マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第10回戦:藤村 和晃(大阪) vs. Chen, Qu(中国)

【観戦記事】 第10回戦:藤村 和晃(大阪) vs. Chen, Qu(中国)

By 小山 和志

 初日を全勝で駆け抜けた日本人プレイヤーは、ふたり。昨日観戦記事でご紹介した殿堂プレイヤー三原槙仁と、もう1人がグランプリ・静岡2014でトップ8入賞などの経験を持つ大阪の強豪、藤村和晃だ。

 藤村はアブザン・コントロール、チェン・チュウ/Chen, Quはアブザン・ミッドレンジを手にここまで上り詰めてきた。果たしてこのアブザン対決を制し、全勝街道を突き進むのはどちらのプレイヤーだろうか。


好調の藤村(写真右)が2日目も快進撃を狙う
ゲーム1

 藤村が《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel(KTK)》2枚からゆったりとしたスタートに対し、チェンは《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree(FRF)》、《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion(THS)》と順調なスタートを切る。藤村の《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》を《アブザンの魔除け/Abzan Charm(KTK)》で捌き、積極的なビートダウンを見せる。

 藤村はこのチェンの攻勢を前にひとまず《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》で戦場を固めることに成功する。この巨大なサイを前に一時停止を余儀なくされたチェンは、《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree(FRF)》と《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》を追加し、戦線を横に広げての突破を試みるが、藤村は《アブザンの魔除け/Abzan Charm(KTK)》で《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》を除去する。

 そして、返すターンに藤村が6マナをタップすると、チェンが「Elspeth...」とうめく。その言葉通り藤村は《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion(THS)》を降り立たせ、兵士・トークンを増産していく。

 チェンはこの女傑を前にして、藤村から「Play fast」と促されるまで考えにふけるが、この白い勇者の生み出す忠実な僕を突破する術を見いだせない。なんとか《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree(FRF)》を育て上げ果敢にアタックしてみるものの、《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion(THS)》の生み出すしもべたちに阻まれ、ダメージを与えることすらできない。

 結局、藤村が《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》で《アブザンの魔除け/Abzan Charm(KTK)》を回収しながら万全の態勢を整え、《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion(THS)》の奥義を防げないと悟ったチェンは、大人しく土地を畳んだのだった。

藤村 1-0 チェン


《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion(THS)》を手に1本目を先取した藤村
ゲーム2

 後手藤村がマリガン、ファーストアクションはチェンの《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion(THS)》から。これを藤村は《異端の輝き/Glare of Heresy(THS)》でいなし、チェンの《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost(KTK)》には《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》で対抗する。

 チェンは《英雄の破滅/Hero's Downfall(THS)》で《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》を葬り活路を開くが、《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost(KTK)》が《異端の輝き/Glare of Heresy(THS)》で除去され、戦場をいったんまっさらにされてしまう。

 攻勢を続けたいチェンは2体目の《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost(KTK)》を降り立たせ、《自傷疵/Self-Inflicted Wound(DTK)》で藤村の2体目となる《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》を除去し、さらには変異を追加して手綱を緩めず攻め手を継続する。一方の藤村は防御網を構築することができず、ライフが5にまで追い込まれてしまう。

 なんとか引き込んだ《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》を変異で召喚したターンエンド、チェンは《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》を表にし、《英雄の破滅/Hero's Downfall(THS)》を回収、この変異クリーチャーに対してキャストする。藤村も負けじと《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》から《アブザンの魔除け/Abzan Charm(KTK)》を回収し、《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》を除去するものの、チェンが見せた最後の手札は《アブザンの魔除け/Abzan Charm(KTK)》だった。

チェン 1-1 藤村


チェンは果敢に攻め続け2本目を取り返す
ゲーム3

 先手藤村がマリガン、お互いにタップインランドを置きあうスタート。みたびチェンからは《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion(THS)》。これを藤村が《異端の輝き/Glare of Heresy(THS)》で除去する立ち上がり。

 チェンが《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost(KTK)》、藤村が《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》と続け、チェンが《自傷疵/Self-Inflicted Wound(DTK)》で《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》を除去し、ダメージのプレッシャーをかけ続けていく。

 一方藤村は《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》で《吹きさらしの荒野/Windswept Heath(KTK)》を回収し、1ゲーム目の殊勲者、《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion(THS)》を降臨させ、ふたたびトークン増産モードに入っていく。

 チェンは《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》から《自傷疵/Self-Inflicted Wound(DTK)》を回収し、手札にあったものと含めて2枚でなんとか兵士・トークンを潰しながら活路を見出していくが、藤村が生み出すクリーチャーの数には到底及ばない。

 藤村は2体目の《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》から《異端の輝き/Glare of Heresy(THS)》を回収し、チェンの《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost(KTK)》を追放すると、一転攻勢。《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion(THS)》の兵士たちでチェンのライフを削り取りにかかる。

 兵士の攻撃にさらされ続けたチェンはなんとか《風番いのロック/Wingmate Roc(KTK)》を召喚し、《ドロモカの命令/Dromoka's Command(DTK)》により強化することで藤村のライフを《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》圏内まで落とし込むが、《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion(THS)》を前に、残されたライフを削りきるには一手足りないのだった。

藤村 2-1 チェン

藤村Wins! 10勝0敗で全勝を継続!

前の記事: 【トピック】 グランプリ・上海2015 日本人プレイヤー初日突破者一覧 | 次の記事: 【トピック】 インタビュー:アジアグランプリの魅力とは?
グランプリ・上海2015 一覧に戻る