マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 グランプリ・上海2017 2日目メタゲームブレイクダウン

【戦略記事】 グランプリ・上海2017 2日目メタゲームブレイクダウン

By Masashi Koyama

 グランプリ・上海2017は1日目を終え、714名から212名へとプレイヤーが絞り込まれた。

 2日目に進出した212名のメタゲーム分析が以下の通りだ。

 
アーキタイプ使用者数使用率
ラムナプ・レッド4823%
ティムール・エネルギー4621%
スゥルタイ・エネルギー2612%
4色エネルギー2411%
青白副陽115%
青白王神84%
マルドゥ機体63%
エスパー王神52%
青黒コントロール42%
黒赤アグロ31%
白黒トークン31%
エスパー・トークン31%
その他2512%
212100.00%

 プロツアー『イクサラン』からわずか1週間しか経過しておらず、メタゲームが動いた気配は感じられないようだ。それはつまり使用者数上位2席を「ラムナプ・レッド」「ティムール・エネルギー」が依然として占めているということだ。

 このふたつのデッキだけで40%以上を占めており、今後もまだまだこれらの天下は続いて行く可能性が高いだろう。

 3位以下に目を移すと、プロツアー『イクサラン』を制した「スゥルタイ・エネルギー」が急激に勢力を伸ばし、第3勢力として台頭してきている。「ラムナプ・レッド」「ティムール・エネルギー」の二大巨頭を数で上回ることこそできなかったものの、ロングゲームにも強く今後のメタゲーム次第ではさらに猛威を振るう可能性がある。

 同じくエネルギー系の「4色エネルギー」は11%以上となっており、「ティムール・エネルギー」「スゥルタイ・エネルギー」と合わせ、実に焼く45%をエネルギー系デッキが独占する形となった。このメカニズムが現環境においていかに強力かということを示している。

 コントロール系の「青白副陽」「青黒コントロール」は奮わない結果となった。両アーキタイプを合わせても20人に届かず、現環境での遅いデッキの受難を如実に表すことになってしまった。

 その他には下位ながら2種類のトークンデッキが2日目にそれぞれ3人を送り出している。今後メタゲームが移り変わるに従ってどのような推移を見せるか、注目のアーキタイプだ。


 さて、簡単ではあるが2日目のメタゲームがブレイクダウンはいかがだったろうか。

 『イクサランの相克』発売まではまだまだ時間があり、年末にはThe Finals 2017も控えている。

 この結果を参考に、今後もスタンダードをお楽しみいただければ幸いだ。

前の記事: 【戦略記事】 デッキテク:岡田 尚也の「グリクシス・工匠」 | 次の記事: 【観戦記事】 準々決勝:田中 宏直(兵庫) vs. 諸藤 拓馬(福岡)
グランプリ・上海2017 一覧に戻る