マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 変化を見極める

【戦略記事】 変化を見極める

by Atsushi Ito

 どんなに些細な形でも、メタゲームは常に動いている。

 プレイヤーたちは日々新たなテクニックを模索し、混沌とした環境から頭一つ抜け出して少しでも優位に立とうとしている。

 メタゲームの変化を敏感に感じ取り、素早くそして的確に自らのデッキを環境に適応させた者が、次なる勝者となるのだ。

 ラクドスミッドレンジの鮮烈な優勝に終わったグランプリ・サンアントニオ

 そこにおけるラクドスの台頭という情報は瞬く間に世界を駆け巡り、既にスタンダード環境の前提となった。

 あれから2週間。プレイヤーが対応するには十分な時間だ。

 メタ(高次元の)ゲームが動き出し、プレイヤーたちの思考が加速する。先へ、もっと先へ。相手の認識の裏側へと、警戒の網をすり抜けるように。

 その証拠に多くのデッキタイプにおいて、個々のカード採用に2週間前とは顕著な違いが見られる。

 そういった変化、すなわち進化と対応の意図を見極めることは、自分でデッキを構築する際の大きな手助けになることだろう。

 ここでは、この2週間の間に採用率が上がったカードと下がったカードをそれぞれいくつかピックアップして、その理由を軽くおさらいしておく。

○2週間前と比べて採用率が上がったカード

 コントロール側はこのカードを多く採用するようになった。というのも、《ファルケンラスの貴種》《雷口のヘルカイト》に対抗するには、それ自体への最終的な対処もさることながら、序盤の《墓所這い》《戦墓のグール》の攻勢を押しとどめ、ライフを安定的な水準に保っておくこともまた必要不可欠だからだ。

 ラクドスミッドレンジのサイドボードの採用されていたこのカードは、今やメインデッキに入れてもいいとさえ思えるようになっている。単体で《修復の天使》を乗り越えられるのでトリコFlash相手にも効果的である上に、ラクドスミッドレンジ同型戦ではプレイングによる差がつけにくく、細かな構成の優劣がそのまま勝敗に直結することもあるからだ。

 タフネスが3あることでブロッカーとして機能するというだけでなく、《墓所這い》《悪名の騎士》は一方的に討ち取り、さらに《ファルケンラスの貴種》に対する強力な牽制になる。《修復の天使》と相性が良い点も◎。トリコFlashのサイドボードから飛び出してくるこいつには要注意だ。

 《墓所這い》《ゲラルフの伝書使》《ファルケンラスの貴種》を一掃するためのコントロールの最終兵器。奇跡頼みと聞くと涙ぐましい努力のようだが、4枚採用と《熟慮》《アゾリウスの魔除け》のバックアップがあれば立派な戦略になる。

 「ラクドスへの警戒」と「フィールドの多様性への対応」を同時に実現しなければならないことがデッキ構築のネックとなっている、というのがこの環境の大きな特徴の1つだが、そうした状況にあって「《ゲラルフの伝書使》《ファルケンラスの貴種》も問題なく対処できる万能除去」というのは1つの回答である。また《忘却の輪》は流行りだした《拘留の宝球》に対する意味でも活躍が期待できる。

 実はコントロール側のフィニッシュ手段も変化してきている。環境には《スラーグ牙》や《スフィンクスの啓示》などのライフ維持手段が多い上に、どんな状況からでも盤面をひっくり返せる《静穏の天使》なども存在するため、ダメージによる勝利を狙うと決定力に欠ける構成になりやすい。そこで今注目されている勝利手段がライブラリーアウトである。着地しさえすれば[0]能力の連打により速やかにゲームを終わらせてくれることだろう。

○2週間前と比べて採用率が下がったカード

 環境の3〜5マナ域には強力なカードが多く、しかもそれらは少なからず除去耐性や「戦場に出たとき」能力を持っているので、仮に対処されたとしてもテンポ面あるいはアドバンテージ面での何らかの恩恵が得られていることが多い。そういった状況にあってこの《オリヴィア・ヴォルダーレン》は、3/3と対処されやすいサイズであるにも関わらず即効性がないので、事前の露払いを要求する局面が頻繁に出てくる。ただ何となくデッキに入れられるカードではないという点で、採用率の低下はやむをえないところか。

 単純なコンバット性能で同じマナ域の《ロクソドンの強打者》や《銀刃の聖騎士》に劣る上に、《雷口のヘルカイト》の氾濫によりチャンプブロッカーとしての機能にも信頼がおけなくなっているのがこのカードの不人気に拍車をかけている。

 たとえ自分がビートダウンである緑白人間を使用していたとしても、似たようなスペル構成の緑白ベースのミッドレンジがフィールドに存在する以上は、展開において後手を踏むことも覚悟していなければならない。つまり、攻め一辺倒のカードには「守りに入ったときに弱い」というリスクが付きまとうのである。

 トリコFlashの増加とリアニメイトの復帰により《安らかなる眠り》がグッドサイドカードとしての地位を取り戻しつつあることに加え、決定力がそこまで十分とは言いづらいにも関わらず、防御時には重さに比して単体除去に対する多大なリスクを孕むというのが、《怨恨》と同様に敬遠されがちな理由となっている。

 総じて、どのデッキもラクドスに対する警戒を強めていることが感じられる。また、「防御」「対応」に機能しないカードは軒並み評価が下がっている傾向にあるようだ。

 ここで挙げた以外にも変化の兆しは所々に見受けられる。今この瞬間、ここ名古屋においても、新しい変化の波が生まれていることだろう。

 変化を察知し、その理由を想像する。

 それが優秀なデッキビルダーへの第一歩だ。

前の記事: 【戦略記事】 スタンダードの基本の「き」 Part3:Providence | 次の記事: 【戦略記事】 多様性への挑戦
グランプリ・名古屋12 一覧に戻る