2日目のドラフトを2回とも緑黒(ファリカの司る色)で戦い抜いた春日。
 決勝ドラフトも同じ姿勢を貫く、とまではいかなかったが、ここまでの献身には気まぐれな神々も応えてくれることだろう。

試合

 初手を確認した春日はキープを即決。一方、杉山はひとしきり悩んだものの、こちらもキープ。

 動き出しは杉山。《ニクス生まれのお調子者/Nyxborn Rollicker(BNG)》に続けて《目ざといアルセイド/Observant Alseid(THS)》と「授与」せず展開すると、《目ざといアルセイド/Observant Alseid(THS)》には《ファリカの療法/Pharika's Cure(THS)》が向けられた。

 赤白の杉山と赤黒の春日、速いデッキ同士の勝負を思わせる色の組み合わせだが、このマッチアップは比較的重い部分を中心に進んでいった。春日は《パーフォロスの使者/Purphoros's Emissary(THS)》、《炎輪のフェニックス/Flame-Wreathed Phoenix(BNG)》と4マナ域を続けて繰り出し、杉山にプレッシャーをかけていく。


春日 亮佑

 一方《グリフィンの夢掴み/Griffin Dreamfinder(BNG)》に《目ざといアルセイド/Observant Alseid(THS)》を「授与」して春日の攻勢を阻もうとする杉山。しかし《炎輪のフェニックス/Flame-Wreathed Phoenix(BNG)》との戦闘に入るとそこへ《胆汁病/Bile Blight(BNG)》が差し向けられ、突破を許してしまう。

 《石殴りの巨人/Stoneshock Giant(THS)》で戦線を立て直す杉山に対し、春日の《炎輪のフェニックス/Flame-Wreathed Phoenix(BNG)》が空から着実にダメージを稼ぐ。「怪物化」した《石殴りの巨人/Stoneshock Giant(THS)》の攻撃もしのぎ、返しに《洞窟のランパード/Cavern Lampad(THS)》を「授与」して決着した。


杉山 雄哉

 2ゲーム目は杉山がマリガンを選択。

 6枚でスタートした杉山は、意を決して1ターン目《ニクス生まれのお調子者/Nyxborn Rollicker(BNG)》から続けて《ヘリオッドの試練/Ordeal of Heliod(THS)》を貼り電撃戦を仕掛ける。しかしその狙いは、春日の《ファリカの療法/Pharika's Cure(THS)》が断ち切った。

信仰の成果?

 すると盤面への動きがなくなる杉山。春日の《強欲なハーピー/Insatiable Harpy(THS)》は《神聖なる評決/Divine Verdict(THS)》で除去するものの、展開を続ける春日に盤面の有利を取られる。

 《夜の咆哮獣/Nighthowler(THS)》の「授与」を加え攻め込む春日。防戦に立たされる杉山。的確な除去が杉山の防御を破り、致死量のクロックを擁する春日が《フィナックスの信奉者/Disciple of Phenax(THS)》で手札の開示を求めると、杉山は静かに投了の声をあげた。

春日 2-0 杉山

 初日不戦勝無しから全勝という偉業を成した春日が、グランプリ優勝というもうひとつの偉業を求めて先へ。

前の記事: 【観戦記事】 準々決勝:伊達 浩(東京) vs. 佐藤 隆俊(東京) | 次の記事: 【観戦記事】 準々決勝:松井 久剛(千葉) vs. 板垣 竜二(埼玉)
グランプリ・名古屋2014 一覧に戻る