マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準々決勝:市川 ユウキ(神奈川) vs. Yang, Dehua(中国)

【観戦記事】 準々決勝:市川 ユウキ(神奈川) vs. Yang, Dehua(中国)

By 矢吹 哲也

 17人を2日目に送り出した日本勢だが、さらなる激戦に多くの仲間が倒れ、今大会最後の舞台に立ったのはただひとりになった。

Top8YuukiIchikawa.jpg
英語版イベントカバレージ グランプリ・上海2015 トップ8プレイヤープロフィールより

 その男、市川ユウキ。これまでも数々の戦績を重ねてきた彼は、今大会でまたひとつその経歴に「グランプリ・トップ8入賞」の文字を刻んだ。今大会では初日の段階で2敗――トップ8入賞への最終ライン――に追い詰められた市川だが、そこから脅威の粘りを見せ勝ち上がってきたのだ。この瀬戸際での強さもまた、過去にプロツアー『ニクスへの旅』などで逆境からの大きな巻き返しを見せてくれた市川の真価と言えるだろうか。

 その市川の前に、中国のヤン・ドゥファ/Yang Dehuaが立ちはだかる。ドラゴン満載のデッキを操る「龍使い」に、市川のアブザンはどう戦うか。現地の放送の準備が整うまでの間、時間をたっぷり使ってお互いのデッキリストを研究する両者は、逸る思いを押し留めて戦いに臨んだ。

qf_ichikawa_yang.jpg

ゲーム展開

 大きな試合でこそ不運は起こるものだ。この試合の1ゲーム目はヤンがダブル・マリガンを喫し、5枚でのスタートとなった。

 それでも先手のヤンが《エルフの神秘家/Elvish Mystic(M15)》で先に動きだす。続けて2ターン目に飛び出したのは《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》。上々の滑り出しだ。

 一方の市川は2ターン目に《サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder(M15)》を繰り出し、《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》を墓地へ送りつつ土地を確保。ヤンも着実に土地を増やし、《灰雲のフェニックス/Ashcloud Phoenix(KTK)》で空から攻め始める。

 《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》も含めた強気な攻勢に対し、市川は《灰雲のフェニックス/Ashcloud Phoenix(KTK)》を《アブザンの魔除け》で追放した。手札の差は明らかだが、土地をしっかり確保したヤンのマナはやがて《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka(DTK)》まで届く。

 だが《思考囲い/Thoughtseize(LRW)》でさらに手札を攻めた市川は、戦場の《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka(DTK)》も《アブザンの魔除け》で対処。一対一交換の消耗戦でアドバンテージ差を有効に使っていく。

 しかしヤンもまたここまで勝ち上がってきたプレイヤー。ただでは終わらない。《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》が公開しつづける彼のデッキ・トップは強力なものが続いた。ヤンは《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler(THS)》を戦場に加え、2/2トークンで市川の《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》への防御に立たせた。市川はそこへ《英雄の破滅/Hero's Downfall(THS)》を差し向け、《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler(THS)》も退場させた。


除去を有効に使い、ヤンの脅威に立ち向かう市川

 だがヤンの盤面にさらに続く《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka(DTK)》と《雷破の執政/Thunderbreak Regent(DTK)》。対処しても対処しても終わらないヤンの猛攻に、今度は市川が押され始める。市川が強力なドラゴンの対処に追われている間に戦場に残った《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》と《エルフの神秘家/Elvish Mystic(M15)》の攻撃が市川のライフを徐々に奪い、そして《嵐の息吹のドラゴン》を引き込んだヤンは《龍詞の咆哮/Draconic Roar(DTK)》で市川のブロッカーを取り去り、一気にライフを奪い去ったのだった。


ダブル・マリガンの不運に襲われたヤンだが、ここまで共に戦ってきた龍たちが彼を救った

 第2ゲーム、今度は市川がマリガンを宣言すると、ヤンも初手に首を傾げマリガンを選択。6枚の手札を吟味したヤンは、なんと再びのダブル・マリガン。

 《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》を展開したヤンに対し、3ターン目《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》からゲームを始める市川。ヤンは土地が2枚で止まり、動き出すことができない。

 市川は2枚目の《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》を繰り出し、続けて《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》。それは《焙り焼き/Roast(DTK)》で対処するヤンだったが、しかし《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》を加えた市川の攻勢に、なす術なく敗れていった。

 迎えた第3ゲーム、両者ともに初手をキープし雌雄を決する一戦は、静かな立ち上がりからヤンの《雷破の執政/Thunderbreak Regent(DTK)》で幕を開けた。市川は即《究極の価格/Ultimate Price(RTR)》を撃ち込み、「変異」クリーチャーを戦場へ。

 ヤンも《龍詞の咆哮/Draconic Roar(DTK)》でそれを対処し、譲らない。それでも市川は《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》、《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》と展開を進め、盤面上の優位を得る。だが、ヤンの戦場に《前哨地の包囲/Outpost Siege(FRF)》が置かれると、アドバンテージ差は明確なものとなった。

 しかしここで市川は決断する。戦場にいる《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》と《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》に、《アブザンの魔除け/Abzan Charm(KTK)》2枚で+1/+1カウンターを一気に乗せるビッグ・プレイ。突然巨大なクロックが完成し、ヤンは守勢に回らざるを得なくなった。

除去に攻撃に多彩な力を持つこのカードを、市川は大胆に使いこなす

 ヤンの《前哨地の包囲/Outpost Siege(FRF)》は彼にカードをもたらすが、この状況を打開できるものは見えてこない。チャンプ・ブロックでなんとか時間を稼ぐヤンの盤面に、市川は《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》の「大変異」から回収した《究極の価格/Ultimate Price(RTR)》を撃ち込み、この戦いに終止符を打ったのだった。

市川 2-1 ヤン

市川 ユウキがヤン・ドゥファを2勝1敗で下し、準決勝へ!

前の記事: 【戦略記事】 デッキテク:八十岡 翔太の「猛禽の隆盛」 | 次の記事: 【観戦記事】 準決勝:市川 ユウキ(神奈川) vs. ナム・サンオク(韓国)
グランプリ・上海2015 一覧に戻る