マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第10回戦:棚橋 雅康(新潟) vs. 高尾 翔太(東京)

【観戦記事】 第10回戦:棚橋 雅康(新潟) vs. 高尾 翔太(東京)

By Hisaya Tanaka

 昨日の9回戦を勝ち抜いた218名によるグランプリ静岡二日目。そんな中を全勝で駆け抜けた6名のプレイヤーがフィーチャーエリアに招待された。

r10_takao_tanahashi.jpg

 今回カバレッジに招待されたのは棚橋と高尾。棚橋はプロツアーでプレーオフ進出を果たした事もある強豪プレイヤー。昨日もビデオマッチを連勝して全勝を決めた。対戦相手の高尾はエスパー(青白黒)「ビートダウン」と、二日目進出の中でも異色のデッキを使用しての全勝だ。果たして勝利するのはどちらのプレイヤーか。

ゲーム1

 先行の棚橋は、2ターン目の《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》から3ターン目には《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary(GTC)》を介しての《恭しき狩人/Reverent Hunter(THS)》と猛展開。高尾はそれを《破滅の刃/Doom Blade(M14)》して棚橋の攻撃の勢いを削いでいく。再び《恭しき狩人/Reverent Hunter(THS)》をプレイした棚橋だったが、それも《拘留の宝球/Detention Sphere(RTR)》されてしまう。

 ここまで高尾の土地はエスパー色。色的には《至高の評決/Supreme Verdict(RTR)》を気にするところだが、《破滅の刃/Doom Blade(M14)》《拘留の宝球/Detention Sphere(RTR)》とプレイされているところから《至高の評決/Supreme Verdict(RTR)》はないと踏んだ棚橋。さらなるアタッカーとして《カロニアの大牙獣/Kalonian Tusker(M14)》《恭しき狩人/Reverent Hunter(THS)》とオールイン。対して高尾は《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council(GTC)》をプレイしブロッカーとしてターンを返す。

 《至高の評決/Supreme Verdict(RTR)》はなかったもののブロッカーが出てきてしまい、《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary(GTC)》と《カロニアの大牙獣/Kalonian Tusker(M14)》は攻撃できず、《恭しき狩人/Reverent Hunter(THS)》だけが攻撃を行うと、高尾の盤面には《冒涜の悪魔/Desecration Demon(RTR)》が追加されてしまう。

 棚橋は《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》を生贄にして《冒涜の悪魔/Desecration Demon(RTR)》をタップすると《恭しき狩人/Reverent Hunter(THS)》で攻撃。高尾のライフは4となりあと一撃という状態に。


棚橋 雅康

 しかし高尾はこの解決策を持っていた。《エレボスの鞭/Whip of Erebos(THS)》をプレイすると攻撃宣言。大きくライフ回復されてはかなわない棚橋は、再び《冒涜の悪魔/Desecration Demon(RTR)》をタップするも《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council(GTC)》が攻撃をしライフを回復。

 棚橋が全軍で攻撃をすれば高尾のライフは削りきれるのだが、もちろん高尾は《遠隔/Far(DGM)》で《恭しき狩人/Reverent Hunter(THS)》をバウンス。棚橋は《カロニアの大牙獣/Kalonian Tusker(M14)》《恭しき狩人/Reverent Hunter(THS)》と展開しなおしてターンを返す。

 高尾はその《恭しき狩人/Reverent Hunter(THS)》に《拘留の宝球/Detention Sphere(RTR)》。これで攻め手が阻まれてしまった棚橋は、次のターンに《ドムリ・ラーデ》をプレイするもライブラリの上を見て投了を宣言した。

棚橋 0-1 高尾

ゲーム2

 再び《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》からスタートした棚橋に対して、高尾は《果敢なスカイジェク/Daring Skyjek(GTC)》と、ゲーム1とうってかわってビートダウン色の強いハンドでゲームを開始。《カロニアの大牙獣/Kalonian Tusker(M14)》に対しては《リーヴの空騎士/Lyev Skyknight(RTR)》で留置して攻撃をしかける。

 棚橋は《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler(THS)》からマナを出して、追加の《カロニアの大牙獣/Kalonian Tusker(M14)》をプレイしてターンを返すも、高尾は《神無き祭殿/Godless Shrine(GTC)》をアンタップインして《変わり谷/Mutavault(M14)》を起動すると、全軍で《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler(THS)》を攻撃。ブロックにまわった《カロニアの大牙獣/Kalonian Tusker(M14)》に《破滅の刃/Doom Blade(M14)》をプレイして《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler(THS)》を排除する。

 再び《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler(THS)》をプレイした棚橋は、マナを出して《ドムリ・ラーデ/Domri Rade(GTC)》をも展開。ところが高尾は《遠隔/Far(DGM)》でブロッカーをどけると、《変わり谷/Mutavault(M14)》を含めて攻撃。《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler(THS)》はまたも葬られ、《ドムリ・ラーデ/Domri Rade(GTC)》の忠誠カウンターも1とされてしまう。

 《紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster(M14)》で《リーヴの空騎士/Lyev Skyknight(RTR)》を除去した棚橋だったが、高尾は《エレボスの鞭/Whip of Erebos(THS)》をプレイしてから《変わり谷/Mutavault(M14)》込みで攻撃をし、棚橋のプレインズウォーカー攻勢は終了。《紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster(M14)》も除去されてしまう。

 残った《ドムリ・ラーデ/Domri Rade(GTC)》を起動するも後続を手に入れることのできなかった棚橋は、《カロニアの大牙獣/Kalonian Tusker(M14)》を出してエンド。高尾は《エレボスの鞭/Whip of Erebos(THS)》で《リーヴの空騎士/Lyev Skyknight(RTR)》を戦場に戻して《カロニアの大牙獣/Kalonian Tusker(M14)》を留置。ついに《ドムリ・ラーデ/Domri Rade(GTC)》も除去されてしまい、棚橋自身へとダメージが入り始める。

 《果敢なスカイジェク/Daring Skyjek(GTC)》は《カロニアの大牙獣/Kalonian Tusker(M14)》で相打ちできたものの、高尾の盤面に《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council(GTC)》が登場。《森林の始源体/Sylvan Primordial(GTC)》で《エレボスの鞭/Whip of Erebos(THS)》を破壊し《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council(GTC)》をブロックしたいところだったが、《破滅の刃/Doom Blade(M14)》で排除されてしまうと棚橋は投了することとなってしまった。


高尾 翔太
Takao, Shota
グランプリ・静岡2014 / スタンダード
4 《神無き祭殿》
4 《神聖なる泉》
4 《静寂の神殿》
4 《湿った墓》
3 《平地》
3 《欺瞞の神殿》
2 《変わり谷》
1 《沼》

-土地(25)-

4 《万神殿の兵士》
3 《果敢なスカイジェク》
2 《威圧する君主》
1 《カルテルの貴種》
4 《リーヴの空騎士》
4 《ザスリッドの屍術師》
3 《冒涜の悪魔》
3 《幽霊議員オブゼダート》

-クリーチャー(24)-
1 《遠隔+不在/Far+Away(DGM)》
2 《エレボスの試練》
1 《破滅の刃》
1 《究極の価格》
4 《拘留の宝球》
2 《至高の評決》

-呪文(11)-
1 《遠隔+不在/Far+Away(DGM)》
3 《思考囲い》
1 《無視》
3 《破滅の刃》
2 《否認》
1 《異端の輝き》
2 《地下世界の人脈》
1 《至高の評決》
1 《ヴィズコーパの血男爵》

-サイドボード(15)-
Tanahashi, Masayasu
グランプリ・静岡2014 / スタンダード
9 《森》
4 《ニクスの祭殿、ニクソス》
4 《踏み鳴らされる地》
4 《奔放の神殿》
2 《山》

-土地(23)-

4 《エルフの神秘家》
4 《炎樹族の使者》
4 《カロニアの大牙獣》
4 《森の女人像》
4 《恭しき狩人》
4 《世界を喰らう者、ポルクラノス》
3 《高木の巨人》

-クリーチャー(27)-
3 《ミジウムの迫撃砲》
4 《ドムリ・ラーデ》
3 《歓楽者ゼナゴス》

-呪文(10)-
3 《霧裂きのハイドラ》
1 《ミジウムの迫撃砲》
1 《垂直落下》
2 《峰の噴火》
2 《食餌の時間》
2 《茨潰し》
2 《紅蓮の達人チャンドラ》
1 《歓楽者ゼナゴス》
1 《森林の始源体》

-サイドボード(15)-

前の記事: 【トピック】 グランプリ・静岡1日目 写真館(Facebookアルバム) | 次の記事: 【戦略記事】 Deck Tech:棚橋 雅康のグルール信心ビートダウン
グランプリ・静岡2014 一覧に戻る