マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準決勝:中島 一(東京) vs. 仲田 涼(神奈川)

【観戦記事】 準決勝:中島 一(東京) vs. 仲田 涼(神奈川)

By Hisaya Tanaka

 ついに残りプレイヤーの人数は4人。この準決勝を勝てば決勝進出だ。

 ここからはお互いのデッキリストが公開となり、まずは対戦相手のデッキの内容をつぶさに確認をする。中島は「ここでオルゾフビートか......」と苦しそうなセリフ。一方の仲田はじっくりと中島のデッキリストに目を通している。そしてジャッジに要求される前にリストの返却を行うと、二人とも黙々とシャッフルを開始する。

 そして準決勝がついに開始された。

SF_nakashima_nakada.jpg
ゲーム1

 中島は《雲ヒレの猛禽/Cloudfin Raptor(GTC)》、仲田は《ボロスの精鋭/Boros Elite(GTC)》とビートダウン同士らしく1マナからクリーチャーの展開がスタート。と、思いきや中島は2ターン目に何もなくターンエンド。仲田は2体目の《ボロスの精鋭/Boros Elite(GTC)》をプレイする。

 中島は3ターン目に《夜帷の死霊/Nightveil Specter(GTC)》をプレイするも、それは仲田の《放逐する僧侶/Banisher Priest(M14)》で除去されてしまう。仕方なく《潮縛りの魔道士/Tidebinder Mage(M14)》で進化させた《雲ヒレの猛禽/Cloudfin Raptor(GTC)》をブロッカーにすることになってしまった。こうなると仲田も攻撃がしにくくなってしまい、《威圧する君主/Imposing Sovereign(M14)》《管区の隊長/Precinct Captain(RTR)》と展開してターンを返すこととなった。

 《海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea(THS)》を置いた中島に対して、仲田は《ヘリオッドの槍/Spear of Heliod(THS)》をプレイして《放逐する僧侶/Banisher Priest(M14)》以外での攻撃を行う。しかしここは《サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift(RTR)》を持っていた中島が《ヘリオッドの槍/Spear of Heliod(THS)》をバウンスして急場を凌ぎ、ライフを保ちにかかる。

 《変わり谷/Mutavault(M14)》だけ攻撃に出した中島だったが、仲田の《ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer(M14)》が登場して少し顔色が変わる。もちろん仲田は次のターンに《ボロスの精鋭/Boros Elite(GTC)》2体と《ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer(M14)》で突撃を敢行する。

 中島は《急速混成/Rapid Hybridization(GTC)》で《放逐する僧侶/Banisher Priest(M14)》を除去すると、《夜帷の死霊/Nightveil Specter(GTC)》が戦場に帰ってきて《海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea(THS)》が始動。これでブロッカーとして頼もしいクリーチャーができたのだが、次のターンにもう一度総攻撃を耐えなくてはいけない。

 しかし中島は何も有効牌を引けず、投了を宣言した。

中島 0-1 仲田

ゲーム2

 一本取り返さないといけない中島だったが6枚の手札でも土地がなく、あえなくダブルマリガンとなってしまった。

 仲田は《万神殿の兵士/Soldier of the Pantheon(THS)》が1ターン目に登場。直後に《凍結燃焼の奇魔/Frostburn Weird(RTR)》を出した中島だったが、もちろん《万神殿の兵士/Soldier of the Pantheon(THS)》をブロックすることはできない。しかし《凍結燃焼の奇魔/Frostburn Weird(RTR)》が攻撃を行うと《海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea(THS)》を盤面に追加して、ダブルマリガンを感じさせない綺麗な動きを行っている。

 仲田が《威圧する君主/Imposing Sovereign(M14)》をプレイすると、中島は《夜帷の死霊/Nightveil Specter(GTC)》をプレイ。これでタッサの信心が満たされ神の攻撃が開始される。

 たまったものではないと《放逐する僧侶/Banisher Priest(M14)》で《夜帷の死霊/Nightveil Specter(GTC)》を除去するも、中島からは追加の《夜帷の死霊/Nightveil Specter(GTC)》がプレイされ神が止まらない。《破滅の刃/Doom Blade(M14)》で《凍結燃焼の奇魔/Frostburn Weird(RTR)》は除去したが、今度は《波使い/Master of Waves(THS)》が登場して盤面は一気に傾く。

 仲田は一撃に賭けて《ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer(M14)》《威圧する君主/Imposing Sovereign(M14)》と展開はするが、《海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea(THS)》と《夜帷の死霊/Nightveil Specter(GTC)》がブロック不可となって攻撃を始めると、期待していたドローである《放逐する僧侶/Banisher Priest(M14)》が《夜帷の死霊/Nightveil Specter(GTC)》の能力で追放されてしまう。

 仲田はドローをしたものの、盤面を回復することができず投了を宣言した。

 ダブルマリガンの中島が1本を取り返し、最終戦へと突入。

中島 1-1 仲田


中島 一
ゲーム3

 準決勝も3戦目。これに勝ったほうが決勝進出、グランプリ優勝に王手となる。しかし中島はまたもマリガンとなってしまう。

 仲田は《万神殿の兵士/Soldier of the Pantheon(THS)》の2連打からゲームを開始し一気に押し切るかと思ったが、中島は《漸増爆弾/Ratchet Bomb(M14)》をプレイし、マリガンのディスアドバンテージを一気に取り返しにかかる。

 《威圧する君主/Imposing Sovereign(M14)》がプレイされると、中島はまず《漸増爆弾/Ratchet Bomb(M14)》で《万神殿の兵士/Soldier of the Pantheon(THS)》を2体除去、さらに《凍結燃焼の奇魔/Frostburn Weird(RTR)》をプレイしブロッカーを用意する。

 ところが《威圧する君主/Imposing Sovereign(M14)》のタップ能力で攻撃する時間を確保している仲田は、《変わり谷/Mutavault(M14)》を起動し少しでもライフを削りにかかる。《海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea(THS)》で少しずつ盤面を確保しようとする中島に対して、《オルゾフの魔除け/Orzhov Charm(GTC)》で《凍結燃焼の奇魔/Frostburn Weird(RTR)》を除去し攻撃の手を緩めない。

 ところがここで《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought(RTR)》が登場。[+1]能力を使い仲田の攻勢を大幅に削いでしまう。仲田はどう攻めるか長考をしたが、《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought(RTR)》を無視して中島のライフを少しでも削ることを選択。一か八かの大勝負だ。

 中島はブロッカーが用意しきれれば《海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea(THS)》の能力で一気に逆転できる。まずは《変わり谷/Mutavault(M14)》を引くと、それをブロッカーにまわし《潮縛りの魔道士/Tidebinder Mage(M14)》で信心を整えると、《海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea(THS)》が攻撃を始める。

 仲田は構わずに中島自身へ特攻。起動した《変わり谷/Mutavault(M14)》に《破滅の刃/Doom Blade(M14)》を打ち込み、無理やりダメージを押し込みに行く。そして後続の《管区の隊長/Precinct Captain(RTR)》を出してターンエンド。

 ここで中島は《波使い/Master of Waves(THS)》をドロー。《威圧する君主/Imposing Sovereign(M14)》の能力を加味しても1ターン間に合った。《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought(RTR)》の[+1]能力を使い《海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea(THS)》が攻撃を行う。

 仲田はもちろん全員で攻撃。ライフはちょうど1残るかに見えたのだが、プレイされたのは《利得+損失/Profit+Loss(DGM)》!!

SF_Profit_Loss.jpg

 これで中島のライフが0となり、仲田の決勝進出が決定した。

中島 1-2 仲田


仲田 涼、決勝進出!

前の記事: 【観戦記事】 準決勝:八十岡 翔太(東京) vs. 高尾 翔太(東京) | 次の記事: 【観戦記事】 決勝:高尾 翔太(東京) vs. 仲田 涼(神奈川)
グランプリ・静岡2014 一覧に戻る