マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 決勝:Yu Yin(中国) vs. Xu Su(中国)

【観戦記事】 決勝:Yu Yin(中国) vs. Xu Su(中国)

By Masami Kaneko

 グランプリ・上海2014もついに決勝戦。

 そこに残ったのは、開催国である中国の2人だった。

 ユー・イン/Yu Yin。シュイ・スー/Xu Su。2人は知り合い同士、談笑しながらゲームを始めようとしている。

 そして、周りのギャラリーには、同じく中国の仲間たち。

 大舞台の決勝。そこはある意味、もっともアットホームな舞台だったのだ。


左:ユー・イン/Yu Yin 右:シュイ・スー/Xu Su

ゲーム1

 ユーの「強襲」しない《マルドゥの軍族長/Mardu Hordechief(KTK)》からゲームはスタート。シュイは《僧院の群れ/Monastery Flock(KTK)》を展開、守りを固める。

 ユーも《塩路の巡回兵/Salt Road Patrol(KTK)》を展開し、シュイは「変異」で応える。


シュイ・スー

 《ラクシャーサの死与え/Rakshasa Deathdealer(KTK)》《マルドゥの悪刃/Mardu Hateblade(KTK)》と展開し、さらに《アブザンの隆盛/Abzan Ascendancy(KTK)》を展開したユー。シュイも《雪角の乗り手/Snowhorn Rider(KTK)》を表にして、簡単には攻めさせない体制を作る。シュイの《凶暴な殴打/Savage Punch(KTK)》が《ラクシャーサの死与え/Rakshasa Deathdealer(KTK)》を殴り倒し、さらに《ティムールの隆盛/Temur Ascendancy(KTK)》。お互いの「隆盛」が展開された。

 ユーが《族樹の発動/Kin-Tree Invocation(KTK)》で6/6のトークンを用意、これによって均衡が崩れる。シュイはユーの攻撃を《冬の炎/Winterflame(KTK)》でいったん抑えるが、劣勢は否めない。

 次のユーの全ての攻撃を受けて既にシュイのライフは7。起死回生の《凶暴な殴打/Savage Punch(KTK)》をユーが《アブザンの魔除け/Abzan Charm(KTK)》でかわし、勝負あり。

ユー 1-0 シュイ

ゲーム2

 ドラフトにしては珍しく、シュイは後攻を選択。しかし、その選択は裏目に出る。

 先攻ユーは《マルドゥの悪刃/Mardu Hateblade(KTK)》から《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》、そして《アブザンの隆盛/Abzan Ascendancy(KTK)》と、とんでもないブン回り。

 《ジェスカイの風物見/Jeskai Windscout(KTK)》を展開するも、《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》による「先制攻撃」で、これはブロックできない。さらに追加した《遠射兵団/Longshot Squad(KTK)》に期待したいところだったが、このブロックをユーは《熊の覚醒/Awaken the Bear(KTK)》で突破する。

 《冬の炎/Winterflame(KTK)》で時間を稼ぎ、《僧院の群れ/Monastery Flock(KTK)》と《春の具象化/Embodiment of Spring(KTK)》で押しとどめるも、既に残りライフは3。


ユー・イン

 次のユーの攻撃でシュイのライフは2となり、追加されるのは《マルドゥの軍族長/Mardu Hordechief(KTK)》。ライフが少ない状況で、数で押されるのが一番キツい。

 シュイは手札と盤面を巡視し、そしてその右手は、新たなグランプリチャンピオンを称えるために差し出された。

ユー 2-0 シュイ

 おめでとう、ユー・イン/Yu Yin、グランプリ・上海2014チャンピオン!

trophy_yu.jpg

前の記事: 【観戦記事】 準決勝:玉田 遼一(日本) vs. Xu Su(中国)
グランプリ・上海2014 一覧に戻る