マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第4回戦:八十岡 翔太(東京) vs. Rasmus Bjorklund(スウェーデン)

【観戦記事】 第4回戦:八十岡 翔太(東京) vs. Rasmus Bjorklund(スウェーデン)

By 小山 和志

 グランプリ・上海2015も不戦勝が明け、いよいよプロプレイヤーたちが姿を現すこととなる。

 本ラウンドでご紹介するのは、先日のプロツアー『タルキール龍紀伝』で準優勝、続くグランプリ・京都でもトップ8に入賞した八十岡翔太だ。

 「(フィーチャーマッチに呼ぶのは)まだ早いでしょ!」と軽口を飛ばしながらフィーチャーマッチエリアに入ってきた八十岡。そうは言うものの、最近の充実ぶりを考えれば彼の試合を見たくなるのは当然のことだろう。

 そんな八十岡のデッキは「青黒ではない」ということだが果たして、今回彼が持ち込んだのはどのようなデッキだろうか。

r4_yasooka_bjorklund.jpg
絶好調の八十岡はラスムス・ビョークランド/Rasmus Bjorklundと対戦する
ゲーム1

 先手は八十岡。即決でキープを宣言する。対するビョークランドはマリガン、さらに6枚をみて眉を上げると即座にシャッフルを始める。

 八十岡のスタートは《豊潤の神殿/Temple of Plenty(BNG)》と、宣言通り青黒ではないようだ。八十岡は2ターン目に、《溢れかえる岸辺/Flooded Strand(KTK)》から《島/Island(M15)》をサーチ、《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》を召喚する。

 対するビョークランドの使用するデッキは赤単タッチ緑アグロで、《僧院の速槍/Monastery Swiftspear(KTK)》から攻撃をスタートする。だが、いかんせん手札5枚からのスタートということもあり、なかなか追加戦力を呼び込むことができない。

 この間に八十岡は《神々との融和/Commune with the Gods(THS)》から、《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》を墓地に落とし、《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》を手札に加えると、そのまま変異を召喚する。八十岡は《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》を表にし、《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》を戦場に出しながら、先ほど《神々との融和/Commune with the Gods(THS)》で墓地に落とした《テイガムの策謀/Taigam's Scheming(KTK)》を回収し、さらにそれを唱える。手札と戦場が充実していくのは分かるが、未だに八十岡のデッキの全貌が見えない。

 ようやく追加戦力として《軍族童の突発/Hordeling Outburst(KTK)》を連続で唱えることができたRasomosは「Here we go!」と全軍突撃、ここに《アタルカの命令/Atarka's Command(DTK)》を2枚一気に合わせ、八十岡の残りライフは一気に1まで落ち込んでしまった。

 だが、ライフが1あれば八十岡には十分だった。ここで八十岡のデッキの全貌がついに判明する。《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy(KTK)》、《群の祭壇/Altar of the Brood(KTK)》、《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt(C14)》を一気に戦場へと放つと、《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》を続け、《撤回のらせん/Retraction Helix(BNG)》をキャストすることで、1ゲーム目を先取したのであった。

八十岡 1-0 ビョークランド


まさかの《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy(KTK)》コンボで1ゲーム目を先取した八十岡

 ビョークランドが「Very cool!」と八十岡を称賛する。《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》と《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》の緑ベースのデッキと思いきや、突然《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy(KTK)》コンボを揃えて変幻自在に1ゲーム目を先取した。果たして、続くゲームではどのような展開を見せてくれるのだろうか。

ゲーム2

 ビョークランドはまたもマリガンスタートだが、1ターン目に《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker(DTK)》、さらに《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster(M15)》と順調なスタートを切る。八十岡は《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》を召喚し、これで《兜砕きのズルゴ/Zurgo Helmsmasher(KTK)》をブロック。ここに《アタルカの命令/Atarka's Command(DTK)》が飛んで来るが、八十岡は《撤回のらせん/Retraction Helix(BNG)》で《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster(M15)》を手札に戻すことでなんとかダメージを抑える。

 なんとかコンボを揃えたい八十岡だが、目立ったアクションを起こすことが出きない。ビョークランドは攻撃を続け、2ターンに渡ってマナをフルオープン返した八十岡に対し、ビョークランドは先ほど手札に戻された《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster(M15)》を唱え、全軍で八十岡へとアタックする。

 残りライフが少ない八十岡は《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》を唱えるが、コンボ達成が不可能なことを悟ると、素早く手札を畳んだ。

ビョークランド 1-1 八十岡


ビートダウンを敢行するビョークランド
ゲーム3

 みたび八十岡は7枚でキープ、ビョークランドもようやく7枚で手札をキープする。ビョークランドは《鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen(M15)》から2ターン目に《僧院の速槍/Monastery Swiftspear(KTK)》を2体展開と理想的な展開で八十岡を押しつぶしにかかる。

 こうなってくると戦場に並ぶ《マナの合流点/Mana Confluence(JOU)》2枚が厳しい八十岡。《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》を召喚した際の支払いと、ビョークランドの攻撃ですでにライフは12まで落ち込んでいる。意を決して《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》を召喚するものの、ビョークランドは《軍族童の突発/Hordeling Outburst(KTK)》を唱えた後に全軍突撃する。

 ブロックするしかない八十岡は、《鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen(M15)》を《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》で、《僧院の速槍/Monastery Swiftspear(KTK)》を《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》でそれぞれブロックするが、ビョークランドからは《かき立てる炎/Stoke the Flames(M15)》。

 これで戦線が壊滅してしまった八十岡は《テイガムの策謀/Taigam's Scheming(KTK)》で解決策を求めるものの、そこに解答はなかったのだった。

ビョークランド 2-1 八十岡

Bjorklund Wins!

| 次の記事: 【戦略記事】 クイック・インタビュー その1
グランプリ・上海2015 一覧に戻る