マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 多様性への挑戦

【戦略記事】 多様性への挑戦

by Atsushi Ito

 グランプリ前日、雑談ついでに渡辺 雄也にスタンダード環境の感触を尋ねたところ、以下のような返答をもらった。

渡辺 「この環境は本当に難しい。ラクドスをメタろうとするとコントロールにやられるし、コントロールをメタろうとするとラクドスに弱くなる」

 世界でもトップクラスのプレイヤーである渡辺にここまで言わしめるスタンダード環境の混迷ぶり。その原因は明らかにデッキの多様性にある。

 スタンダードの基本の「き」(Part1, Part2, Part3)を読んでもらった方にはわかるだろうが、単純に種類だけでなく、色、速度、コンセプト、採用されるカードやサイドボードの隅々に至るまで、見事にバラバラである。

 ここまで色々なカードに活躍のチャンスがある環境も珍しいのではないだろうか。

 往年のフェアリーやジャンド、Caw-Bladeのように、ラクドスミッドレンジが支配的な一強状態であればまだ読みやすいメタゲームであっただろう。

 だが残念ながらそこまでのデッキパワーはない、というのがプレイヤーの共通見解だ。

 つまりプレイヤーたちは、ラクドスミッドレンジを意識しつつ、その他にもビートダウン、ミッドレンジ、コントロールそれぞれに気を配らなければならないことになる。

 これではデッキ構築、デッキ選択が難しくて当然というものだろう。


プレイヤーの数だけデッキが存在する

 しかし、この環境でグランプリが開かれる以上は、どこかで決断してデッキを決める必要がある。

 では一体、その基準をどこに見出せばいいのだろうか。

 ......困ったときは先人の知恵を借りようということで、今回のグランプリにプレイヤーとして出場している石田 格氏にお話を伺ってみた。

 果たして石田の眼にはこのスタンダード環境はどう映ったのか。

www.wizards.comstrategy5_ishida.jpg

石田 「とにかくクリーチャーがひたすら強くて除去が弱い環境ですよね。緑白系とラクドスと少数のよくわからないコントロールがいて、どれもじゃんけんぽんして先に強いクリーチャー出してはい俺の勝ち、みたいな。クリーチャーが強すぎてどうやっても間に合わない状況とかにすぐなっちゃうんですよ。緑白もラクドスも使ってるカードは違うけどやってることは大体一緒じゃないですか」

石田 「しかもいつもならそれに対する回答が環境に用意されているけれど、今回はそれがないんですね。ゲームは実質4ターン目くらいにほとんど終わっちゃうので、自分もそういうじゃんけんゲーは出来るようにしつつ『俺の方が強い』と言える構成にして、コントロールにはサイドボード合わせてマッチ有利という風にするしかないんじゃないかなぁと思います。ラクドスと緑白だけになったらもっと極端なデッキも作りようがあるんですが、さすがにそこまでは行ってないと思うので」

 様々なデッキがある環境に見えて、実はあくまでも中心はクリーチャーという主要な要素だけを分析・抽出し、的確な回答を用意してみせる。さすがは石田といったところか。

石田 「......というのは全部受け売りなんですけどね。今回は一週間くらい調整して自分で4色デッキ作ってきたけどダメそうだったんで、直前トライアルを勝った長岡さんに頭を下げました(笑)」

 やはりこの環境、一筋縄ではいかないようだ。

前の記事: 【戦略記事】 変化を見極める | 次の記事: 【戦略記事】 『デッキのことならヤソに訊け!!』
グランプリ・名古屋12 一覧に戻る