マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 クイック・インタビュー その2

【戦略記事】 クイック・インタビュー その2

By 矢吹 哲也

 引き続きクイック・インタビューをお届けしよう。スタンダードの鍵を握るのは、やはりあのカードだ。


高橋 優太の場合

Interview_Takahashi.jpg

――現在のスタンダードについての感想を教えてください

 《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》、《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》、アブザン、赤単。これがすべて!

――スタンダードの鍵となるカードは?

 一番は《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》ですね。

――龍のセットに相応しく龍が活躍していますが、歴代のドラゴンで一番好きなものは?

 あんまりドラゴン使ったことないなあ(笑) あ!《永遠のドラゴン/Eternal Dragon(SCG)》!

――発売が来週と迫った『モダンマスターズ 2015年版』ですが、その中で注目のカードは?

 《苦花/Bitterblossom(MOR)》です(満面の笑顔で)。
「モダンマスターズ構築」ってフォーマットあったら面白いですよね。フェアリー・デッキ使いたい。

――そして月末にはその『モダンマスターズ 2015年版』を使ったグランプリが千葉で行われますが、『モダンマスターズ 2015年版』リミテッドでぜひ狙いたい戦略はありますか?

「金属術」。


和田 寛也の場合

Interview_Wada.jpg

――現在のスタンダードについての感想を教えてください

 ドラゴンが強いですね。特にコントロールのドラゴンと赤単が強くて、それに強いのが《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》です。今週末はその《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》に有効なデッキが勝てるんじゃないでしょうか。

――スタンダードの鍵となるカードは?

 みんな《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》と《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》、《アタルカの命令/Atarka's Command(DTK)》のことを考えながらデッキを組んでると思います。

――龍のセットに相応しく龍が活躍していますが、歴代のドラゴンで一番好きなものは?

 モダンでもドラゴン・デッキが組めると思って探したんですが、《雷口のヘルカイト/Thundermaw Hellkite(M13)》が一番印象に残りますね。主に使われる側でしたけど(笑) 赤い《悪斬の天使/Baneslayer Angel(M11)》みたいなものですね。

――発売が来週と迫った『モダンマスターズ 2015年版』ですが、その中で注目のカードは?

 《熟考漂い/Mulldrifter(LRW)》ですね。マジックを始めたころにドラフトで強かった思い出があります。これも使われて強いと思われたカードですが(笑) みんなに愛されるコモン・クリーチャーがアンコモンになって帰ってきたのは嬉しいですね。

――そして月末にはその『モダンマスターズ 2015年版』を使ったグランプリが千葉で行われますが、『モダンマスターズ 2015年版』リミテッドでぜひ狙いたい戦略はありますか?

 《熟考漂い/Mulldrifter(LRW)》がたくさん引けるといいですね(笑) 強いレアばかりのセットですが、ドラフトの初手《熟考漂い/Mulldrifter(LRW)》、狙っていきます。


覚前 輝也の場合

Interview_Kakumae.jpg

――現在のスタンダードについての感想を教えてください

 《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》と《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》がとにかく強い。

――スタンダードの鍵となるカードは?

 当然その2枚です。もちろん使う側にいます。

――龍のセットに相応しく龍が活躍していますが、歴代のドラゴンで一番好きなものは?

 現在のものになりますが、《龍王アタルカ》。今大会も直前までこれを使うか迷っていました。

――発売が来週と迫った『モダンマスターズ 2015年版』ですが、その中で注目のカードは?

 まだカードをしっかり見てないので、ちょっと挙げられないですね。

――そして月末にはその『モダンマスターズ 2015年版』を使ったグランプリが千葉で行われますが、『モダンマスターズ 2015年版』リミテッドでぜひ狙いたい戦略はありますか?

 現時点では手探りですが、来週から練習頑張っていきます。


 《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》と《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》の支持率の高さたるや。果たして今大会は、まさに「昇り龍」となっているこの2枚に制圧されるのか。それとも、これらを打ち破る戦略が現れるのだろうか。2日目も注目していただきたい。

前の記事: 【戦略記事】 デッキテク:金川 俊哉、三原 槙仁の「ドラゴン・メガモーフ」 | 次の記事: 【観戦記事】 第9回戦:三原 槙仁(千葉) vs. Jiang, Li(中国)
グランプリ・上海2015 一覧に戻る