マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準々決勝総括

【観戦記事】 準々決勝総括

by Atsushi Ito


小北 雄史(大阪) vs. 津村 健志(大阪)


小北 雄史 vs. 津村 健志

「一番当たりたくなかったのに順位ずれてもーた・・・」と嘆く津村。それもそのはず、津村の緑白黒リアニメイトには、小北の人間リアニデッキのティム接死コンボを防ぐビジョンがほとんどないのだ。

 それでも1ゲーム目は何とか、小北の3ターン目ティム接死コンボ成立からの《根囲い》→《堀葬の儀式》《栄光の目覚めの天使》にもめげず、素出し《静穏の天使》での抵抗を試みる......が、小北はどこ吹く風で2体目の《栄光の目覚めの天使》。尽きぬティム接死コンボにあえなくゲームを落とす。

 そして2ゲーム目も、小北の2枚の《慢性的な水害》から止めどなく供給される《堀葬の儀式》《栄光の目覚めの天使》とそこからのティム接死コンボ相手に、全く成す術がないのであった。

小北 2-0 津村


永井 守(神奈川) vs. 佐藤 和真(千葉)

 1ゲーム目は赤単タッチ黒の佐藤が後手ながら《ラクドスの哄笑者》→《悪名の騎士》→《ラクドスの魔鍵》のぶん回り。ナヤの永井も4ターン目にようやく《高原の狩りの達人》を初動としてプレイするが、《ミジウムの迫撃砲》で除去されてしまう。

 それでも《忌むべき者のかがり火》で盤面は捌いたと思いきや、《雷口のヘルカイト》に走られての永井の残り5点を、《灰の盲信者》と《灼熱の槍》で詰められてまずは佐藤が先取。


佐藤 和真

 2ゲーム目は土地が3枚で詰まった佐藤に対して永井、4ターン目の《鷺群れのシガルダ》! 星をイーブンに戻す。

 そして3ゲーム目、佐藤の《流城の貴族》→《灰の盲信者》に対して永井が《アヴァシンの巡礼者》→《ロクソドンの強打者》でしっかり応える。

 佐藤が《脳食願望》で《スラーグ牙》を落とし、対して永井が《高原の狩りの達人》、さらにこの返しで佐藤が《ファルケンラスの貴種》を走らせる、という一進一退の攻防。


永井 守

 しかし永井がマナを立たせつつ《高原の狩りの達人》を変身させると、佐藤は勝負を急いだか《灰の盲信者》も突っ込ませ、ブロックした《高原の荒廃者》に《灼熱の槍》を打ち込んでしまい。

 そこに永井の《修復の天使》が合わせられ、返しの《ケッシグの狼の地》含みの強烈なカウンターアタックにより、佐藤のグランプリ・名古屋は道半ばで終わりを迎えた。

永井 2-1 佐藤


Rahman A. Aryabhima (インドネシア) vs. 篠原 和誠(愛知)

 ラクドスミッドレンジの篠原に対し、アリャビマもラクドスではあるが、《反逆の印》まで入ったアグロ指向のビートダウンである。


Rahman A. Aryabhima vs. 篠原 和誠

 1ゲーム目は先手のアリャビマがゾンビを並べて篠原のライフを十分削ってからの《血の芸術家》で篠原を秒殺。

 2ゲーム目は《ゲラルフの伝書使》を出し合う好ゲームになるが、篠原がアリャビマの《ゲラルフの伝書使》を不死させてしまった隙をついて、アリャビマが《ファルケンラスの貴種》プレイ→フルアタックからの《灼熱の槍》で華麗に差しきった。

Aryabhima 2-0 篠原


村栄 龍司(兵庫) vs. 川口 恭平(和歌山)

 赤単タッチ黒の村栄 vs ラクドスミッドレンジの川口という攻撃特化型同士の激突。


村栄 龍司

 まず村栄が《流城の貴族》からの《忌むべき者のかがり火》X=1で川口の《墓所這い》《悪名の騎士》をなぎ払い、続けて《地獄乗り》を走らせて1本もぎ取ると、


川口 恭平

 川口も村栄の除去ハンドに対して再三《ゲラルフの伝書使》《ゲラルフの伝書使》《吸血鬼の夜鷲》とマスト除去を突きつけ、村栄の除去が付きたタイミングで《雷口のヘルカイト》を走らせて1本取り返す。

 そして運命の3本目。先手1ターン目《流城の貴族》という最高のスタートを切った村栄は、川口の《脳食願望》をスカらせた後、ブロッカーを全て焼きつつ《戦の大聖堂》の恩恵を受けた《流城の貴族》で殴り続ける。

 川口も全てのリソースを使ってこれを処理、盤面を平らにするが、ライフは既に2。

 《雷口のヘルカイト》を走らせ、村栄が何も引かないことに賭けるのだが、村栄のドローは《灰の盲信者》。

 賛美含め3/3のアタックを前にして、川口の手札には《悲劇的な過ち》が握られていたのだった。

村栄 2-1 川口

前の記事: 【戦略記事】 Deck Tech:永井 守のナヤ | 次の記事: 【観戦記事】 準決勝:Rhaman A. Aryabhima(インドネシア) vs. 永井 守(神奈川)
グランプリ・名古屋12 一覧に戻る