マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第15回戦:玉田 遼一(日本) vs. Joe Soh(マレーシア)

【観戦記事】 第15回戦:玉田 遼一(日本) vs. Joe Soh(マレーシア)

By 矢吹 哲也

 予選ラウンドの最終戦。合意の上の引き分けを選択するプレイヤーたちがいる一方で、負けられない戦いに身を投じるふたりのプレイヤーがいる。

r15_Tamada_Soh.jpg

 この土壇場においても、デッキをシャッフルするふたりに固さは見られない。

 ともに素早い攻めを見せるデッキ同士の戦いになったこの試合は、ゲーム序盤から激しく火花を散らした。トップ8への門を開くのは果たして。

試合展開

 初手を確認すると、親指を立ててキープを示す両者。動き出しは玉田の《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》。3ターン目に「長久」でサイズを上げると続くターンに3点で攻撃し、《マルドゥの悪刃/Mardu Hateblade(KTK)》も盤面に追加――

――した返しのターン、ソーの《弧状の稲妻/Arc Lightning(KTK)》が玉田の戦場を走った。

 思わず息を漏らす玉田。手痛い交換だ。

 それでも玉田は、墓地に送られたカードたちを糧に《スゥルタイのゴミあさり/Sultai Scavenger(KTK)》を繰り出す。ソーも「変異」クリーチャーと《熊の仲間/Bear's Companion(KTK)》を送り出すが、4/4の熊・トークンは《大蛇の儀式/Rite of the Serpent(KTK)》に葬られた。

 玉田がさらにもう1枚《大蛇の儀式/Rite of the Serpent(KTK)》を撃ち込むと、そこで《ケルゥの呪文奪い/Kheru Spellsnatcher(KTK)》が表になり、逆に《スゥルタイのゴミあさり/Sultai Scavenger(KTK)》が除去されてしまった。これで玉田の懐が空いたところに、ソーは《ジェスカイの風物見/Jeskai Windscout(KTK)》、《沸血の熟練者/Bloodfire Expert(KTK)》と畳みかけ、一気に詰めろをかける。序盤からアドバンテージを取り続けたソーが、第1ゲームを制した。

 第2ゲームも《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》から「長久」と、上々の滑り出しを見せる玉田。ソーは「変異」クリーチャーを繰り出し、玉田もそれに続く。

 ソーの攻撃で「変異」クリーチャー同士が激突。ソーは《熊の覚醒/Awaken the Bear(KTK)》でこの戦闘を制そうとしたが、玉田の側の「変異」クリーチャーがマナのない状態から表になった――《無情な切り裂き魔/Ruthless Ripper(KTK)》だ。

高速でビートダウンを進めながらも、しっかりとアドバンテージを奪い合う両者。

 玉田が《スゥルタイのゴミあさり/Sultai Scavenger(KTK)》を繰り出すと、ソーの《打ち倒し/Bring Low(KTK)》がそこに当てられ、それでも玉田は《スゥルタイのゴミあさり/Sultai Scavenger(KTK)》をもう1枚戦場へ。ソーは《雪角の乗り手/Snowhorn Rider(KTK)》を繰り出し、地上から反撃。

 空中から攻める玉田は、さらに《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》を戦場に追加。一方サイズで攻めるソーは、《頭巾被りのハイドラ/Hooded Hydra(KTK)》をX=5で戦場に追加する。サイズ差に押し負けるかと思われた玉田はしかし、《略奪者の戦利品/Raiders' Spoils(KTK)》で強烈な殴り合いに終止符を打ったのだった。

 第3ゲームは後手を選んだソー。アドバンテージ勝負に持ち込む形だ。玉田は「変異」クリーチャーから《マー=エクの夜刃/Mer-Ek Nightblade(KTK)》と展開。

 一方ソーの初動は4ターン目《遠射兵団/Longshot Squad(KTK)》。土地は潤沢にあるのだが、赤マナを引き込めない。玉田は「変異」クリーチャーを攻撃に向かわせ、ソーのブロックを誘った。表になったカードは《無情な切り裂き魔/Ruthless Ripper(KTK)》。続けて《スゥルタイのゴミあさり/Sultai Scavenger(KTK)》を繰り出し、次のターンにはもう1体追加して一気に攻め立てる。

この試合の空の覇者

 瞬く間に追い詰められたソーだが、彼は最後まで道を探り、生き残れるだけのブロッカーを用意して玉田の攻撃に備えた。

 《消耗する負傷/Debilitating Injury(KTK)》にブロッカーを1体退場させられ、希望を込めてブロックに入ったソーの目に、玉田が手札から放った《果敢な一撃/Defiant Strike(KTK)》が映る。肩をすくめたソーはカードを片付け、握手を求めたのだった。

玉田 2-1 ソー

 激戦を制し、玉田 遼一がトップ8入賞!

前の記事: 【観戦記事】 第14回戦:中村 修平(日本) vs. Charles Lai(マレーシア) | 次の記事: 【戦略記事】 決勝ドラフト:中村修平の『タルキール覇王譚』のドラフトの定石!
グランプリ・上海2014 一覧に戻る