マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準々決勝:中村 修平(東京) vs. 玉田 遼一(和歌山)

【観戦記事】 準々決勝:中村 修平(東京) vs. 玉田 遼一(和歌山)

By Masami Kaneko

 この上海の地で行われたグランプリも、ついにトップ8を残すのみ。

 トップ8に入った日本人2人が、準々決勝で激突した。

 中村のデッキについては、ドラフトピックレポートにてお送りした通りだ。不安はあるが、そこは中村。実力に期待したいところだ。

 一方の玉田は......なんだかとてもテンションが高い。

玉田 「デッキ最強!この会場に降り立った一筋の光明。回れば最強!」

 いや、光明は普通は降り立たないだろうし、ちょっと何を言っているのかわからないところはあるが、ともあれデッキはかなり強いようだ。また、テンションだけでなくモチベーションも高い。

玉田 「修平さんをぶっ倒したい! ブン回れば最強! 気持ちよくなりたい。ブン回れば超気持ちいい!」

......筆者のイメージとして玉田は物静かなイメージだったが、どうやら気のせいだったようだ。

 かと思いきや、一転してネガティブなことも。

玉田 「まぁでも正直トップ8残れただけで満足ですわ。プロツアーの権利もらえたし。」

 2位の玉田が先攻を選択しゲームはスタート。3位の中村としては不本意なところ、というか。

中村 「おいおいー、『ブン回れば最強!』って言ってるデッキ相手に後攻だよー!」

......他の準々決勝より少しばかり騒がしく、その戦いは始まった。

qf_nakamura_tamada.jpg

ゲーム1

 《刃の隊長/Chief of the Edge(KTK)》を展開する玉田に対して、《射手の胸壁/Archers' Parapet(KTK)》で止めにかかる中村。さらに《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》を追加した玉田に対して、中村に動きはない。

 そして4ターン目。「めっちゃ強いカード出すで!」と言いながら《マルドゥの隆盛/Mardu Ascendancy(KTK)》した玉田、数で攻めてくる相手に壁だけしか用意できていない中村は厳しい。

 次のターンも動けない中村、《マルドゥの悪刃/Mardu Hateblade(KTK)》から《打ち倒し/Bring Low(KTK)》でどうにもならない数の暴力を受け、中村はカードを片付けた。


絶対的な数の暴力
中村 0-1 玉田

「キモチイイー!」とご満悦の玉田に対して、「あいつ赤マナ少なそうだなー!」と《マルドゥの隆盛/Mardu Ascendancy(KTK)》がすんなり出たことを愚痴る中村。2人の対戦は、なんだか楽しそうだ。

ゲーム2

 玉田が《マルドゥの悪刃/Mardu Hateblade(KTK)》、中村が《煙の語り部/Smoke Teller(KTK)》と展開。《マルドゥの悪刃/Mardu Hateblade(KTK)》は追加された中村の「変異」と相打ちし、玉田は表で《無情な切り裂き魔/Ruthless Ripper(KTK)》を展開。盤面をさばいていく構えだ。


玉田 遼一

 《煙の語り部/Smoke Teller(KTK)》の攻撃がスルーされると、中村はその2枚目と《射手の胸壁/Archers' Parapet(KTK)》を展開。玉田は《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》を展開し、空から攻撃する構えだ。

 中村の《煙の語り部/Smoke Teller(KTK)》2体での攻撃をそれぞれを《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》と《無情な切り裂き魔/Ruthless Ripper(KTK)》でブロックしてみる玉田だが、《熊の覚醒/Awaken the Bear(KTK)》によって《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》は一方的に討ち取られる。

 しかし中村、玉田に《スゥルタイのゴミあさり/Sultai Scavenger(KTK)》と《マルドゥの悪刃/Mardu Hateblade(KTK)》を出されてみると、攻撃がストップ。「変異」を出すにとどまった。


中村 修平

 玉田の《スゥルタイのゴミあさり/Sultai Scavenger(KTK)》が攻撃を開始。さらに《マルドゥの戦叫び/Mardu Warshrieker(KTK)》から《打ち倒し/Bring Low(KTK)》が中村の「変異」に飛ぶ。

 が、これは《シディシのペット/Sidisi's Pet(KTK)》が表になりかわされてしまう。行動が裏目になっている玉田は少し辛いが、とはいえ飛行で攻めているのは依然として玉田だ。中村は「変異」を追加。玉田はさらに飛行として《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》を追加。

 玉田の《スゥルタイのゴミあさり/Sultai Scavenger(KTK)》《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》が攻撃し中村に5点。一応《射手の胸壁/Archers' Parapet(KTK)》を起動するが、中村としてはかなり厳しい。

 結局最後まで玉田の《スゥルタイのゴミあさり/Sultai Scavenger(KTK)》《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》を止められなかった中村、無念の投了。

中村 0-2 玉田

 玉田遼一、準決勝に進出!


......なお、試合後には、勝利した玉田のデッキについて、中村と玉田の討論会が即時開催されていた。結局のところ、みんなただマジックが好きなだけなのである。


「ちょっとデッキが軽すぎない?」「いやいけるっしょー!」

前の記事: 【戦略記事】 決勝ドラフト:中村修平の『タルキール覇王譚』のドラフトの定石! | 次の記事: 【観戦記事】 準決勝:玉田 遼一(日本) vs. Xu Su(中国)
グランプリ・上海2014 一覧に戻る