マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 決勝ドラフト:中村修平の『タルキール覇王譚』のドラフトの定石!

【戦略記事】 決勝ドラフト:中村修平の『タルキール覇王譚』のドラフトの定石!

By Masami Kaneko


グランプリ・上海2014 トップ8 中村修平

 中村修平のことをいまさらに詳細を語る必要も無いだろう。日本を代表するトッププレイヤーであり、マジック・プロツアー殿堂のひとり。世界が認める「なかしゅー」だ。

 前期の成績が奮わずプラチナレベルからゴールドレベルに落ちてしまったため、本人は「引退だ!」「もう老体だから!」などと言っているが、まぁそれもキャラのひとつというものだろう。今、このトップ8の席に座っているという事実だけで、依然として彼の実力は疑いようもない。トップ8写真はこんなおちゃめな写真だが、まぁ彼の愛嬌だ。

playoffdraft_nakamura1.jpg

 ここでは、彼のドラフトを詳しく追っていこう。

1パック目

playoffdraft_nakamura2.jpg
1st Pick

《龍流派の双子/Dragon-Style Twins(KTK)》
他の候補:《吠える鞍暴れ/Bellowing Saddlebrute(KTK)》《鱗の隊長/Chief of the Scale(KTK)》《眼の管理人/Warden of the Eye(KTK)》

 初手は様々な選択肢があったが、中村の選択したのは、カードとしては一番強そうだったレア、《龍流派の双子/Dragon-Style Twins(KTK)》。

2nd Pick

《増え続ける成長/Incremental Growth(KTK)》

 圧倒的に強いアンコモン。初手の色と合わせて、ティムールを視野に入れる。

3rd Pick

《真珠湖の古きもの/Pearl Lake Ancient(KTK)》
他の候補:《血蠅の大群/Swarm of Bloodflies(KTK)》《宝船の巡航/Treasure Cruise(KTK)》

 単純にカードパワーが他と違うためのピック。

4th Pick

《鐘音の一撃/Singing Bell Strike(KTK)》
他の候補:《苦々しい天啓/Bitter Revelation(KTK)》《僧院の群れ/Monastery Flock(KTK)》

 4手目にしてはカードが弱い。中村としても不本意なピック。

5th Pick

《スゥルタイの占い屋/Sultai Soothsayer(KTK)》
他の候補:《ケルゥの吸血者/Kheru Bloodsucker(KTK)》《マルドゥの戦叫び/Mardu Warshrieker(KTK)》

 一転、今後の方針を決めても良いレベルのパックがやってきた。

 中村は《スゥルタイの占い屋/Sultai Soothsayer(KTK)》を獲得、スゥルタイを組む方針に転換。

6th Pick

《うねる塔甲羅/Meandering Towershell(KTK)》
他の候補:《グドゥルの嫌悪者/Abomination of Gudul(KTK)》《スゥルタイのゴミあさり/Sultai Scavenger(KTK)》《牙守りの隊長/Tuskguard Captain(KTK)》

 またも強力なカードが詰まったパックがやってきた。中村の選択は《うねる塔甲羅/Meandering Towershell(KTK)》。何故このピックなのか?

中村 「トップ8ドラフトだから、ちゃんと優勝できるデッキを組まないといけないんよね。自分が青を使う可能性はかなり高かったし、出されたら一番困るのがこのカードになりそうだったから。あと、要するにすごく固い壁だから、今後のデッキやゲームメイクの方針が立てやすい。カードとして一番強いわけじゃないけど、勝つために一番良いピックだと思う。」

 なるほど、中村ははっきりと勝つためのピック方針を話していた。単純なカードの強さだけでなく、相性なども含めて「勝つためのピック」を。

7th Pick

《ジャングルのうろ穴/Jungle Hollow(KTK)》
他の候補:《苦々しい天啓/Bitter Revelation(KTK)》《よろめく従者/Shambling Attendants(KTK)》

8th Pick

《サグの射手/Sagu Archer(KTK)》
他の候補:《よろめく従者/Shambling Attendants(KTK)》《平穏な入り江/Tranquil Cove(KTK)》

9th Pick

《陰鬱な僻地/Dismal Backwater(KTK)》
他の候補:《わめき騒ぐマンドリル/Hooting Mandrills(KTK)》

10th Pick

《境界の偵察/Scout the Borders(KTK)》
他の候補:《テイガムの策謀/Taigam's Scheming(KTK)》

11th Pick

《血蠅の大群/Swarm of Bloodflies(KTK)》
他の候補:《宝船の巡航/Treasure Cruise(KTK)》

 後ろで見ていた筆者には驚きの一周。中村としては想定していた未来で、《血蠅の大群/Swarm of Bloodflies(KTK)》を獲得した。

12th Pick

《ティムールの戦旗/Temur Banner(KTK)》

13th Pick

《シディシのペット/Sidisi's Pet(KTK)》

14th Pick

《高山の灰色熊/Alpine Grizzly(KTK)》

 13、14手目で一応ながらデッキに入るカードを獲得。

 《スゥルタイの占い屋/Sultai Soothsayer(KTK)》の獲得から一気にスゥルタイに舵をとった中村。この目論見は成功するのか。

2パック目

playoffdraft_nakamura3.jpg
1st Pick

《松歩き/Pine Walker(KTK)》
他の候補:《ラクシャーサの大臣/Rakshasa Vizier(KTK)》《茨森の滝/Thornwood Falls(KTK)》

 《ラクシャーサの大臣/Rakshasa Vizier(KTK)》と少し迷った素振りを見せるも、単体で強いほうを選択した。現時点で、「探査」のカードが獲得できていないこともピックの理由のひとつだろう。

2nd Pick

《対立の終結/End Hostilities(KTK)》
他の候補:《陰鬱な僻地/Dismal Backwater(KTK)》

「土地を取るくらいなら、まだこれから流れてくる可能性を考えたほうがマシか......。」というようなピック。また、先ほどの「優勝するデッキ」という観点から見てもこういったピックは、結果カットになったとしてもありだろう。

3rd Pick

《軍備部隊/Armament Corps(KTK)》
他の候補:《隠道の神秘家/Mystic of the Hidden Way(KTK)》

 タッチで入れる可能性も考慮しての強力カードをピック。

4th Pick

《茨森の滝/Thornwood Falls(KTK)》
他の候補:《ジェスカイの風物見/Jeskai Windscout(KTK)》《サグの射手/Sagu Archer(KTK)》

5th Pick

《射手の胸壁/Archers' Parapet(KTK)》

6th Pick

《松歩き/Pine Walker(KTK)》
他の候補:《長毛ロクソドン/Woolly Loxodon(KTK)》《龍鱗の加護/Dragonscale Boon(KTK)》

 この順目でこの強力カードが獲得できたのはおいしい。

7th Pick

《煙の語り部/Smoke Teller(KTK)》

8th Pick

《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel(KTK)》

 先ほどピックした《軍備部隊/Armament Corps(KTK)》のことも考えると、かなりありがたいピック。

9th Pick

《雪角の乗り手/Snowhorn Rider(KTK)》

10th Pick

《熊の覚醒/Awaken the Bear(KTK)》

11th Pick

《岩だらけの高地/Rugged Highlands(KTK)》

12th Pick

《強大化/Become Immense(KTK)》

13th Pick

《従順な復活/Dutiful Return(KTK)》

14th Pick

《殻脱ぎ/Molting Snakeskin(KTK)》

 順調にデッキに入るカードは獲得できているのだが、「これ!」といったカードが獲得できておらず、3パック目に期待したいところ。

3パック目

playoffdraft_nakamura4.jpg
1st Pick

《スゥルタイの剥ぎ取り/Sultai Flayer(KTK)》
他の候補:《族樹の発動/Kin-Tree Invocation(KTK)》

 しかし引けたのは、「普通に強い」だけのカードだった。悪くはないのだが、今ひとつである。

2nd Pick

《マー=エクの夜刃/Mer-Ek Nightblade(KTK)》
他の候補:《アブザンの先達/Abzan Guide(KTK)》

 これもまた、「普通に強い」カードではあるのだが、現時点で中村のデッキが「長久」や「+1/+1カウンター」だらけなわけではなく、単体のカードとしての価値しか持たない。

3rd Pick

《絞首/Throttle(KTK)》

4th Pick

《消耗する負傷/Debilitating Injury(KTK)》
他の候補:《死の投下/Dead Drop(KTK)》《グルマグの速翼/Gurmag Swiftwing(KTK)》

 現状デッキの重い中村、カードパワーだけならば《死の投下/Dead Drop(KTK)》のほうが高いのだが、軽い除去を獲得した。

5th Pick

《スゥルタイの剥ぎ取り/Sultai Flayer(KTK)》
その他の候補:《アブザンの先達/Abzan Guide(KTK)》

 これまた「普通に強い」カード、ではある。

6th Pick

《スゥルタイの魔除け/Sultai Charm(KTK)》
他の候補:《絞首/Throttle(KTK)》

7th Pick

《華やかな宮殿/Opulent Palace(KTK)》
他の候補:《僧院の群れ/Monastery Flock(KTK)》

8th Pick

《氷河の忍び寄り/Glacial Stalker(KTK)》
他の候補:《熊の覚醒/Awaken the Bear(KTK)》《苦々しい天啓/Bitter Revelation(KTK)》

9th Pick

《ジャングルのうろ穴/Jungle Hollow(KTK)》
他の候補:《朽ちゆくマストドン/Rotting Mastodon(KTK)》《よろめく従者/Shambling Attendants(KTK)》

10th Pick

《よろめく従者/Shambling Attendants(KTK)》

11th Pick

《跳躍の達人/Leaping Master(KTK)》

12th Pick

《煙の語り部/Smoke Teller(KTK)》

 この順目でデッキに入る2マナ域が獲得できたのは僥倖だ。

13th Pick

《大牙コロッソドン/Tusked Colossodon(KTK)》

14th Pick

《境界の偵察/Scout the Borders(KTK)》

インタビューにて

 ドラフトの感想を訊いてみると、「いやー苦しいドラフトでしたわー」といつもとおりの口調でトークが始まる。

中村 「正直1パック目初手が一番後悔してる。この環境で赤なんでほとんど使わんのにとっちゃった。あそこでもし色々割りきって、もしくは決め打って《鱗の隊長/Chief of the Scale(KTK)》取ってたら最強デッキができてたんじゃないかな、流れ的に。」

 で、実際デッキ自体はどうなのよ?と尋ねてみれば、「キツい。さっくり負けそう。正直厳しい。」と素直な感想が返って来た。

 確かにデッキ全体としてコンセプトが弱く、カードを詰め込んだだけのようなデッキになってしまっていて厳しそうだ。

 が、しかしそこは中村。彼の力に期待しよう。


何故か今日はカメラを向けると顔を隠したがる中村
中村 修平 / 4色
グランプリ・上海2014 トップ8 / 『タルキール覇王譚』ブースタードラフト
4 《森》
3 《島》
2 《平地》
2 《沼》
1 《華やかな宮殿》
1 《砂草原の城塞》
2 《ジャングルのうろ穴》
1 《陰鬱な僻地》
1 《茨森の滝》

-土地(17)-

2 《煙の語り部》
1 《射手の胸壁》
1 《高山の灰色熊》
2 《スゥルタイの剥ぎ取り》
1 《マー=エクの夜刃》
2 《松歩き》
1 《軍備部隊》
1 《うねる塔甲羅》
1 《サグの射手》
1 《スゥルタイの占い屋》
1 《血蠅の大群》
1 《真珠湖の古きもの》

-クリーチャー(15)-
1 《スゥルタイの戦旗》
1 《消耗する負傷》
1 《鐘音の一撃》
1 《熊の覚醒》
1 《スゥルタイの魔除け》
1 《増え続ける成長》
1 《絞首》
1 《強大化》

-呪文(8)-
1 《殻脱ぎ》
1 《跳躍の達人》
2 《境界の偵察》
1 《ティムールの戦旗》
1 《従順な復活》
1 《シディシのペット》
1 《龍流派の双子》
1 《対立の終結》
1 《氷河の忍び寄り》
1 《雪角の乗り手》
1 《大牙コロッソドン》
1 《よろめく従者》

-サイドボード(13)-

前の記事: 【観戦記事】 第15回戦:玉田 遼一(日本) vs. Joe Soh(マレーシア) | 次の記事: 【観戦記事】 準々決勝:中村 修平(東京) vs. 玉田 遼一(和歌山)
グランプリ・上海2014 一覧に戻る