マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準決勝:八十岡 翔太(東京) vs. 高尾 翔太(東京)

【観戦記事】 準決勝:八十岡 翔太(東京) vs. 高尾 翔太(東京)

By Sugiki, Takafumi

SF_yasooka_takao.jpg

 グランプリも残るところ準決勝、決勝の3マッチのみ。八十岡と高尾の「翔太対決」をお伝えする。

 八十岡は、「このデッキを使うのに理由なんて必要ない」と言い切る、青黒オリジナルデッキ。対する高尾も全くのノーマークとなっていたオリジナルのエスパービートデッキである。

ゲーム1

高尾 翔太

 先攻の高尾は《万神殿の兵士/Soldier of the Pantheon(THS)》プレイという最高の立ち上がり。

 対する八十岡は《思考囲い/Thoughtseize(THS)》で高尾の《拘留の宝球/Detention Sphere(RTR)》、《リーヴの空騎士/Lyev Skyknight(RTR)》、《ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer(M14)》、《神聖なる泉/Hallowed Fountain(RTR)》、《欺瞞の神殿/Temple of Deceit(THS)》という手札から《拘留の宝球/Detention Sphere(RTR)》を抜き去る。

 3ターン目の《ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer(M14)》を八十岡は《中略/Syncopate(RTR)》で捌き、自分のターンには《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver(THS)》を盤面に投入。高尾のライブラリのトップを攻撃する。

 高尾は《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver(THS)》の相手をするよりはプレイヤーを狙うことにし、八十岡を攻撃。これにより、八十岡のライフは《思考囲い/Thoughtseize(THS)》、《湿った墓/Watery Grave(GTC)》のアンタップインも含めてすでに10まで落ち込んだ。高尾はさらに《リーヴの空騎士/Lyev Skyknight(RTR)》を盤面へ投入する。

 八十岡は《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought(RTR)》をプレイし、[+1]能力を使用。しかし、高尾は2枚目の《拘留の宝球/Detention Sphere(RTR)》を引いており、《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought(RTR)》を追放、盤面のコントロールを許さない。また、ここで高尾はプレイヤーではなく、《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver(THS)》への攻撃を選択し、ダメージで勝つよりもリソースを枯らしてから勝ちに行くプランへと変更したようだ。盤面へは、《ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer(M14)》、《カルテルの貴種/Cartel Aristocrat(GTC)》とダメージソースの展開を緩めない。

 ここで、八十岡は6マナに到達し、《好機/Opportunity(M14)》。《漸増爆弾/Ratchet Bomb(M14)》、《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought(RTR)》を場に展開し盤面を落ち着けにかかるが、横に並んだ高尾のクリーチャー陣が細かく八十岡の《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver(THS)》、《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought(RTR)》を削っていく。

 八十岡は《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought(RTR)》の[-2]能力を使用し入手した《波使い/Master of Waves(THS)》を出すも十分な防御壁を張るには不十分であり、《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver(THS)》で奪って出していた《リーヴの空騎士/Lyev Skyknight(RTR)》も除去されたとことで、八十岡はゲームの負けを認めることとなった。

八十岡 0-1 高尾

ゲーム2

八十岡 翔太

 八十岡の先攻で始まった2ゲーム目、高尾は《平地/Plains(M14)》と《万神殿の兵士/Soldier of the Pantheon(THS)》が手札にあったものの、《欺瞞の神殿/Temple of Deceit(THS)》でライブラリのトップを整えることを優先する。3枚目の土地がセットできなかった八十岡ではあったが、高尾の《万神殿の兵士/Soldier of the Pantheon(THS)》は《本質の散乱/Essence Scatter(M14)》で凌ぐ。

 高尾は4枚目の土地をセットし、《地下世界の人脈/Underworld Connections(RTR)》。八十岡はこれを通して次のターンに《真髄の針/Pithing Needle(RTR)》で《平地/Plains(M14)》を指定、《地下世界の人脈/Underworld Connections(RTR)》による能力を使えなくした上で、《群れネズミ/Pack Rat(RTR)》を盤面に投入。ビートダウンの姿勢を見せる。

 しかし、ここで高尾がプレイしたのは《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council(GTC)》!

 高尾は《否認/Negate(M14)》を手札に構えており、《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council(GTC)》を対象とした八十岡の《英雄の破滅/Hero's Downfall(THS)》をかわし、盤面の脅威を保つ。さらに《拘留の宝球/Detention Sphere(RTR)》で《真髄の針/Pithing Needle(RTR)》を追放、《地下世界の人脈/Underworld Connections(RTR)》の能力を取り戻してカードアドバンテージも取りに行く。

 ここから、高尾のプレイするクリーチャーを八十岡が除去カードで丁寧に除去する展開が続くが、《地下世界の人脈/Underworld Connections(RTR)》と《ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer(M14)》のもたらすアドバンテージがジリジリと高尾の場を有利にしていく。

 さらに《カルテルの貴種/Cartel Aristocrat(GTC)》が高尾の盤面に登場。《ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer(M14)》2枚とのシナジーにより、任意のタイミングで盤面のクリーチャー数を爆発的に増やせる状況を作る。

 対する八十岡は《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought(RTR)》や《好機/Opportunity(M14)》でライブラリを掘り進めるも、なかなか有効なカードにたどりつけない。

SF_takao_board.jpg

 高尾がプレイした《エレボスの鞭/Whip of Erebos(THS)》がとどめとなり、一縷の望みを託した《破滅の刃/Doom Blade(M14)》を《否認/Negate(M14)》されたところで、八十岡は盤面を片付けざるを得なかった。

八十岡 0-2 高尾

前の記事: 【観戦記事】 準々決勝:佐藤 啓輔(新潟) vs. 仲田 涼(神奈川) | 次の記事: 【観戦記事】 準決勝:中島 一(東京) vs. 仲田 涼(神奈川)
グランプリ・静岡2014 一覧に戻る