マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準決勝:佐藤 隆俊(東京) vs. 朴 高志(愛知)

【観戦記事】 準決勝:佐藤 隆俊(東京) vs. 朴 高志(愛知)

By Hisaya Tanaka

 グランプリチャンピオンまであと2つ。準決勝に進出しここで相対するのは、スピード対決を制した佐藤隆俊、そして相手の事故をしっかりと押さえ込んだ朴高志の2人だ。

 優勝という栄光を手にするのは果たしてどっちだ。

SF_sato_boku.jpg

ゲーム1

 朴が先攻でワンマリガンするも、《アスフォデルの放浪者/Asphodel Wanderer(THS)》から《エレボスの試練/Ordeal of Erebos(THS)》の猛烈なスタートダッシュ。

 対する佐藤は《青銅の黒貂/Bronze Sable(THS)》《旅するサテュロス/Voyaging Satyr(THS)》と展開しここから盤面を作っていきたいところだったが、ここに朴の2枚目の《エレボスの試練/Ordeal of Erebos(THS)》が突き刺さる。

 これにより手札が一気に4枚奪い取られた佐藤は、残った《目ざといアルセイド/Observant Alseid(THS)》を授与するのだが、試練を乗り越えて育った《アスフォデルの放浪者/Asphodel Wanderer(THS)》が全く止まらない。《黄金の木立ちの蛇/Snake of the Golden Grove(BNG)》をプレイするものの、朴が《洞窟のランパード/Cavern Lampad(THS)》《霧裂きのハイドラ/Mistcutter Hydra(THS)》と連打をすると、投了となってしまった。

佐藤 0-1 朴


朴 高志

ゲーム2

 このゲームも、朴が《肉餓えの馬/Fleshmad Steed(THS)》から《エレボスの試練/Ordeal of Erebos(THS)》というスタートダッシュ。しかし、今回は佐藤が《剥離/Excoriate(BNG)》を持っており、展開はゆっくりとしたものに。

 《ネシアンの狩猟者/Nessian Courser(THS)》《ニクス生まれの狼/Nyxborn Wolf(BNG)》と朴が展開をすると、対する佐藤は《受勲したグリフィン/Decorated Griffin(THS)》《黄金の木立ちの蛇/Snake of the Golden Grove(BNG)》と展開して、飛行によるアタッカーを準備しつつ地上のブロッカーもしっかりと用意する。

 朴も《黄金の木立ちの蛇/Snake of the Golden Grove(BNG)》をプレイし、《ネシアンの狩猟者/Nessian Courser(THS)》に《悪意の幻霊/Baleful Eidolon(THS)》を授与し攻撃の手段を作っていくのだが、佐藤はさらに《黄金の木立ちの蛇/Snake of the Golden Grove(BNG)》をプレイし地上を固め、《受勲したグリフィン/Decorated Griffin(THS)》のダメージ軽減能力で朴の攻撃をシャットアウト。こつこつと《受勲したグリフィン/Decorated Griffin(THS)》が朴のライフを削っていく。

 お互いに引いたカードを展開していくのだが決定打とはならず、繰り返し《受勲したグリフィン/Decorated Griffin(THS)》が朴を攻撃し徐々にライフは危険水域に。

 ついに飛行クリーチャーである《血集りのハーピー/Blood-Toll Harpy(THS)》を引いた朴は、《受勲したグリフィン/Decorated Griffin(THS)》をブロックし《エレボスの加護/Boon of Erebos(THS)》で除去しにかかるが、佐藤は《定命の者の決意/Mortal's Resolve(BNG)》で《受勲したグリフィン/Decorated Griffin(THS)》を守り切る。

 これで《血集りのハーピー/Blood-Toll Harpy(THS)》がチャンプブロックに回る運命となってしまいゲームはほぼ決したかに思えたが、朴がここで《洞窟のランパード/Cavern Lampad(THS)》をトップデッキ。《血集りのハーピー/Blood-Toll Harpy(THS)》に授与し十分なサイズのブロッカーを用意することに成功する。

 数ターン「土地を置いてエンド」が続いたが、おもむろに佐藤が《受勲したグリフィン/Decorated Griffin(THS)》で攻撃をすると、ブロックされたところに《残忍な発動/Feral Invocation(THS)》をプレイ。しかし、朴はここで《屍噛み/Necrobite(BNG)》を引いており、《血集りのハーピー/Blood-Toll Harpy(THS)》を残しつつ、ガンとなっていた《受勲したグリフィン/Decorated Griffin(THS)》を除去することに成功。

 ついに反撃に出る時が来たとばかりに、《血集りのハーピー/Blood-Toll Harpy(THS)》が攻撃に回り佐藤の残りライフが5。朴のライフは4。

 佐藤の全軍攻撃でもライフがかろうじて残り、返しの攻撃で勝てるため、あと2ターンで朴の勝利......かと思われた時、佐藤は《蒔かれたものの収穫/Reap What Is Sown(BNG)》をトップデッキ!

 全軍で攻撃を仕掛け、スルーされたクリーチャーに《蒔かれたものの収穫/Reap What Is Sown(BNG)》をプレイすると、朴のライフはちょうど0となった。

佐藤 1-1 朴


佐藤 隆俊

佐藤「《受勲したグリフィン/Decorated Griffin(THS)》は《悪斬の天使》だ」

ゲーム3

 このゲームは朴が《肉餓えの馬/Fleshmad Steed(THS)》2連打、佐藤が《青銅の黒貂/Bronze Sable(THS)》《乳白色の一角獣/Opaline Unicorn(THS)》を展開しあう立ち上がり。

 《肉餓えの馬/Fleshmad Steed(THS)》と《青銅の黒貂/Bronze Sable(THS)》が相打ちをすると、お互いの場には《悪魔の皮のミノタウルス/Felhide Minotaur(THS)》、《旅するサテュロス/Voyaging Satyr(THS)》が追加されていく。

 朴は《悪意の幻霊/Baleful Eidolon(THS)》を《肉餓えの馬/Fleshmad Steed(THS)》に、《洞窟のランパード/Cavern Lampad(THS)》を《悪魔の皮のミノタウルス/Felhide Minotaur(THS)》へと次々授与すると、佐藤へと攻撃を繰り返していく。

 《悪魔の皮のミノタウルス/Felhide Minotaur(THS)》を《神聖なる評決/Divine Verdict(THS)》で除去した佐藤、《ナイレアの使者/Nylea's Emissary(THS)》を《旅するサテュロス/Voyaging Satyr(THS)》に授与し反撃に出ようとするが、朴はここに巨大な《霧裂きのハイドラ/Mistcutter Hydra(THS)》を投入。一気に佐藤のライフを一桁にしてしまう。

 ブロッカーを出した佐藤だったが、朴が《エレボスの鞭/Whip of Erebos(THS)》をプレイすると、投了を宣言するしかなくなってしまった。

佐藤 1-2 朴、決勝進出は朴 高志!

前の記事: 【トピック】 グランプリ・名古屋2014 写真小ネタ集・2日目 | 次の記事: 【観戦記事】 準決勝:松井 久剛(千葉) vs. 春日 亮佑(千葉)
グランプリ・名古屋2014 一覧に戻る