マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第14回戦:Raymond Tan(マレーシア) vs. 八十岡 翔太(東京)

【観戦記事】 第14回戦:Raymond Tan(マレーシア) vs. 八十岡 翔太(東京)

By Sugiki, Takafumi

r14_tan_yasooka.jpg

 グランプリ2日目も残り2ラウンドとなった。トップ8は2敗ラインでの攻防となり、そのライン上から八十岡(東京)とTan(マレーシア)がフィーチャーマッチテーブルへと呼ばれることとなった。Tanのデッキは赤タッチ白信心、八十岡のデッキは青黒「ヤソコン」である。

ゲーム1

Raymond Tan

 Tanが《凱旋の神殿/Temple of Triumph(THS)》を連続で置き、ライブラリトップの選別を行う。対する八十岡は、今後の脅威に備える《漸増爆弾/Ratchet Bomb(M14)》を置くといった静かな立ち上がり。Tanは3ターン目に《パーフォロスの槌/Hammer of Purphoros(THS)》をセット。八十岡の《漸増爆弾/Ratchet Bomb(M14)》はこの《パーフォロスの槌/Hammer of Purphoros(THS)》を目指してカウンターを積んでいくことになった。

 八十岡は次のターンはセットランドのみでターンを終了。Tanは4ターン目、3枚目の《凱旋の神殿/Temple of Triumph(THS)》でライブラリトップを下に送った後、《凍結燃焼の奇魔/Frostburn Weird(RTR)》をプレイ。八十岡はそれを通して、速攻での《凍結燃焼の奇魔/Frostburn Weird(RTR)》の2点ダメージを受け入れ、残りライフが18点となる。

 八十岡の4ターン目は《欺瞞の神殿/Temple of Deceit(THS)》を出したのみでターン終了。除去カードでのリアクションの構えだ。Tanは次のターン、《モーギスの狂信者/Fanatic of Mogis(THS)》を出すが、《モーギスの狂信者/Fanatic of Mogis(THS)》の戦場に出た時の効果に対応して、八十岡の《英雄の破滅/Hero's Downfall(THS)》が《モーギスの狂信者/Fanatic of Mogis(THS)》へ飛び、八十岡へ信心カウントで与えられるダメージは4点。《凍結燃焼の奇魔/Frostburn Weird(RTR)》が八十岡へ攻撃し、八十岡のライフは13。

 八十岡は、カウンターの3つ貯まった《漸増爆弾/Ratchet Bomb(M14)》で《パーフォロスの槌/Hammer of Purphoros(THS)》を除去し、《予知するスフィンクス/Prognostic Sphinx(THS)》を盤面に投入。強固な防御壁を築き上げた。Tanは《ボロスの反攻者/Boros Reckoner(GTC)》をプレイしプレッシャーを与えるが、八十岡は次のターン《予知するスフィンクス/Prognostic Sphinx(THS)》で攻撃し、ダメージレースの構えを見せる。

 Tanが次のターンに攻撃に繰り出した2体のうち《凍結燃焼の奇魔/Frostburn Weird(RTR)》は八十岡の《肉貪り/Devour Flesh(GTC)》によって葬られてしまい八十岡へのダメージは3点にとどまる。次のターン、八十岡は《究極の価格/Ultimate Price(RTR)》を構えての《波使い/Master of Waves(THS)》でゲームを決めにかかる。

 《岩への繋ぎ止め/Chained to the Rocks(THS)》を持っていなかったTanのライフは《波使い/Master of Waves(THS)》とそのトークンクリーチャーに流されきってしまった。

Tan 0-1 八十岡


八十岡 翔太

 サイドボーディングで、八十岡は最後まで《解消/Dissolve(THS)》と《思考囲い/Thoughtseize(THS)》のどちらを残すかを迷っていた。結局、《思考囲い/Thoughtseize(THS)》を残すことにしたのだが、2点のライフ損失を甘んじて受けてでも、《モーギスの狂信者/Fanatic of Mogis(THS)》や《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon(THS)》といった重めの脅威を軽くいなせるカードが必要と判断したからであろう。

ゲーム2

 後手の八十岡による《思考囲い/Thoughtseize(THS)》がTanの手札を明らかにする。《灰の盲信者/Ash Zealot(RTR)》、《モーギスの狂信者/Fanatic of Mogis(THS)》、《岩への繋ぎ止め/Chained to the Rocks(THS)》、《聖なる鋳造所/Sacred Foundry(GTC)》、《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx(THS)》2枚といった手札から、《灰の盲信者/Ash Zealot(RTR)》を抜き去る。

 Tanの手札は信心を稼げることが前提のキープだったため、八十岡がメインに残した《思考囲い/Thoughtseize(THS)》がモロに刺さった形だ。八十岡は次のターンに《漸増爆弾/Ratchet Bomb(M14)》も出し、4ターン目には《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought(RTR)》と盤面を完全にコントロール。Tanは、《モーギスの狂信者/Fanatic of Mogis(THS)》を出すも、信心分ダメージの効果がスタックにある間に、《歪んだ体形/Warped Physique(DGM)》で《モーギスの狂信者/Fanatic of Mogis(THS)》を除去されてしまい、八十岡に全くダメージを与えられない。

r14_yasooka_board.jpg

 八十岡が5ターン目、6ターン目と《予知するスフィンクス/Prognostic Sphinx(THS)》を連打し、さらに《波使い/Master of Waves(THS)》も盤面に加えたところで、Tanはデッキをまともに機能させることなく投了することとなった。

Tan 0-2 八十岡

Yasooka, Shota
グランプリ・静岡2014 / スタンダード
7 《島》
5 《沼》
4 《変わり谷》
4 《欺瞞の神殿》
4 《湿った墓》
2 《ディミーアのギルド門》

-土地(26)-

2 《波使い》
2 《予知するスフィンクス》

-クリーチャー(4)-
2 《思考囲い》
3 《漸増爆弾》
3 《中略》
2 《歪んだ体形》
1 《肉貪り》
1 《破滅の刃》
1 《本質の散乱》
1 《究極の価格》
3 《解消》
3 《英雄の破滅》
2 《悪夢の織り手、アショク》
4 《思考を築く者、ジェイス》
2 《家畜化》
2 《好機》

-呪文(30)-
3 《強迫》
1 《真髄の針》
4 《潮縛りの魔道士》
3 《群れネズミ》
2 《反論》
1 《破滅の刃》
1 《否認》

-サイドボード(15)-
Tan, Raymond
グランプリ・静岡2014 / スタンダード
11 《山》
4 《ニクスの祭殿、ニクソス》
4 《聖なる鋳造所》
4 《凱旋の神殿》
1 《ボロスのギルド門》

-土地(24)-

4 《灰の盲信者》
4 《炎樹族の使者》
4 《凍結燃焼の奇魔》
4 《ボロスの反攻者》
4 《モーギスの狂信者》
2 《鍛冶の神、パーフォロス》
4 《嵐の息吹のドラゴン》

-クリーチャー(26)-
4 《岩への繋ぎ止め》
4 《ミジウムの迫撃砲》
2 《パーフォロスの槌》

-呪文(10)-
2 《摩耗+損耗/Wear+Tear(DGM)》
4 《ボロスの魔除け》
3 《頭蓋割り》
1 《異端の輝き》
3 《神々の憤怒》
1 《紅蓮の達人チャンドラ》
1 《軍勢の集結》

-サイドボード(15)-

前の記事: 【戦略記事】 Deck Tech:高尾 翔太の「エスパー人間」 | 次の記事: 【観戦記事】 第15回戦:嶋田 雅彦(東京) vs. 彌永 淳也(東京)
グランプリ・静岡2014 一覧に戻る