マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第12回戦:中村 修平(日本) vs. Han Bing(中国)

【観戦記事】 第12回戦:中村 修平(日本) vs. Han Bing(中国)

By Masami Kaneko

 1番テーブルで無事に2-0し、10勝1敗という好成績の中村。本人は「引退勢」などと言っているが、現在日本人のポールポジションは彼だ。

 あまり自分のデッキを褒めない中村が、「デッキが強い、エクセレントとまでは言わないがグッドだ。」とまで言うデッキ。その強さに期待したい。

 一方のハン・ビン/Han Bingは、中国の今年の国内王者。お互いに2-0、トップ8へさらに一歩進むのはどちらなのか? 熱戦に期待しよう。


中村修平 vs. Han Bing

ゲーム1

 中村の先手でゲームはスタート。2ターン目に《道の探求者/Seeker of the Way(KTK)》を展開する。

 《幽霊火の刃/Ghostfire Blade(KTK)》を展開するハン、中村はこの《道の探求者/Seeker of the Way(KTK)》に《殻脱ぎ/Molting Snakeskin(KTK)》を付けて、止めにくいアタッカーを用意した。しかしこれはハンの《弧状の稲妻/Arc Lightning(KTK)》で対処されてしまう。

 中村が次なる脅威として用意したのは《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》。ハンは《軍族童の突発/Hordeling Outburst(KTK)》。中村は《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》で攻撃を開始し、《シディシのペット/Sidisi's Pet(KTK)》で地上を固めた。

 ハンは、ゴブリントークンの1体で攻撃し犠牲にしたうえで《マルドゥの軍族長/Mardu Hordechief(KTK)》を展開。盤面のトークンの数は変わらない。「戦士」を増やすことに意味があることを匂わせるプレイだ。

 中村は《軍備部隊/Armament Corps(KTK)》が《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》を強化し攻撃。盤面は強靭で、土地を多めに引いてしまっているハンは有効な攻め手を用意することができない。

 《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》で攻撃し続け、《まばゆい塁壁/Dazzling Ramparts(KTK)》も展開する中村。しかしハンも伊達にここまで数を並べてはいない。《戦場での猛進/Rush of Battle(KTK)》を唱えたうえで「戦士」たちを攻撃に向かわせ、自身のライフも15まで引き上げた。


ハン・ビン/Han Bing

 とはいえ、中村の優位自体は崩れない。《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》は攻撃し続け、さらには《頭巾被りのハイドラ/Hooded Hydra(KTK)》がX=5で追加される。

 地上クリーチャーまでも攻撃に回り始めた中村、ハンに逆転のチャンスは存在しなかった。

中村 1-0 ハン

ゲーム2

 お互いに「変異」を出しあい、ハンの4ターン目に相打ちする。。しかしハンの動きは《マルドゥの戦叫び/Mardu Warshrieker(KTK)》から《マルドゥの軍族長/Mardu Hordechief(KTK)》と強烈なものだった。

 中村も《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》で応えるが、《マルドゥの戦叫び/Mardu Warshrieker(KTK)》は止まっていない。さらにハンも《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》を追加。この攻勢に、中村は5マナを立ててターンを終える。

 戦場は有利ながら、考える必要の出てきたハン。《マルドゥの戦叫び/Mardu Warshrieker(KTK)》のみで攻撃してみれば、《絞首/Throttle(KTK)》が飛んできた。《跳躍の達人/Leaping Master(KTK)》を2体追加してターンを終える。

 《軍用ビヒモス/War Behemoth(KTK)》を表で展開し場を固めにかかる中村、《矢の嵐/Arrow Storm(KTK)》で《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》を排除し殴りきろうとするハン。

 《跳躍の達人/Leaping Master(KTK)》も含めて3体の飛行クリーチャーに対処しなくてはならない中村。まずは《大蛇の儀式/Rite of the Serpent(KTK)》で《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》を破壊。ハンは犠牲を厭わず全てのクリーチャーで攻撃し、中村のライフを11に減らす。さらに《休息地の見張り/Watcher of the Roost(KTK)》をプレイ。中村のライフを削り切る算段が見え隠れするプレイだ。

 ここで中村、《軍備部隊/Armament Corps(KTK)》で《軍用ビヒモス/War Behemoth(KTK)》を強化し攻撃に向かわせる。そして、戦闘後にプレイされた《マルドゥの頭蓋狩り/Mardu Skullhunter(KTK)》が、ハンのたった1枚の手札から《火口の爪/Crater's Claws(KTK)》をもぎ取った!

割の合わない交換

 一挙に想定が崩れたハン、果たしてこのまま中村のライフを削りきれるのか計算をしなおした。

 ハンは結局《休息地の見張り/Watcher of the Roost(KTK)》のみで攻撃し、《山頂をうろつくもの/Summit Prowler(KTK)》を追加する。中村は《軍用ビヒモス/War Behemoth(KTK)》で攻撃し、《マルドゥの頭蓋狩り/Mardu Skullhunter(KTK)》と「変異」を展開した。


中村修平

 《跳躍の達人/Leaping Master(KTK)》が跳躍し、《休息地の見張り/Watcher of the Roost(KTK)》と合わせて中村に4点。止められない飛行クリーチャーを前に中村のライフは5、風前の灯火だ。

......と、思いきや。ここで中村は《ケルゥの吸血者/Kheru Bloodsucker(KTK)》をトップデッキ!

 これにより、中村の潜在的なライフが一挙に跳ね上がる。《軍備部隊/Armament Corps(KTK)》と《軍用ビヒモス/War Behemoth(KTK)》の攻撃にも対処しなくてはならず、ブロックして相打ちこそしてみるものの、ハンのライフは8に落ち込み、中村は7に戻った。

r12_board1.jpg

 こうなると、攻撃をしても中村の返しの攻撃に耐えられそうにないハン、《休息地の見張り/Watcher of the Roost(KTK)》のみで攻撃を行う。中村は《ケルゥの吸血者/Kheru Bloodsucker(KTK)》を残して全てのクリーチャーで攻撃。どうにかこの攻撃だけは耐えるものの、《ケルゥの吸血者/Kheru Bloodsucker(KTK)》により《軍用ビヒモス/War Behemoth(KTK)》が生け贄に捧げられ、さらに《大蛇の儀式/Rite of the Serpent(KTK)》で自身の4/4となった《ケルゥの吸血者/Kheru Bloodsucker(KTK)》を破壊すれば、攻撃するまでもなくハンのライフはゼロになったのだった。

中村 2-0 ハン

 中村修平、ファーストドラフトを3-0!

 中村修平のドラフトピックレポート(英語記事)


強力カード目白押しの中村のデッキ
中村 修平
グランプリ・上海2014 / 『タルキール覇王譚』ブースタードラフト
7 《平地》
5 《沼》
2 《森》
2 《ジャングルのうろ穴》
1 《砂草原の城塞》

-土地(17)-

2 《マルドゥの頭蓋狩り》
1 《アイノクの盟族》
1 《刃の隊長》
1 《道の探求者》
1 《頭巾被りのハイドラ》
1 《ケルゥの吸血者》
2 《雪花石の麒麟》
2 《機を見た軍族朋》
1 《シディシのペット》
1 《包囲サイ》
1 《軍備部隊》
1 《まばゆい塁壁》
1 《血蠅の大群》
1 《軍用ビヒモス》

-クリーチャー(17)-
1 《殻脱ぎ》
1 《消耗する負傷》
1 《大物潰し》
1 《絞首》
2 《大蛇の儀式》

-呪文(6)-

前の記事: 【観戦記事】 第11回戦:玉田 遼一(和歌山) vs. 市川ユウキ(神奈川) | 次の記事: 【戦略記事】 第2ドラフト:清水直樹のドラフトピック
グランプリ・上海2014 一覧に戻る