マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第5回戦:高橋 優太(日本) vs. Zhang Zheng(中国)

【観戦記事】 第5回戦:高橋 優太(日本) vs. Zhang Zheng(中国)

By 矢吹 哲也

 中国は上海市、「上海世貿商城(上海マート)」からニーハオ!

 海外からお届けする今大会のカバレージでは、主に日本人プレイヤーたちの活躍を追っていく。中国に足を運んだ日本の戦士たちは、ここ上海の地に再び栄冠を掲げることができるだろうか。

 第5回戦、フィーチャー・マッチ・エリアに姿を現したのは、高橋 優太。自身の組み上げたデッキをひたすらに回し続けていた彼は、勢いそのままにフィーチャー卓に座り、対戦相手を待ち受ける。

 ここでは、高橋と中国のチャン・チェンとの一戦をお送りしよう。

r5_Takahashi_Zhang.jpg

試合展開

 両者キープから、タップイン3色の土地を置き合う立ち上がり。チャンは《神秘の僧院/Mystic Monastery(KTK)》、高橋は《開拓地の野営地/Frontier Bivouac(KTK)》だ。

 動き出しは高橋から。彼が《平地/Plains(KTK)》から《ジェスカイの学徒/Jeskai Student(KTK)》を展開すると、チャンは《牙守りの隊長/Tuskguard Captain(KTK)》で盤面を固める。お互いに「変異」クリーチャーを1体ずつ出し、高橋が《塩路の巡回兵/Salt Road Patrol(KTK)》を繰り出したところで、盤面は膠着しはじめた。

 チャンが「長久」を起動した隙に、高橋は《塩路の巡回兵/Salt Road Patrol(KTK)》で攻撃。その後《龍流派の双子/Dragon-Style Twins(KTK)》を戦場へ。さらに次のターンには「変異」クリーチャーを追加し、盤面を固める。

 一方チャンは「変異」していたクリーチャーで攻撃。それが通ったのを見ると彼は少し考え、しかし裏向きのまま2点のダメージを与える。その直後、《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade(KTK)》が戦場に降り立った。

 《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade(KTK)》と「変異」クリーチャーで攻撃に向かうチャン。高橋は《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade(KTK)》を3体でブロックし、「変異」には「変異」とばかりに先ほど出した2枚目の裏向きのクリーチャーを向かわせる。チャンは《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade(KTK)》をその2番目の能力で手札に戻し、「変異」クリーチャーには《熊の覚醒/Awaken the Bear(KTK)》を合わせるが、表にした高橋の「変異」クリーチャーは《軍用ビヒモス/War Behemoth(KTK)》であり、この戦闘でクリーチャーの交換は行われなかった。


「変異」込みの戦闘。この環境で最も重要なシーンのひとつだ。

 クリーチャーをすべて戦場に残した高橋がターンを迎えると、彼は全軍に攻撃命令を下す。高橋の「変異」クリーチャーをブロックするチャンだが、表になったそのカードは《長毛ロクソドン/Woolly Loxodon(KTK)》。一方的にブロッカーを倒した高橋は盤面の優位を保ったままチャンに大きなダメージを与える。


高橋 優太

 再び戦場に《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade(KTK)》を繰り出したチャン。しかし、それを《大物潰し/Smite the Monstrous(KTK)》で退散させられると、再度の全軍攻撃に耐えるすべは残されていなかった。


 2ゲーム目は高橋がマリガン。チャンが《ジェスカイの風物見/Jeskai Windscout(KTK)》からゲームを始めると、高橋は《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》で対抗。2点同士のダメージ交換が行われる。

 チャンの戦場に再び《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade(KTK)》が現れたが、高橋は《まばゆい塁壁/Dazzling Ramparts(KTK)》でにらみをきかせ、さらに《アブザンの鷹匠/Abzan Falconer(KTK)》も追加して盤面を固めていく。

 それでもそこに《鐘音の一撃/Singing Bell Strike(KTK)》を貼り付け、「変異」クリーチャーを繰り出しつつ攻勢を続けるチャン。高橋は《アブザンの鷹匠/Abzan Falconer(KTK)》によって飛行を得た《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》で《ジェスカイの風物見/Jeskai Windscout(KTK)》をブロックするものの、これは《焼き払い/Burn Away(KTK)》で対処された。そこへさらに、《長毛ロクソドン/Woolly Loxodon(KTK)》、《嘲る扇動者/Jeering Instigator(KTK)》と「変異」クリーチャーたちが続々と表になると、チャンの勝利を後押ししたのだった。


チャン・チェン

 試合時間が迫る中始まった第3ゲームは、チャンの素早い立ち上がりが序盤を加速させた。《族樹の管理人/Kin-Tree Warden(KTK)》から《幽霊火の刃/Ghostfire Blade(KTK)》、《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade(KTK)》と流れるように展開し、高橋にプレッシャーをかけていく。

 《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade(KTK)》に《必殺の一射/Kill Shot(KTK)》を差し向けて手札に戻させた高橋。その後連続で3体の「変異」クリーチャーを繰り出し、2/2クリーチャーの群れでなんとか盤面を維持する。手札に戻ってから再び姿を見せた《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade(KTK)》に《大物潰し/Smite the Monstrous(KTK)》を当てると、《マルドゥの心臓貫き/Mardu Heart-Piercer(KTK)》を絡めて盤面の有利を取り戻していった。

 しかしチャンも《熊の仲間/Bear's Companion(KTK)》を繰り出し、最後まで譲らない。除去が飛び交いクリーチャー同士の交換が繰り返されるうちに、試合時間は過ぎた。やがて追加の5ターンが3ターン目を迎えたそのとき、勝負は決する。激しい地上戦を制したのは――

幾度となく対峙した《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade(KTK)》を文字通り「潰した」1枚。

 再三にわたり《大物潰し/Smite the Monstrous(KTK)》を効果的に使った高橋だった。

高橋 2-1 チャン

前の記事: 【観戦記事】 第4回戦:Park Jun Young(韓国) vs. 市川ユウキ(日本) | 次の記事: 【戦略記事】 『タルキール覇王譚』リミテッドへの招待――プロ・プレイヤーたちにクイック・インタビュー その2
グランプリ・上海2014 一覧に戻る