マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 決勝:ソン・フアチャオ(中国) vs. 田中 宏直(兵庫)

【観戦記事】 決勝:ソン・フアチャオ(中国) vs. 田中 宏直(兵庫)

By 矢吹 哲也

 今大会、グランプリ・上海2017では、ビデオ・フィーチャー卓が会場の3階に位置する小部屋にしつらえられ、さながら将棋のタイトル戦のような静けさをたたえている。

 そこへ、プロツアー・トップ8入賞経験を持つヤン・ウィンチャン/Yam, Wing Chunを準決勝で破りこの場所へ登ってきた田中 宏直が入室した。

final_tanaka1.jpg
自身初のグランプリ・トップ8入賞でさらに決勝まで駒を進め、笑顔を見せる田中。

 そこではもうひとつの準決勝が行われており、田中はその試合の行方を見守った。

 両者の戦いは白熱し長期戦となっており、その間田中はひたすらに待った。友人たちの応援を背に階段を登ってきたその熱を保ち、最後の相手がどちらになるのか、決する瞬間を待った。

 そしてソン・フアチャオ/Song, Huachaoと岡田 尚也による準決勝は、ソンの側に軍配が上がった。

t8_song.jpg
長年にわたるマジックへの熱意が実を結び、グランプリ王者まであと一歩に迫ったソン。

 ソンに集まる中国人プレイヤーの期待は大きい。グランプリ・上海2014以来、中国開催のグランプリでは海外から来たプレイヤーたちが栄冠を掴み続けてきた。3年にわたり自国開催のグランプリで王者を輩出できなかった彼らの口惜しさは、どれほどのものだろうか。

 ソンは2005年に当時の世界選手権団体戦で中国代表メンバーとして戦い、2014年にはワールド・マジック・カップの中国代表として再び国の応援を受けて戦った。「3年ぶりの自国プレイヤーによる国内グランプリ制覇」の悲願を果たすのは、この男しかいない。

 ソンと田中は決勝前の最後の休憩を取り、フィーチャー卓につき、自身初のグランプリ決勝の舞台に立った。

 静寂の中、両者は互いにデッキを交換し戦略を練る。「ラムナプ・レッド」と「ティムール・エネルギー」。最後はやはり、環境の2大巨頭による決戦だ。

 普段と異なり、この試合を取り巻くギャラリーはなし。筆者とふたりのジャッジ、そして2台のカメラだけが、彼らの戦いを見届ける。

final_song_tanaka.jpg

ゲーム展開

「Good luck」と声をかけあい初手を確認した両者だが、田中はマリガンを喫することになった。6枚の手札をじっと見つめた田中は、土地4枚の手札をキープする。

 動き出しは先手のソン。1ターン目《霊気との調和/Attune with Aether(KLD)》でマナ基盤を整えると、2ターン目に《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》を繰り出した田中に対し《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》を当て、3ターン目は《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》を展開。

 田中は《暴れ回るフェロキドン/Rampaging Ferocidon(XLN)》で対抗するも、ソンは2体目の《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》を加え盤面を固める。それでも田中は2枚目の《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》でソンの防衛線へ攻め込み、《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》を1体相打ちに取ると《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider(AER)》を追加した。

final_tanaka2.jpg
前へ。相手の守りが堅くとも、それを突破するのが田中のやるべきことだ。

 ソンは《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》で《暴れ回るフェロキドン/Rampaging Ferocidon(XLN)》を除去すると、《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》で防衛線を維持した。しかし田中はここで《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent(AKH)》を送り出し、強烈な攻撃を繰り出す。

 ソンは互いのライフを計算し、これを受けることを選択した。そして迎えたターンに彼は《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》を戦線に加え、「督励」で《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider(AER)》を焼き払いながら全軍で反撃。突如として、田中のライフは残り9点まで落ち込む。

 それでも田中はライフ・レースに応じた。《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent(AKH)》の能力で2点のダメージを与えて攻撃を加え、ソンのライフも残り7点に。田中は2枚目の《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider(AER)》をブロッカーとして送り込み、ソンの攻撃を牽制する。

 しかしソンはターンを迎えるとすぐに土地を倒し、2枚目の《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》で一気に攻め切ったのだった。

final_song.jpg
登場以来さまざまなプレイヤーの勝利を支えた《栄光をもたらすもの》。ここで再び、ソンへ栄光をもたらすか。

 第2ゲーム、田中はここでもマリガンを喫した。それを受けてソンは、力強く「キープ」と発声する。

 6枚となった田中の手札も土地4枚に《暴れ回るフェロキドン/Rampaging Ferocidon(XLN)》、《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》という芳しくないもの。対する後手のソンは1ターン目から《霊気との調和/Attune with Aether(KLD)》を唱え、2ターン目に《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》と理想的な動きを見せる。

 田中は3ターン目に《暴れ回るフェロキドン/Rampaging Ferocidon(XLN)》を着地させたものの、ソンは《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》を追加し盤面を固めていく。田中は《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》を呼び出し[+1]能力でマナを生み出すと、《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》を追加した。

 ソンは《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》によるマナ加速から、4ターン目《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》!

 これで《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》と《暴れ回るフェロキドン/Rampaging Ferocidon(XLN)》を失った田中だったが、ターンを迎えると《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》と《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》で盤面を立て直し、反撃。6点のダメージでソンのライフを残り10点に落とす。

 しかしソンの守りは固かった。《削剥/Abrade(HOU)》で《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》を除去すると、全軍を立たせてターン。エンド。《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》の「督励」が解けるのを待つ。

 田中は《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》で反撃したが、ソンは《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》と《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》でこれをダブル・ブロック。田中の《暴力の激励/Invigorated Rampage(AER)》によるトランプル・ダメージを最小限に抑えた。

 そしてソンは《慮外な押収/Confiscation Coup(KLD)》を唱え、田中の盤面に残る唯一のクリーチャーである《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》を奪うと、守りが空くのを厭わず《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》と飛行機械・トークン2体での攻撃を敢行した。

 田中は6枚目の土地を引き込み、《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》を「永遠」して反撃する。

 だがソンはさらに《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra(KLD)》を盤面に加え、守り手を残しつつ8点ものダメージを田中に与えた。

 両者とも残りライフ5点となったところで、田中はドロー・ゴー。

 ソンの最後の攻撃を見て、田中は「ありがとうございました」と右手を伸ばすのだった。

ソン 2-0 田中
final_shaking_hands.jpg

 戦いの場の静けさから一転、王者が会場3階から凱旋すると、友人たちが大きな歓声を上げて彼を迎えた。

final_friends.jpg

 ソンは優勝トロフィーを高々と掲げ、歓声に応える。

 中国が3年ぶりの国内グランプリ王者を輩出した瞬間だった。


 アジアのマジック・プレイヤーのレベルは年々上がっていると、誰もが言う。

 それはこれからも続くだろう。ソン・フアチャオのような王者が、多くのプレイヤーに夢を与えていく限り。

final_trophy_shot.jpg
ソン・フアチャオ、グランプリ・上海2017優勝おめでとう!

前の記事: 【観戦記事】 準決勝:ソン・フアチャオ(中国) vs. 岡田 尚也(長野)
グランプリ・上海2017 一覧に戻る